読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

ロサンゼルスから受けた洗礼

 こんばんは。

 

 連日35℃超えの暑い日が続いています。

 今日は38℃でした、、、まだ5月なのに・・・

 

 ちょっと今日はまた昔の事を思い出しながら書いた事です。

時は遡って、S30が自分の元に来てから最初の週末の話なのですが、信じられないことが起こりました。

 

 苦労してやっと手に入れた、アメリカ生活初の愛車は、まず自分の手元に置く前に、最初に相談に乗ってもらった車屋さんに点検+基本整備の為に短期入院させました。

まだ工具も何も持っていなかったですし、通勤用に買ったので いきなり調子が悪くなって使えなくなっては困ります。

万が一夜中に遊びに言っている先で止まったりしたら、冗談抜きに命にかかわる可能性もあるので、最初はビシッとプロに見てもらおう と思ったのです。

 (その時にエンジンがL28に換装されていたことが分かりました)

その整備から上がってきて最初の週末、S30を手に入れて最初の土曜日は朝から出かけました。

 

 日本でもバイクや車のメンテナンスをするのは好きだったので、車を手に入れたら次は工具だ!ということで、先ずは近所のホームセンターに向かいました。

少ない軍資金の中から必要なものを買って、さぁ 今からアパートに帰って車いじりだ!! と意気揚々とお店から出てきました。

ちょっと説明したいのですが、こちらのモールは結構大きなものが多く(最近は日本でも大型モールが増えているので、そんなに特別なことでもないのですが)駐車場も広いところが多いです。

この日行ったホームセンターも大きなモールの中の一つだったので、駐車場は結構な広さです。

加えて私は驚く程方向音痴です。

お店から出て自分の車に向かおうとしたのですが、自分の車が見つからなかったんです。

あれ? どこに停めたんだっけ?

かなり広い上に極度の方向音痴なので、どこに停めたか分からなくなってしまった、、、、と焦りました。

確かこの辺だったと思うんだけど、、、と歩き回るのですが、見つかりません。

結局、広い駐車場を端から端まで2往復程して、初めて気が付きました。

「盗まれた。。。。」

そうです、最初の買い物に出かけて、いきなり車の盗難にあったんです。

私が出かけたモールは、LA郡において、かなり治安の良いエリアだったのですが、念のためにつけて置いたハンドルロック(バータイプの後からつけるものです)もまったく役に立たなかったようです。

目の前は真っ暗になり、そのままアパートまで歩いて帰り始めました。

車で10分もかからない所ですが、歩けばそこそこの距離です。

ビニールの買い物袋に入っていた、その日の午後にでも使う予定だった工具はペラペラの袋には重すぎたようで、途中で袋が破けて歩道に散乱。

その工具を拾い集めた時は、もう何がなんだか分からない状態でした。

なんとかアパートにたどり着いたものの、もう何も考えられず 結局私が取った行動は、、、そのまま寝てしまうと言うことでした。

完全に逃避行動ですね。

 

しかし、話には聞いていたのですが、完全に人事と思っていたような事が、突然自分に降りかかってくる、、、ほんとに厳しいアメリカ生活の洗礼を受けたような気がしました。

 

その後どうなったのかは、また次の機会に、、、