模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

もうこれで最後にします、多分、、、今シーズンはね。 ~Bauducco Panettone と Panettone Bites

 こんばんは。

 

 はい、またまたやって来ました、パネトーネです。

 え?また?

 という声が聞こえてきそうな気がしないでもないのですが、ここまで来たら最後まで書きたいのです。

 多分、今回が今シーズンの最終回になると思います。

 なんと、既に3回ほどパネトネ関連記事を上げております。

mata1.hatenablog.com
mata1.hatenablog.com
mata1.hatenablog.com

 

 あと一つ、まだ登場していないパネトーネがあるのですが、その前に。

 時々パネトーネがセールになるグロッサリー・ストアに買い物に行った時、こんな素敵なものを見つけたのです。

  じゃじゃん!

f:id:mata1:20210416145706j:plain

 なんと、一口サイズのパネトーネ・バイツ!

 こんなのは初めてみました。

 これは、あれだな。

 ようやくパネトネの美味しさにみんなが気づき始めたということだな(←そんなわけない。イタリアの伝統です)

 

 スペシャルエディションて書いてます。

f:id:mata1:20210416145712j:plain

 これは楽しみです♪。

 開封!

 

 ん?

f:id:mata1:20210416145714j:plain

 袋がちっちゃいな。

 箱の割には中身が少なそうに見えるのだけど。

 

 ん?

 袋を開けてみると更に少ないように見えるのだけど、、、。

f:id:mata1:20210416145716j:plain

 内容量的にはちょっと残念です。

 

f:id:mata1:20210416145719j:plain

 しかし、やっぱり大事なのはお味の方。

 想像では、チョコトーネが一口サイズになって、お菓子感覚でポイポイ食べられるようになった物だろう と思っていました。

 実際に食べてみると、中身はすこーしだけドライになった通常のパネトーネをチョコレートでコーティングしてあります。

 チョコトーネはチョコレート生地のパネトネにチョコチップを入れてあるので、全体がチョコ味に統一されています。

 パネトーネ・バイツはオリジナルのパネトーネ(甘い生地にドライフルーツ)をチョコでコートしてあるので、口に入れたときはチョコ味で一口噛むとドライフルーツの香りと甘みがフワッと広がって、今までには無かった組み合わせで新鮮です。

 パンと言うよりもお菓子に振っているので、甘みもパネトーネより少し強いです。

 コーヒーと一緒がたまらんです。

 

 

 さて本題。

 今まで色んなパネトーネを紹介させて頂きましたけれど、最後に残ったのは定番も定番の王道(私基準)のBauducco社のPanettone Original です。

f:id:mata1:20210416145726j:plain

 多分、この辺では これが一番良く見かけるパネトーネだと思います。

 

 切った断面や角から、フワフワしっとり というよりも、割としっかりと硬めに焼き上げられている感じがわかります。

f:id:mata1:20210416145729j:plain

 今シーズンのパネトーネの中では一番しっかりとした食感で、ケーキよりも明らかにパンに寄ってます。
 生地の香りもよく、甘さも強すぎず、ついつい余計に食べてしまいます。

 うん、おいしい。

 やっぱり定番、間違いないです。 

 Sansiroのパネトーネが私の中では一番だと思ってましたが、やっぱりBauduccoのパネトーネも負けてない。

 どちらも美味しいです。

 機会があったら是非試してみてください。

 

 

 今年も沢山楽しみました。

 そろそろパネトーネシーズンも終わるので、また来シーズンを楽しみに待つとします。

 

 

 

 

そして性懲りもなく また庭に穴を掘った ~ロサンゼルスの桜

 こんばんは。

 

 ここの所、はてなブログの彼方此方で それはもう見事な桜の写真を沢山見ることが出来ました。

 ほんとうに日本の桜は綺麗ですね。

 いつかまたこの目で見てみたいものです。

 

