模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

通常に戻るにはまだまだかかりそう ~Farmers market

 こんばんは。

 

 久しぶりにFarmers marketに行ってきました。

 コロナ騒動が始まってから初めてです。

 一時ロサンゼルスがロックダウンされたときには閉鎖されていたのですが、一番規制が厳しかった時を過ぎた頃に、色々と制限付きで再開されています。

 あんまり人が多いと困るのですが、旬の野菜を物色しに行きました。

 

 通常時はどこからでも入る事が出来たのですが、今はマスクの取り締まりがある為に入り口は一ヵ所に制限されていました。

 さて、入ってみると、、、f:id:mata1:20200916172242j:plain

 お店も少なく、人も少なく、がら~んとして活気があまりありません。

 出店していても通常よりも商品が少なかったり、購買意欲が掻き立てられる雰囲気ではありませんでした。

 テント内に入れる人数も制限されていて、そういう意味では感染防止を考えているのでしょうが、、、やはりこういったオープンエアなマーケットはある程度人が溢れていたほうが良いですね。

 

 通常時はこんな感じだったのですが、写真だと余り違いが分からないでしょうか。

f:id:mata1:20200918165937j:plain

 

 

 マーケットの端まで歩いていくと、こんな看板が出ていました。

f:id:mata1:20200916012221j:plain

 なるほど、生鮮食品セクションと、パックされた加工食品セクションに分けたのですね。

 少し人は多いものの、こちら側も以前の様な賑わいでは無かったです。

f:id:mata1:20200916172248j:plain

 

 

 滞在時間も短めにマーケットを後にしたのですが、青果売り場が品薄なのは、もしかしたら今年は気候の影響で農作物が全体的に不作なのかもしれません。

 先日も友人が「キュウリを買おうと思ったら2本で5ドル(約530円)もしたからやめた」とこぼしていました。

 これはますます自家栽培に力を入れないといけない状況になっていくかも、、、

 

 未だにこちらは渦中の真っただ中で、カリフォルニア州だけでも毎日数千人感染者数が増えています。
 町の中を見ると、人の動きは以前の様に増えてきて、道も車で溢れていますが、レストラン内での食事はまだ解禁にはなってないですし、映画館やスポーツジム等 屋内に人が集まる施設はいまだ再開されていません。

 勿論ライブハウスも閉まったままです(涙

 

 まだまだ色んなことが元に戻るには時間がかかりそうです。

 こんな時だからこそ、出来ればローカルビジネスを助けたいのですが、なかなかそれも難しい状況が まだ暫く続きそうです。