読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

日本から河童がやってきた。(ダクトテープは思ったよりも弱い)

 こんばんは。

 

 日本から荷物が届きました。

f:id:mata1:20170425172433j:plain

 

 開けてみると、、、

 

 じゃーーーん。

f:id:mata1:20170425172458j:plain

  河童のインジェクション・プラスティック・モデル(俗にいうプラモ)です。

 メーカーはFukusaki。

 聞いたことないメーカーですが、実は、これは兵庫県の福崎町が販売しているプラモデルなんです。

 普通、河童と聞いてイメージするのは、緑色だと思うのですが、このキットの河童は赤色で、口が大きく外見も石燕系列(果たして系列があるのかどうかはしりませんが)とはちょっと違います。

 と、ここで 「ん?赤い河童?口が大きい?」とピンと来る方もいらっしゃるかも知れません。

 これは遠野の河童のキットなのです。

 

 福崎町は柳田國男の出生地なので、生家や歴史民俗資料館が観光スポットになっていたり、妖怪造形コンテスト等、町ぐるみで妖怪を盛り上げていたりします。

 河童の「がじろう」が一定の時間ごとにブクブク出てくる池などはTVでも紹介されたことがあるらしいですね。

 そんな町おこし(?)の一環として発売されたのが、この河童のプラモデルです。(遠野は岩手の方らしいですが)

 実は、身内に このプラモの販売プロジェクトに(ほんとにちょっとだけ)絡んだ者がおりまして、いよいよ発売というニュースを見た私が、「もしかして、関係者特権でプラモ手に入るの?欲しい!!」と我儘なお願いをしたところ、あっさりと「来たら送るわ」という返事をもらい、本当に送ってもらえました。

 「超絶作品、待ってるで」という言葉と共に、、、。

 彼の方が遥かに凄腕のモデラーなのに、これはもはや嫌味か? とも取れるコメントなのですが、せっかく送って頂いたからには、頑張って完成させなければ。

 という事で、まだ全然終わっていない「エレキングの制作記」の次は、こちらの河童に取り掛かるつもりです。

 

 このキットは、箱の裏が完成写真兼組立図になっていて、中身はパーツのランナーが2枚とシールが1枚のみ。

f:id:mata1:20170425172514j:plain

 パーツを見てみたところ、体表のモールドがまた良い感じで、これは作るのが楽しみです。

 で、パッケージの完成品を作っているのはAniと書いてあります。

 それって、モデラーズエキスポとかにも出展なさっていた、あの あにさん なのかな?

 すでにこの完成写真が超絶です。

 どうやったらこんな風に塗れるんだろう。

 まぁ、どんなに頑張っても、どのみち私風の作品にしかならないと思うのですが、精一杯作らせて頂きます。

 

 このキットは5/26日発売だそうです。

 詳しくは福崎町観光協会のホームページを見てみてください。

福崎町観光協会-兵庫県福崎町の観光情報サイト-

 

 さて、タイトルの後半についてです。

 この荷物を受取った時、チョットひやっとしました。

 箱の一辺が開いた状態になっていて、一枚目の写真にある様に、ダクトテープ(シルバーのテープ)で箱が閉じられていました。

 日本にダクトテープがあるとは知らなかったので、てっきり梱包状態が悪く、こちらに届いた時点で箱がばらけてしまっていて、それを郵便局員の方がその辺に転がっていたダクトテープで補修してくれたのかと思ったんです。