 日本の桜と比べると大分見劣りしてしまうのですが、LAにも桜はあるのです。

 ただ、日本の様に枝が横に広がっていくのではなく、上に上にと伸びて行くので枝振りの格好もちょっと物足りなく、スカスカしています。

 大きさも左程大きくも無い。

 それでも、やっぱり日本人からしてみると桜というのは「花」という以上に特別な存在で、毎年咲くのを楽しみにしています。

 先日、早めに仕事が終われた時に桜の木のある公園に寄ってきました。

f:id:mata1:20210406172509j:plain

 こちらにあるのは、大体こんな感じのピンク系の桜です。

 もう夕方だったので、人が居ないのは良かったのですが、光線の条件は良くないですね。

 なんでこんなに寄った写真なのかというと、引くとショボくなって しかも電線だの信号機だの、余計なものが沢山入り込んでしまうからです。

  

 毎年この公園では Cherry Blossom Cultural Festival という、日本の文化を広めるお祭りが開催されていましたが、去年に引き続き今年も開催されない様です。

 

 どんなイベントなのかはこちらの記事で紹介しています。

mata1.hatenablog.com

 

 やっぱり桜は良いですね。

 もともと桜はカリフォルニアの気候には余り合わないらしく、大きくなるのも難しい上、ちょっとしたことで枯れてしまいます。

 LAから見ると北西の方にあるVan Nuys の辺り Lake Balboaには、かなり有名な桜の名所があったのですが、そこの桜もある時期に何か植物に合わない事が起こったのか、次々と枯れて行ってしまいました。

 実はうちにも桜を植えていた事もあって、ショボいながらも毎年花を咲かせていたのですが、数年前に枯れてしまいました。

 やっぱり桜は難しいな と思い、それ以来桜を植えようと思ったことが無かったのですが、、、、

 また挑戦してみようという気になってしまいました。

 止めとけばいいのに、、、

 

 そして、先週末に2日に分けて穴を掘りました。

 初日。

f:id:mata1:20210412150352j:plain

 直径60cm、深さ60cmくらいの穴を掘って、掘り出した土に園芸用の土を混ぜたものを戻しました。

 この辺りは土壌が粘土質なので、そのまま木を植えても根が張るのに時間がかかるようなので、出来るだけ多めに一度掘り起こして柔らかく通気性の良い土と混ぜてやったほうが良い様に思います。

 しかし深さも60cmくらいになると、底から手で土を掻き出そうとしたら、思ったよりも深くて重心を気をつけないと中に落っこちそうになりました(笑。

 いやー、これは次の日に腰がやばいかも と思っていたのですが、果たして翌日になると腰は重いには重いものの、もう少し動けそうだったので、更に外を掘り広げて新しい土を入れて拡張。

 芝と区切る為に樹脂製の枠を叩き入れて終了しました。

f:id:mata1:20210412150826j:plain

 このまま暫く寝かせて、木を植える時にもう一度その部分だけ掘り起こして新しい土を足して戻そうかと思います。

 

 ちなみに、この翌日は仕事だったのですが、なかなかに腰がダルくてキツかったです。

 

 

 今年もトマトを植えました。

f:id:mata1:20210411223604j:plain

 毎年良く採れるので、もう何年もトマトは買ってないです。

 今年も豊作でありますように。

 

 こんなのを見つけました。

 こちらでは見たことの無いタイプ。

 これは便利そうですね。

 こっちはこういうものでも選択肢が少ないのです。

 

 前回の記事でイチゴがなり始めたという報告をしました。

 今日、2つ赤いのを見つけたので収穫しました。

f:id:mata1:20210412143618j:plain

 まだ寒い時期に結実した分なので、小さく、成長不良なのかゴジゴジのイチゴ。

 食べてみましたが、全然美味しくなかったです(笑。

 

 毎年初めて採れるイチゴは美味しくないので、まぁこんなもんか というところです。

 これから気温も上がり、味も上がってくることでしょう。

 

 そう願います。

 

 




藤の挿し木に成功! ~庭のこと あれやこれや

 こんばんは。

 

 今年はなかなか暖かくならないなぁ と思っていたら、ここに来て急に気温が上がってきました。 

 週末はかなり暑くなり、夏のようでした。

 

 そうなると裏庭も一気に活発になってきます。

 というわけで、今日は暫くぶりで裏庭のあれこれです。

 

 クンシランは今年も変わらず咲き誇っております。

f:id:mata1:20210406172400j:plain

 場所との相性が良いのでしょう。

 完全に放置、水も気が向いた時にやるくらいですが、豪快に咲いています。

 かなり大きくなってきたので、そろそろ株分けしてやったほうがいいのかな。

  花が終わったあと、ちゃんと摘んでやらないといけないのかもしませんが(園芸の達人ではないので、そういうことは殆ど知らないのです)、いつもそのまま放ったらかしにしています。

