読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

ヨシムラS7の再装着

GSX1000S 刀

こんばんは。

 

 フレームも綺麗になったところで、暫くぶりのS7を取り付けてみました。

 

 先ず、元々付いている旧いガスケットを外して。。。

f:id:mata1:20140502160021j:plain

(ヘッドにカーボンごとこびり付いていて、引き剥がすのが大変でした。)

 

新しいガスケットをセット。

f:id:mata1:20140502160353j:plain

 

 さぁ、S7装着です。

ただ付けるだけなのですが、このヨシムラはエグゾースト・パイプ部分はワンピースになっていて、付けるのはちっとだけ苦労しました。

外すときがそうだったので予想はしていたのですが、微妙にヘッドのエグゾーストポートとのピッチが合っていなくて、フレームを通るときもそのままではフランジが当たってすんなり通りません。

せっかく綺麗にしたフレームもフランジでゴリゴリされそうなのは予想していたので、当たりそうなところは紙を巻いて養生していたのですが、かなりキツク当たっています。

片足でマフラーの後ろの方を支え、もう片足は自分を支え、両腕でエキマニを広げるようにしながらフレームを通過させました。

あちこち攣りそうです。

四苦八苦しながら何とか装着完了です。

f:id:mata1:20140502162250j:plain

 

 前にちょっと書いたのですが、このS7にはYoshimuraのプレートが付いていませんでした。

色々探してみてもプレートを売っているところは見つからなかったので、中古でヨシムラのサイレンサーを買ってそのプレートを移植しようかと思いました。

出来るだけ旧いプレートが付いている中古を探していたら、$20程で見つけることが出来ました。

f:id:mata1:20140502162615j:plain

プレートもペイントがはがれていたり、傷が付いていたりしますが、まぁ良しとします。

 

リベットをドリルで揉んでやって、、、

f:id:mata1:20140502162913j:plain

 

上手く外れました。

f:id:mata1:20140502162916j:plain

 

 

S7の新品の写真 というのを見つけるのは難しく、はっきりとしたことは分からなかったのですが、色々と写真を見る限りS7に元々付いていたプレートはこれとは違うようです。

多分、黒地のプレートに金色でYOSHIMURAと書いてある、このプレートより小さめの物が付いていたみたいです。(赤いヨシムラのマークは入っていないタイプ)

私のS7についているリベットの跡も、このプレートよりも狭い間隔で開いています。

でもそのプレートは未だに見つけられず、それが付いているマフラーの中古も見つかりません。

昔所有していたカタナについていたActiveS7には、確かこれと同じプレートが付いていたので、またこれを付けるのも良いかな とも思っているのですが、その場合リベットを打たないといけないので穴がもう一つ増えてしまいます。

マフラーにあてがって、どんな感じになるのか見てみましたが、結局この日はリベット止めをしませんでした。

 

まぁ、そのうち気が向いたら付けることにします。

 

f:id:mata1:20140502162927j:plain