模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

Star Wars : The rise of Skywalker やっと観てきました!

 こんばんは。

 

 本当なら帰国時の事を書くつもりだったのですが、急遽予定変更です。

 

 公開からちょっと経っているので今更な感じですが、やっとこさStar Warsの新作、The rise of Skywalkerを観てきました。

f:id:mata1:20200105154359j:plain

 (公開されて日が経っているのでこれしかポスターが無かった)

 

 いつもなら公開初日、もしくは最初の週末に映画館に足を運び、オープニングと同時に館内みんなで大歓声!というお祭りに参加する所なのですが、なんと 今作の公開日は日本行きの飛行機に乗っていたのでした。

 まさかフライトと重なるとはなぁ、、、

 今までは12月のもう少し早い時期に公開になっていたのに。

 残念だったけど仕方ない。

 というわけで、今年になって最初の映画鑑賞はSWになりました。

 

 映画の内容は、もう何も文句は無いのではないでしょうか。

 私にとっては旧3部作が凄すぎて、おまけに自分の中で神格化されてしまっているので、後からどんなに出来の良いものが出てきたとしても、旧作を超えるという事は無いと思うのです。

 自分のモノづくりの根っこもかなり影響を受けているので、どこかでSWの世界に寄せて行くことも多々あります。

 たとえば、、、

 かなり昔の作品ですが、全面的にSWの世界観に沿う様に仕上げたMGのBallとか。
mata1.hatenablog.com

 塗装やウェザリングを自分に出来る限りSWメカに寄せて仕上げていますが、自分で作ってみると本物の凄さに打ちのめされる と言う結果に終わりました。

 

  話をもどして、、、

 そうなって来ると、外伝も含めて後から出てきたSWシリーズは、ストーリー云々と言うのは横に置いといて、映像として何が見たいのか というものを見せてくれればそれで満足なのです。

 今回のThe rise of Skywalkerは見たかったあのメカにあのキャラ、最後のエピソードを飾る上で 君たち、こういうのが見たかったんでしょ?そうでしょ?と言う制作陣の意図が感じられるようです。

 

 私にとって、SWシリーズを見ることはモチベーションを上げるための特効薬でもあり、あーあれも作りたい、これも作りたい、という想いが、模型だけじゃなく全ての物づくりに直結していくのです。

 

 ストーリーも長年続いて来たサーガを綺麗に終わらせてくれたと思います。

 大満足です。

 これ以上は望めないでしょう。

 

 暫くしてBDが発売されたら、やっとEp.7から9までを一気に見直すことが出来ます。 

 そして字幕付きでEp.4からSWマラソンをするのが楽しみです。

 

 

 さてさて、急遽この記事を割り込ませたのは、予定していた記事が今日の事と関係があったからです。

 次回こそ、本当に シリーズでお届けする「日本、修行の旅」に突入です。(ほんまかいな(笑

 

 どんな荒々しい修行に耐えてきたのか、乞うご期待。(な~んて、遊んできただけですよ~)