読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

ジャブローに散る 19 (バンダイ 1/144 ジム 手の工作)

ジャブローに散る 模型

こんばんは。

 

こちらも かなーーーり久しぶりの更新です。

暫くMGのグフ制作記の為に中断していた「ジャブローに散る」の続きです。

 

前回の記事では、ジムの胴体に大穴を開けたところまで進みましたが、続いてジムの工作です。

このキット、手はそのまま使おうか と思っていたのですが、改めて見ると コロコロしていて どうにも可愛らしい手が気になりだしてしまいました。

f:id:mata1:20140301180802j:plain

 

少しずつですが、ズゴックもジムもディティールを追加したりしているので、手だけこのままでは浮いてしまうようになってきました。

そこで、アフターマーケットの手に入れ替えようかと思って見てみたのですが、最近のプラモのレベルに合わせて作られたディティールアップ・パーツなので、昔のキットに使うと、そこだけ情報量が異常に多く、元々の手を使うよりも浮いてしまいそうです。

 

本体の工作をしている同じ人間が作り直したほうが、他とのバランスも取れそうです。

仕方ないので結局 手 も作り直すことにしました。

 

シールドを握っている手の方は、シールドは最近のスタイル風に腕にマウントしてしまおうと思うので、平手を作りました。

作り方も何も無いのですが、プラ板を切って張って作ったので、程々の情報量アップに留まっていると思います。

f:id:mata1:20140301181434j:plain

 

ビーム・スプレーガン は握り手と切り離して、、、

f:id:mata1:20140301181557j:plain

 

 

グリップを作り直して、塗装が終わってから握らせるつもりです。

f:id:mata1:20140301181643j:plain

こちらもプラ板を切って張っただけです。

殆ど見えなくなると思うので、これで十分でしょう。

 

これで大まかには全体のパーツが出来てきました。

 

今日はこの辺で。。。