読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

いくらなんでもそれは、、、

  こんばんは。

 

 夕方に職場でパソコンをチェックしたら、

「玄関前にタイヤが放置されているけど、これってお届けもの?最近タイヤ買った?」

 という様なメッセージが残されていました。

 先週 カタナ用のリアタイヤを発注していたので、予定より早いけど(来週到着の予定でした)それの事かな と思い、その旨を伝えたのですが、よくよく聞いてみるとタイヤは生の状態で梱包も何もされていない ということでした。

 此方の配達事情は、まぁいい加減なのですが、タイヤ剥きままかぁ、それは凄いな と逆に面白くなってしまったので、帰ったらガレージに入れるからそのままにしておいて とお願いしておきました。

 

 帰宅して玄関に向かうと、こんな感じで放置されていました。

f:id:mata1:20141029174537j:plain

(夜なので暗い写真です)

 

 彼女はそのとき家に居たらしいのですが、玄関前で何か大きなものが放り込まれた感じがして、ビックリしてドアを開けてみてみると、こんな感じでタイヤが棄てられていた(様に見えたらしい)そうです。

 嫌がらせかイタズラかと思ったそうです。

 玄関側からは見えないところに配送用のラベルが貼ってあったので、これはお届けものか? と思いメッセージを送ってくれていたようです。

f:id:mata1:20141029174536j:plain

タイヤに直接貼ってありました。

 

 此方の宅配便事情は、日本のそれとはかなり違います。

 基本的に配達の時間指定というのは無いので、昼間働いている人や、学生の一人暮らし等、受け取り時に留守の家というのはかなり多いです。

 そうなると、受け取りのサインももらえないので、これまた基本的にサイン無しでも荷物の受け取りが出来るようになっています。

 (サイン必要というサービスもありますが、その場合2-3回トライされても留守だったら、あっさり返送されてしまいます。)

 ということで、たまたま家に居るときに配達業者が来ても、そのまま玄関先に荷物を置いて行きます。

 気の利いた人だと、ノックをして「荷物置いとくよー!」と叫んでくれますが、そこまでです。

 配達員も時間との勝負になっているようで、駆け足で入ってきて、放り投げたら走り去っていく という感じです。

 昼間に配達があって、夜まで帰宅しない場合はずっと表に置きっぱなしになります。

 が、これまた不思議なことに私はそういった荷物の盗難にはあったことが無いです。

 治安が良いんだか、悪いんだか、なんだか良く分からないです。

 

 今回のタイヤは、個人売買したわけでもなく、ちゃんと大手のバイク用品店からAmazon経由で買っています。

 にしては、いくらなんでも簡易包装過ぎるだろう、、、と思ってしまいました。

 (もしかして、日本でも通販でタイヤを買ったらこんなもの?)