 そうすると、花のあとに赤い実が付きます。

 もちろんそれもそのまま放置しているのですが、それが地面に落ちて新芽が出てきたということがありません。

 種では増えないのかな。

 バラも花が咲いた後にそのままにしておくと同じような実がなるのですが、こちらも芽が出てきたことは無いです。

 そういう人たちはどうやって増えていくのでしょう。

 

 

 

 昨年のシーズンが終わった後に世話をする時間が取れなくて、今年のイチゴは規模縮小です。

 ランナーの世話もしなかったので、株の数がかなり減ってしまいました。

 だめになった株を処分して、残った分でどれだけ収穫できるかな。

 イチゴは花が徐々にイチゴっぽくなっていく時がモフモフ系で なかなかかわいいです。

f:id:mata1:20210406172408j:plain

 

 ぼちぼちイチゴっぽくなってきてるものもあります。

f:id:mata1:20210406172455j:plain

 気温が上がれば早ければ来週には赤くなるかな?

 

 

 

 昨年は、せっかくついた実を なかなか収穫しないで放ったらかしにしておいたおかげ(?)で全く花をつけなかったオロブロンコ。(全部放ったらかしじゃないか)

 今年はちゃんと処理をして少し前に追肥もしておいたので、もうボコボコと蕾を付けています。

f:id:mata1:20210406172411j:plain

 この密度で蕾が付くと グレープフルーツ と呼ばれるのも納得です。

 ただ、うちは鉢植えで育てているので、かなりの花を落とさないと果実が大きくなりません。

 それこそ9割以上落としてしまいます。

 ちょっと勿体無い。

 うちのオロブロンコ、むちゃくちゃ美味しいので もっと沢山収穫出来るようにしたいなぁ。

 やっぱり地植えにするかなぁ。

 

 

 さてさて、もう何年も前から藤を育てています。

 ネットで買って、届いたときには枯れ枝みたいだった状態から、やっとこさ花を咲かせるようになりました。

mata1.hatenablog.com

 初めて咲いたときはかなり嬉しかったなぁ。

 これもまた鉢植えで育てているのですが、これは地植えにしたいと思っています。

 しかし、何年もかかってやっと咲いたので、環境が変わることで枯れてしまうとかなりショックです。

  そこで、バックアップのためにクローンを作っておこう と昨年に挿し木をしてみたのです。

mata1.hatenablog.com

 鉢に植えた枝、当初は葉っぱも生えていたのですが、そのうちに全部落ちてしまってからは、もうどこから見ても、只の棒が鉢にブスッと刺さっているだけです。

 その只の棒をこの一年ずっと世話をしてきていました。

 もうね、一年間全く変化なし。

 ずっと枯れて干乾びた棒切れだったのです。

 が!

 この前見てみたら! 

f:id:mata1:20210406172429j:plain

 お?

 ぉおお!?

f:id:mata1:20210406172432j:plain

 新芽出てきたぁ~~~~!

 

 もう一つ別の鉢のも!

f:id:mata1:20210406172435j:plain

 うっしゃ!!

 どうやら地上部は全く変化がなかったようですが、地底部は頑張って根を張っていたようです。

 結局2本成功したみたいです。

 ここから花が咲くまでちゃんと成長したとしても、一体何年先になることやら。

 気の長い話です。

 

 

 親株の方は今年もしっかり花芽が出てきています。

f:id:mata1:20210406172457j:plain

 今年もちゃんと咲いてくれそうです。
 でもって、今年はかなりの数の花芽が出ているので、とても楽しみです。

 

 

 藤の挿し木、私が試した方法が正解なのかどうかはわかりませんが、とりあえず最初の1年はなんとかクリア出来ました。

 技術的にはなんにも難しいことは無く、切って水につけて根を出させて植えるだけ。

 簡単です。

 それよりも、ただの枯れ枝になった藤を、枯れてしまったと諦めて世話を止めてしまわずに、ちゃんと春になって芽が出ることをイメージしながら世話をし続ける事が、何の変化も見られないので大変かもしれません。