模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

(映画)予想通りついていけなかった(でも面白かったんですよ) ~Dune 観てきました

9 f:id:mata1:20211203183842j:plain

 

 こんばんは。

 

 ロックダウンが終わり、映画館も営業を再開して暫く経ちますが、観に行った映画はイベント上映の日本のアニメばかりで、まだロードショー公開された映画を観に行ってませんでした。

 

 先日、これは映画館で観たい!と思っていた映画「Dune」を そろそろ上映もおわるんじゃ? という時期になり漸く観に行ってきました。

 

 クリスマスも近づいてきているので、夜になると電飾されます。

f:id:mata1:20211203183419j:plain

 

 平日の夜、仕事帰りに寄りました。

f:id:mata1:20211203183421j:plain

 

 平日で、封切後かなり時間も経っていて、しかも終わるのが11時半頃になる時間で観に行ったので、ほぼ貸し切りで密になることも無いだろう と思っていたのですが、思ったよりは観客多めでちょっとビックリ。

 タイトルに ついていけなかった と書きましたが、これは面白くなかったという事では無いのです。

 「Dune」は、かなり以前に(80年代)映画化されていて、それも観ています。

 ところが、当時の私にはちょっと難しく、正直なところよく分からなかった という印象があるのです。

 あまり良い印象が無かったので、それ以来観返した事もありません。

 ただ、映像的にはかなりインパクトがあって、今でも覚えている画もあるほどです。

 おそらく、これは原作を読んでから観ないとよく分からない系の映画だったのででしょう。

 一本の映画に詰め込むには内容が濃過ぎたのでは と思います。 

 もしかしたら、今なら良さが良く分かるかも とも思うのです。

 だって、監督はデイビッド・リンチなので駄作なわけはないのでは と。

 何度かおススメしてますが、マルホランド・ドライブは良いですよ~。

 

 

 おっと、すぐ脇道に反れる、、、

 で、今回のDuneですが、そんなわけで 多分難しくて自分の英語力では全くついていけないんじゃなかろうか と思いながら観に行ったのです。

 そしたら、まぁ予想通り。

 こういうSi-Fi系にありがちなのですが、声にエフェクトがかけられたりすることも多く、そうなると私には聞き取る事がとても難しかったり、難しい単語も多かったりで、やっぱりよく分からない事が多かったです。

 何十年かアメリカに住んでいても、その程度の英語力というのも恥ずかしいのですが、そういう生活をしてるので仕方ない。

 細かい所は分からない と言っても、こいつは良いもんで、こっちが悪もんとか、その程度の大筋くらいは何とかわかります。(レベルが低すぎる、、、)

 その程度の理解でも十分面白かったんですから、字幕付きで見れば更に面白くなると思います。

 それに、後にBDか何かで自宅で観なおす事になるとしても、映画館で観られた事はとても良かったです。

 映像的に、雄大な自然(違う星ですけど)や だだっ広い景色のシーンが多く、スクリーン映えする映画だと思います。

 今回は一本にまとめるでなく、続編も出るようなので、詰め込み過ぎで展開が急過ぎて、、、という事もなさそうです。

 

 果たして、続編がいつ出るのかは分かりませんが、私としてはやっぱり原作を読んでからもう一度観なおしたい、でもって、それから続編をまた劇場で観てみたいです。

 

 結局良い評価なのか、おススメなのか、よく分からない感想になってしまいましたが、Si-Fi系の映画が好きな人なら、これはおススメです。

 映画館で観といた方が良い と思います。

 

 って、だいぶ遅いレビューになってしまったので、もしかして日本ではもうやってないのかな?

 興味があって まだ観てない無い方、間に合いそうなら行っといたほうが良いと思います!

 

 ちなみに、旧作 「デューン/砂の惑星」はこちら。

 

 

 おっと!

 いま気が付いたのですが、主演はカイル・マクラクランだったのですね! (キャストはスティングしか覚えてなかった)

 監督がD・リンチでカイル・マクラクランという事は、ツインピークスも同じコンビじゃなかったでした?

