模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

カラスのその後の後

こんばんは。

 

また週末にカラスに会いに行ってきました。

もう居ないかな?と思いながら行ったのですが、まだ居ました。

ただ、2日ほど前に庭で遊ばしていた時に飛んで2階の屋根に乗ってしまったらしく、ご近所さんは あぁ、もうどっか飛んでいくのかな? と思ったそうですが、どうもカラスがそれからどうしたらいいか困っているみたいだったので 「カァカ(カラスの名前らしいです)、ComeHere.」と呼んだら、また舞い戻ってきたそうです。

 

私が遊びに行ったときはかごの中にいたのですが、外に出してくれました。

更に大きくなっていたので、何時も水遊びをさせているプラスティックのPanでは小さくなってきた ということで、もっと大き目のアルミ製のPanに水を入れておいていました。

カラスは初めて見る銀色の容器に戸惑っているらしく、なかかな入らなかったのですが、暫くしたら水遊びを始めました。

 

f:id:mata1:20130616170339j:plain

ようやく水につかったところです。

 

始めは落ち着かないようでしたが、次第に体を沈めて洗い出しました。

f:id:mata1:20130616170423j:plain

 

もう遠慮なくばしゃばしゃやり始めました。

f:id:mata1:20130616170501j:plain

 

ですが、洗い出したらあっという間に出てしまいました。

ほんとにカラスの行水です。

 

その後は乾かす為に日向ぼっこにトコトコ歩いていきました。

f:id:mata1:20130616170624j:plain

 

 

お気に入りの石の上で体を乾かしている時に、そばに寄って指を出してみても突付こうともせずに口を開けてきたので、そのままにしておいたら、カプッとやられました。(遊びなので痛くないです。)

f:id:mata1:20130619163716j:plain

f:id:mata1:20130619163718j:plain

(左手でカメラを持って、勘でシャッターを押しているので背景にピンがきてしまいました。)

 

暫くしたら石から降りて、羽根を広げて乾かし始めました。

f:id:mata1:20130619163924j:plain

 

風切り羽も生え揃ってきている様に見えますね。

 

カラスレポートも3回になりましたけど、流石にもう何時飛び立ってもおかしくないので、これで最後かもしれません。

 

飛び立ってもまた遊びに来るかなぁ。

意外とご近所さんも可愛く思えてきたようで、そのまま居座るかも、、、、