模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

ターンテーブルがほしい。

 こんばんは。

 

 最初に。

 私は音楽は大好きなのですが、オーディオマニアではありません。

 勿論、良い音で聴けるに越したことは無いけど、、、と言う程度で、そこまで拘りもありません。

 あ、1つあるとしたら、音楽は2chがいい という事くらいでしょうか。

 そんな感じで、今回の内容はオーディオについて深く掘り下げる様な内容ではありません。

 

 少し前の事です。

 色んな事でお世話になっている友達*1のNさんちに遊びに行きました。

 その時は明確な目的があって、こちらから都合を付けてもらうよう頼んでの訪問でした。

 その目的は、、、

mata1.hatenablog.com

 この時に購入したレコードを聴かせてもらう事でした。

 はい、タイトルからも分かるように、ターンテーブル持ってないんです。

 なので、買ったはいいけど聴くことが出来なかったのです、この時まで。

 聴けもしないのに、買ったのかよ?! ってつっこまれそうですが、どのみちターンテーブルは欲しいな と思っていたのと、アナログ盤はそんなに大量にプレスされないので、入手出来る時にしておかないと後で苦労する という事、ライブ会場で本人から買えるという事等々、色んな理由から悩まず購入でした。(と言う訳で、他にも何枚か好きなミュージシャンのレコード持ってます)

 実際、ちょっと後でネットを見たらSoldOutになっていたようです。

 買っといてよかった(ホッ)。

 

 Nさんは、某一流スピーカーメーカーで設計等をやってらっしゃったり、ご自分でターンテーブル用プリアンプのブランドを立ち上げてらっしゃったこともある、業界の有名人で(今はもう引退なさっています)、縁がありずっと仲良くして頂いています。

 最初に書いたように、音楽は大好きだけどオーディオは余り知識もありませんので、自宅のオーディオの事はいつもNさんに相談させてもらっているのですが、そんな人なので初めてオーディオの事を相談しようかな と思った時は結構緊張しました。

 ターンテーブルの事もだいぶ前から相談していて、今回レコードを実際にNさんちのシステムで聴かせてもらって、そのうえで購入する際のアドバイスをしてもらうつもりでした。

 元々、彼からはCDよりもレコードを聴くことが良い とよく聞かされていたので、彼も楽しそうです。

 

 遊びに行った時にいつも見ているターンテーブルですが、動かすのは初めて。

f:id:mata1:20180312163956j:plain

 私はよくわからないのですが、おそらく良いものなのだと思います。

 

 Saraさんのこのアルバム(CD)は音がむちゃくちゃ良かったので、果たしてレコードで聴いたらどれだけ良くなるんだろう と期待して針を落とします。

 まぁね、そもそもシステムも部屋もちがうので、比較は全くできませんが*2、音がまるい感じがして、優しい。

 音像はよりはっきり感じられて、もう本当に Saraさん、そこに立って歌ってますよね という感じです。

 実際に、一緒に視聴していたNさんの奥様も「このレコード、録音がいいですね。そこで歌ってますよ」と仰ってました。

 この辺りの印象は、レコードによるものなのか、システムの差なのか判断は出来ないのですが、この後はNさんの所有するレコード群から私が好きな物をとっかえひっかえ視聴させてもらいました。

 暫くレコードを楽しんだ後、今度はNさんが これは音いいよ というCDを何枚か聴かせてもらいました。

 すると、Saraさんのレコードを聴いた時に私が持った印象は、他のレコードでも同じ様に感じられたのですが、プレイヤー以外は同じ環境でCDを聴いてみると、明らかにレコードと違う質感だというのが分かりました。

 ものすごくクリスプで、勿論いい音なのですが、それまでレコードを聴いていた時と比べると、少し耳に触る感じ。

 レコードは丸く、耳にやさしい と言っても、こもったりしている感じでは無く、ものすごくクリアーです。

 なんだろう、恐ろしく澄んだ音がフワーっと耳に届く感じです。

 子供の頃聴いていたレコードのイメージは、所々でプッ、プツッとか定期的にノイズが入ったり、一枚紙を隔てて聴いているような気がしたのですが、、、なんだかエライ違います。

 レコード なんかいいなぁ と思えました。

 基本的に生活の中で、何かをしている時にずっと後ろで音楽を流す と言う習慣はなく、音楽を聴くのは、だいたい一日の終わりにスピーカーの前の定位置に座って聴く事が多いです。

 どう考えてもCDの方が便利ですし、欲しいと思っても手に入らない、そもそもアナログ盤が無いという事も多いと思うので、主に聴くのはCD と言う立ち位置は変わらないと思いますが、一日の楽しみに これは というアルバムをアナログ盤で聴くというのは、なんだか魅力的です。

  しかし、これだけ心地よく聴けたのは、恐らくNさんちの環境が良かったのでしょう。

 

 ターンテーブルって、いいなぁ とは思っていましたが、導入するとなると色々とクリアしないといけない事項もあるので、なかなか一歩を踏み出せなかったのですが、実際に聴いてみて いいなぁ が 欲しい に変わりました。

 それ以降、なんどもNさんとミーティングをしつつ、あーでもないこーでもない と色々考えてきたのですが、ようやく機種も決まりそうです。

 あ、ミーティングを重ねた といっても、凄いのを購入する予定では無いのです。

 冒頭に書いたようにそこまでの拘りは無いです。

 Nさんは私の経済状況も考えた上でのアドバイスをしてくれているので、最低限の条件をクリアしている出来るだけ安い機種 と言うのを探しています。

 オーディオ好きの人からは どうせ買うのならもっとお金を出さないと と言われるかも知れませんが、ターンテーブルは買った後からもお金がかかりそうなので、その辺も考慮して高望みはしない事にします。

 

 機種は ほぼ絞り込まれているので、近いうちにオーダーする様な気がします。

 

 もう結構長い期間考えて、ドンドン欲しくなってきてますからね、そろそろ良いでしょう。

 

 

 つづく(予定)

 

 

  

 

*1:かなりの年上の方ですが、あえて友達と書かせて頂きました

*2:Nさんに、CDも持ってくればよかったのに と言われました。(忘れた)