 

 やっぱり原作を読んでから旧作も観てみたくなってきました。

 

 

 

Cars & Coffee Nov. 2021

 こんばんは。

 

 この所、雑記が多くていつもとはちょっと違った内容ばかりだったので、色々と溜まってしまってるのです。

 今月はCars&Coffeeも行ったのですが、それすらまだ上げてませんでした。

 もう月も変わりますが、大急ぎで11月分を更新です。

 

 会場は山(と言ってもそんなに高くないです)の上で、朝はまだ霧が残っていました。

 まずはT-Birdから。

f:id:mata1:20211129123936j:plain

 

f:id:mata1:20211129123938j:plain

 

f:id:mata1:20211129123941j:plain

 今気付いたのだけど、ライセンスプレートついてないやん。

 

 

 このSevenは、レーシングスクリーンにハイバックのバケットを付けてますね。

f:id:mata1:20211129123949j:plain

 

 

 

f:id:mata1:20211129123951j:plain

 何故かカブトガニを思い出しました。

 別に似てないのにね。

 

 

f:id:mata1:20211129123954j:plain

f:id:mata1:20211129123957j:plain

 

 

 これは最新型?

 Ferrariもだいぶ感じが変わってきてるんですね。

f:id:mata1:20211129124000j:plain

 エンブレムが何もついていなければFerrariとは思わないかも。

f:id:mata1:20211129124003j:plain

 

 

 現行のマスタングは いかついね。

f:id:mata1:20211129124006j:plain

 黒だと特に いかついね。

 

 この型はテールから見るととてもかっこよいと思います。

f:id:mata1:20211129124009j:plain

 横から見ると結構低くて長くて、また良いのです。

 祖先帰りしたばかりだった頃の型は、個人的には むむ~ だったのですが、少しづつ洗練されてすごく良くなったと思います。

 (って、偉そうに)

 

 

f:id:mata1:20211129124013j:plain

f:id:mata1:20211129124015j:plain

 

 

 珍しい!!! 

 Evoraだ!

f:id:mata1:20211129124018j:plain

 

 以前のロータスのコクピットは張りぼてみたいだったのに。

 なんだかすっかり高級車志向になってますね。

f:id:mata1:20211129124022j:plain

 

 

 やっぱり私の中ではFerrariはこうです。

f:id:mata1:20211129124026j:plain

f:id:mata1:20211129124030j:plain

 

 

f:id:mata1:20211129124034j:plain

 

 ここからはもう一つの会場に移動です。

 まだ霧が残ってますね。

f:id:mata1:20211129124039j:plain

 

 

f:id:mata1:20211129124043j:plain

f:id:mata1:20211129124046j:plain

f:id:mata1:20211129124050j:plain

 

 Sevenのフェンダーは好みが分かれる所だと思いますが、私はクラムシェルの方が好みです。

f:id:mata1:20211129124053j:plain

f:id:mata1:20211129124057j:plain

 でも、車なのに運転してる時にハンドルとタイヤが連動してるのが見えるというのが、サイクルフェンダーの魅力とのこと。(先の青いSevenのフェンダーがそれです)

 それを一度体験してみると見方が変わるのかもしれません。

 

 あれ?

 さっきの会場からコブラもこっちに移ってきたようです。

f:id:mata1:20211129124101j:plain

 

 しかし、みんな綺麗に維持してますね。

 これはTR3Aですね。

f:id:mata1:20211129124105j:plain

 50年代の車とは思えない。

 新車の様です。

f:id:mata1:20211129124109j:plain

f:id:mata1:20211129124112j:plain

 

 

f:id:mata1:20211129124116j:plain

 

 

f:id:mata1:20211129124120j:plain

f:id:mata1:20211129124124j:plain

 

 

 最後は日本車を。

 モンキー。

f:id:mata1:20211129124127j:plain



 この日は霧が出ていて曇った天気でしたが、これくらいのほうが写真を撮るには丁度いいです。

 さて、来月は(といっても、もうすぐですが)今年最後なので、できれば覗きに行ってこようかと思っています。

 

 11月のCars&Coffeeでした。

 

 

 車が好きで旧車やちょっと変わった車にも惹かれる人で、もしもまだ読んだことがないのなら、是非オススメしたい漫画。

 
 私が25年以上前に読んでいた本はもう絶版になっているのか、見つかりません。
 中身をちょっと見てみた感じでは内容は同じだと思います。
 Kindleだと無料で読めるのかな?
 GTロマン、特に最初の方はほんとに良いです。
 名作です。
 
 

Black Friday 2021、今年の人の動きは?

