模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

どうなの?と言ったばかりですが、続編です。(今シーズンのPanettone、残り2種)

 こんばんは。

 

 今シーズンのパネトーネレビュー。

 年が変わってしまい、いつまでも置いとくわけにも行きませんので、ササッとまだ登場していない2種をご紹介。

 

 先の記事ではBauduccoの新商品と、Trader Joesのパネトーネが登場しました。

mata1.hatenablog.com

 

 今シーズンはあと2種類のパネトーネを備蓄しています。

 一つは前回登場したバニラ・パネトーネと同じメーカー。

 BauduccoのClassic Panettoneです。

f:id:mata1:20220127180723j:plain

 定番のパネトーネで、おそらく一番入手しやすいです。

 でもって、私の知人の間でも、このパネトーネが一番おいしい という声をよく聞きます。

f:id:mata1:20220127180726j:plain

 確かに、このパネトーネはおいしい。

 改めて味わってみると、生地の風味は先に登場したバニラと同じ方向を向いているなぁ と感じます。

 バニラよりも甘みは抑えてありますが、根っこにある ふわっ とした香りは同じメーカーというのがよくわかります。

 Bauduccoはドライフルーツの代わりにチョコチップを練り込んだ チョコトーネというのも去年は販売していたのですが、今年は結局一度も見かけませんでした。

 私はBauduccoの中ではチョコトーネが一番好きだったのになぁ。

 残念。

 来年 じゃなかった、来シーズンは復活してほしいものです。

 

 最後は、昨年は私の一番お気に入りだったSansiroのパネトーネ。

f:id:mata1:20220127180730j:plain

 Sansiroのパネトーネは一応買うことができたのですが、シーズン最初の方に少しだけしか売られてなかったのか、その時に購入して以来、結局見ることはありませんでした。

f:id:mata1:20220127180733j:plain

 このパネトーネが一番甘さ控えめで、パサパサというわけではないですがシットリ加減も他メーカーのものよりも控えめです。

 一番パンに近いパネトーネ。

 やっぱり美味しいです。

 ちょうど今は毎朝このSansiroのパネトーネを食べています。

 今シーズンは2つしか買えなかったので、あと一つしかありません。

 どこかに探しに旅に出ようかなぁ。

 

 パネトーネは賞味期限が長いものが多く、一番長いのはBauduccoで今年の6月終わり頃まで大丈夫。

 まだいくつか備蓄しているので、しばらく毎朝ご飯はパネトーネです。

 

 クリスマス時期に楽しむパネトーネですが、見かけたら気にせず試してみてください。

 日本も色んなパネトーネが売られているみたいです。

 私も日本のを食べてみたい。

 普通に帰国できるようになったら、いつもは年末に帰国するので、地元で探してみよう。

 

 引き続き売れ残りセールを狙ってパネトーネを探します。

 もし新しいのを見つけた時は、パネトーネ記事を更新します。

 

 見つからなかったら、また来シーズンですね。