読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

次の制作物は、、、

 こんばんは。

 

 ここの所、週末になると雨 というのが続き、外での作業が全く出来なかったのですが、今週は良い天気でした。

 ただ、先週はかなり冷え込んで、いよいよ冬だなぁ と思っていたのに、この週末は昼間は暑いくらいの陽気でした。

 あまりにも変化の振れ幅が大きいからか、庭の桜が咲いてしまいました。

f:id:mata1:20161205122208j:plain

 勘違いしちゃったんでしょうね。

 こんなことは初めてです。

 

 毎年この時期になるとイベントが続くので、ものづくり系の記事が滞っています。

 アルカディア号は完成するまでに1年以上かかってしまったので、今度はもうちょっと サクッと出来る様な物を作ろうかな と思い、フィギュア・キットを作ることにしました。

 

 何のフィギュアかというと、、、

 

 イメージ・カラーは黄色と黒。

 

 外見の特徴として、頭の2本のツノがキュート。

 

 必殺技は電撃です。

 

 昭和の人なら殆どの人が知っているのでは?と思える程の人気キャラです。

 

 さて、何だかわかるでしょうか?

 

 正解は・・・・・

 

 

 

 みんな大好き エレキング!!

 

 

 

 です!!

 

 エレキングは、おそらく知らない人は居ないと思われる(のか?)、ウルトラセブンに出て来た人気怪獣です。

 イメージカラーは黄色と黒 と書きましたが、白と黒の印象が強い という人も多い様です。

 実際、近年の資料本などを見ると、どちらかというと白に近いアイボリーが基本色の様に見えます。

 当時のTVや子供向けの本なんかの写真の色が、黄色味が強く出ていたのでしょうか?

 その後色々な資料を見て上書きされてしまった私の脳内では白+黒になっています。

 

 アルカディア号の前に制作したのもフィギュアだったので、フィギュア→メカときて、順番でまたフィギュアです。

 そして、前回作ったフィギュアも「エイリアンクイーン チェストバスター」で、クリチャー系のフィギュアでした。

 私も好きなアニメのキャラクターフィギュア(メーテルとか、ハーロックとか、綾波レイとか、ミサトさんとか、セイバーとか、他にも色々)を作ってみたいのですが、思ったように仕上げる自信が全く無い、それこそ全然無いので、どうも手を出せないでいます。

 (思い入れのあるキャラクターが、ガッカリの仕上がりになってしまったら立ち直れなさそうなので・・・。)

 

 今回制作するのは、ビリケン商会のソフトビニール(通称ソフビ)キットです。

 ソフビと聞くと、子供のころに砂場で遊んだソフビ人形を思い出しますが、基本的にあれと同じ材質で出来ています。

 組み立ても、その人形と同じ感じで、ザックリと頭、胴、手足、尻尾 くらいにしか分割されていないパーツを、チョット温めながらグリグリ捻じ込んで行けば形になります。

 組み立てよりも、塗装がどれだけ上手く行くか に完成度は左右されそうです。

 f:id:mata1:20161128181505j:plain

  このキットはヤフオクで中古で購入しました。

 どなたかが購入して、頭部と胴体のみ接着した状態で制作を断念して売りに出されていたもので、俗に言う「お手付き」品です。(箱、説明書は無しでした)

 昨年帰国したときに持って帰ってきました。

 

 では、模型カテゴリーの次の記事は「ビリケン商会 エレキング制作」です。

 興味のある方は、またお立ち寄りください。

 よろしくお願いします。