 こんばんは。

 

 昨日はThanks Giving dayでお休みでした。

 せっかくの休みなのに、どうも体調があまり良くなく、予定していた作業は出来ずじまいで消化不良気味なオレンジです。

 

 サンクスギビングといえば、アメリカでは家族が集ってホームパーティをする という習慣があります。

 その時に出てくるのが、ターキーの丸焼きです。

 私も渡米して直ぐのときには、会社のマネージャーからホームパーティーに招待されたりしたこともありますが、最近はそういうことも無く、毎年自宅です。

 ターキーって、鶏と比べると遥かに大きいので、家族や友達が大勢集まらないと丸焼きなんて用意しても全く食べきれません。

 なので、ここ何年かは近所のファミリーレストランのサンクスギビング特別メニューをToGoして来ています。

 うちは毎年Normsにお世話になってます。

f:id:mata1:20211127184431j:plain

 今年もインターネットでピックアップの時間を指定してオーダーです。

 

 取ってきた。

 どん。

f:id:mata1:20211127184544j:plain

 ToGoボックスのままという、なんとも風情のない写真で申し訳ない。

 ちゃんとお皿に取り分ければもう少し見た目も良くなるでしょうけど、こんな感じで持ってくるのか というのが分かるのもまた良しかな。

 真ん中にある小さなコンテナは蓋を外すのも忘れているのですが、クランベリーソースが入っています。

 サンクスギビングのターキーには、マッシュポテト、スタッフィングというパン粉で出来たような詰め物(ターキーに詰まってる)、それにクランベリーソースをかけて食べるのが伝統。

 最初はローストターキーに果物のジャム見たいのを付けて食べる と言うのに驚いたのですが、やってみると全然違和感なしです。

 塩気のある肉類に果物は合いますよね。

 右にチラッと見えるのはガンボスープ。

 アメリカ南部の料理、かな?

 スパイスの効いたスープにソーセージや穀物類、野菜が色々と、オクラが入ってます。

 なかなか食す機会が無いのですが、私はとても好きです。

 去年まではパンプキンパイがついていたのですが、今年はガンボスープに変わってて、私はこっちのほうが嬉しい。

 見た目はそっけないかもしれませんが、全部とても美味しくいただきました。

 とはいえ、どえらい量なので、昨夜の夜、今日の昼と夜食べてまだ沢山残ってます。

 明日でなんとか終わるでしょう。

 

 昨日はサンクスギビングということは。

 今日はBlack Fridayでした。

 Black Fridayといえば、ここ何年か、毎年同じ場所で写真を撮ってます。

 毎年続けてると今年もやっぱり撮りに行かないとな と勝手に義務感が生まれてしまいます。

 いけませんね、こういう事をやり始めると人生に縛りが増える気がします。

 とまぁ、なんだかんだ言って撮りに行ってきました。

 ところが!

 いつもの場所には何やら催し物の展示が置いてあって、少し横にオフセットした写真になってしまいました。 f:id:mata1:20211127183819j:plain

 今年は結構な人でした。

 昨日のサンクスギビングはびっくりするくらい街に人が居なかったので、今日はモールも空いているかと思ったのですが、とんでもない。

 夏のような陽気だったこともあるのか、駐車場も一杯だし、とても繁盛しているようでした。

 

 ずっと拘束されていたのがやっと解けて、みなさんパァ~っと行きたい気分なのでしょう。

 

 ちなみに、去年のBlack Fridayの様子はこちら。

mata1.hatenablog.com

 写真を見れば、去年はどれくらい人が居なかったのか一目瞭然です。

 自分も改めて見てみて、去年はひどかったなぁ としみじみ思い出しました。

 

 やっぱり活気があるのは良いことですね。

 

 感染が収まらないというのは困ったものですけど。