模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

全米公開中! MAQUIA ~ さよならの朝に約束の花をかざろう 

 こんばんは。

 

 短期間限定イベントで公開中の映画 「MAQUIA」を観てきました。

 

f:id:mata1:20180728165314j:plain

 

 オリジナルのタイトルは「さよならの朝に約束の花をかざろう」。

 日本では今年の最初の方に劇場公開された作品ですね。

 ものすごい高評価の映画なので、御覧になった方も沢山だと思います。

 

 限られた映画館で、期間も1-2週間の中の数回とかになるのですが、それでも公開されて間もない日本の映画がこちらで公開されるのは本当にうれしい事です。

 

 大抵は私がこういうイベントを見つけてくることが多いのですが、珍しく相方が情報をキャッチしてきて 観に行きたい と言ってきました。

 まさかこっちで上映されるとは思っていなかったので、不意打ちだったのですが、この手のイベントは出来る事なら参加したい。

 それに、相方が行きたいと言うのなら連れてってあげよう と、仕事の段取りに算段を付け、平日の夜に映画館に向かいました。*1

 

f:id:mata1:20180728172353j:plain

 

 既に日本では公開も終わった映画ですし、しかもものすごく話題になったと思うので、皆さん大体ご存知の事でしょうが。

 この映画は「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」の原作、脚本を手掛けた 岡田麿里さんが監督と脚本。

 「あの花」もどえらい話題作で、劇場版もこれまた大変好評だったと思います。

 そういう仕掛人が仕上げた映画なので、見る前から良い映画なんだろうな という事は想像していました。

 が、もし私が日本に居て、だれからも誘われなかったら、多分見に行かなかっただろう と思います。

 というのは、、、

 あの花、面白かったですし、ものすごく良いアニメだったとも思いますし、画も綺麗で、各キャラクターも個性的で、言ってみれば文句の付けようのない作品だったと思います。

 個人的に、一番初めにOPを見た時に、青色の綺麗さにびっくりした事を今でも覚えています。

 青空の青が、空の青でなく、ほんとに綺麗な鮮やかな青で、アニメであんな青は見た事が無かった。

 青好きなので、その色だけで毎回OPを見るのが楽しみでした。

 そう、良いアニメなんですよ。

 でも、、、、、

 ちょっと苦手なんです。

 見なきゃよかったとも全く思わなかったですけど、いや、見て良かったと思いますけど、多分2度は見ないな と思うアニメでした。

 で、今回の「さよならの朝に約束の花をかざろう」も、全く予備知識は無かったのですが、恐らくその辺を突いてくる可能性が高いな と思ってちょっと警戒していました。

 

 予備知識は宣伝用ポスターのみだったので、その画から どういうジャンルで、どんな展開なのかな と色々想像していたのですが、思っていたのとはかなり違っていました、良い意味で。

 所謂ファンタジー物は大好きなのですが、そういったファンタジーな世界と現実に近い世界が同居する舞台設定はとても良いな、と思いました。好きですね。

 冒頭はファンタジーな世界から始まるのだけど、主人公の種族の生活が、なんか ずーん と入ってきます。

 何百年も、黙々と淡々と布を織り続ける。

 永遠に。

 他の種族と交わる事もなく。

 その世界観はとても深く、とても心地よいものです。

 

 が、やっぱり予想通り。

 もうね、制作陣はガッチガチで泣かしに来るからね。

 しかも、直球、ド真ん中で勝負ですよ。

 言うぞ?言うぞ?、、、ほらぁ~言ったぁ というシーンが続出です。(なんのこっちゃ)

 あれ見て涙しない人なんて、どれだけいるの?

 っていうくらい、本気で来ます。

 そういうのが好きな人なら、間違いなし、絶対見た方がいい映画でした。

 

 私としては。

 世界観、設定、劇中の時間軸、美術等々、とても、とてもいい感じだったので、そんなにそういう攻め方をしなくても、、、と思ってしまいました。

 とはいうものの。

 最初から最後までずっと惹き付けられて、ものすごく色々な事を想わせてくれる映画でした。

 これから歳を重ねて行けば、どうしても、生活の中、人生の中から消えていくものが増えていきます。

 淋しい事と孤独とは違う という事を改めて思う。

 

 でも。

 やっぱり私は2度は見ないと思います。

 

 そして。

 映画が終わって、エンドロールが終わるまで、席を立つ人は殆ど居ませんでした。

 むしろ、みんな動けなかったんじゃないかな? と思う雰囲気でした。

 それも終わり、場内が明るくなって さぁ帰るか と外に出る途中の通路で、一番最初に上げた写真に写っているポスターの写真を撮っている人が何人も居ました。

 たぶん 本当に良かった と思って撮りたくなったんだろうな。

 なんか、いつもそういうのを見ると、ちょっと嬉しくなります。

 

 日本のアニメ、すごいぞ。

 

 

 

 

 

*1:最寄りの劇場では、平日の夜に一度しか上映スケジュールが無かった。