 郵便事情が良くないので、かなりしっかりと梱包しておかないと、箱がばらけて中身が紛失 という事も良くあるので、まさか、河童さん行方不明??? とかなり焦りました。

 で、箱を開ける前に、写真を撮って送り主に写真を見せて、こんな梱包した? と聞いたところ、

 「うん、した」と返答がありました。

 (え?ダックテープって日本にもあるの?)と思っていたら、続けて 何やら嬉しそうに、

 「ダクトテープ!ハリウッド映画によく出てくるヤツ!!試しに買ってみた!!アメリカ人、好きやろ??」と返ってきました。

 それに対して私は冷静に、

 「ダクトテープは荷物の梱包に使ってはいけません」

 「え?なんで?」 

 「接着性が弱いので、時間が経つと剥がれます」

 というやり取りがありました。

 こちらでも梱包にダクトテープを使う人は多いのですが、ポスト・オフィスに持っていくと、「ダクトテープは梱包には使わないでください」と言われます。

 見た目は日本のガムテと同じ感じで、丈夫で手でも切れるので便利で、粘着面を触ると、結構強そうに感じます。

 が、実際に貼り付けて時間が経った時の耐久性が良くないので、簡単に剥がれてしまいます。

 温度変化、特に高温多湿になると、粘着部分がネチョ~となってきて、更に自然分解のリスクが高まります。

 3M等、ちゃんとしたメーカーの値段が高いものは良いかもしれませんが、私は帰国するたびに、日本のガムテープを買って来るくらい、そっちの方が性能は優れていると思います。(実際、今回の荷物も輸送に耐え切れず、一辺が剥がれて開いてましたから)

 いや、ダックテープVSガムテープに限らず、色々な物を使ってみて、やっぱり日本のが品質は高いし高性能 と思う事が殆どです。

 例外もあるとは思いますが、パッとは思いつきませんので、日本の物を使っておけば間違い無いと思います。

 

 

 さて、ちょっと先にはなりますが、どんな風に河童を仕上げるか、ボチボチと考える事にします。

 

最後は一面のオレンジ Antelope Valley California Poppy Reserve ~ カリフォルニアのお花見 最終回 ~

 こんばんは。

 

 今回はお花見シリーズ最終回。

 ロサンゼルスから見て、北に上がってモハべ砂漠の西端になるアンテロープ・バレーにある、カリフォルニア・ポピーの保護区に行ってきました。 

f:id:mata1:20170421174411j:plain

 Antelope Valley California Poppy Reserve SNR

 

 FWYを降りて、下道で目的地に向かうのですが、砂漠地帯という事もあり なーーんもありません。

 途中に菜の花が咲いている所があったので、車を停めました。f:id:mata1:20170421174438j:plain

 雨季の後なのでこんな感じですが、手前の草むらが砂漠っぽいです。

 

 AntelopeValleyは州立公園内は保護区となっていますが、そこに到着するまでにもポピーがかなり咲いています。

 今年は雨が多かったので、ポピーは豊作のようです。(花は豊作とは言わない?)

 道端に路駐してポピー見物も出来るのですが、できれば公園内に入って保護区のトレッキングを歩いた方が楽しいと思います。

f:id:mata1:20170421174815j:plain

 駐車場からいくつもトレッキングコースが枝分かれしていて、その入り口辺りはかなりの混雑です。

 あ、公園に入るまでの道も、かなり渋滞していました。

 

 歩きます。

f:id:mata1:20170421174820j:plain

 

 途中、写真の様な何かの巣穴があちこちに。

f:id:mata1:20170422164124j:plain

 結構な大きさの物もあり。

 いったい何の巣なんだろう。

 覗いてみたけど、わかりませんでした。

 

 

 選んだのは短めのコースで、小高い丘が終点です。

f:id:mata1:20170421174835j:plain

 見晴らしは良いのですが、、、。

 遠くに菜の花らしき黄色いのが見えてはいますが、ポピーは余り咲いていません。

 

 同じ高台から、ちょっと角度を変えて。f:id:mata1:20170421174912j:plain

 遠くまでオレンジが広がっているのが見えて、かなり綺麗だったのですが、、、

 ちょっと遠すぎて写真だとわからないですね。

 

 逆に後ろを振り返ってみると。

f:id:mata1:20170421174843j:plain

 かなり濃いオレンジ色が広がっているのが見えて、そこに向かって一本のコースが続いているのが見えます。

 これは、やっぱりあそこまで行ってみたいですね。

 途中の分岐点まで引き返して、そちらに向かう事にしました。

 ポピー以外にも、乾燥に強いんだろうなぁ と思う草花が沢山です。

f:id:mata1:20170421174859j:plain

 

 やっぱりあっちの方は凄そうです。

f:id:mata1:20170421174933j:plain

 

 他にも、丘(山?)の反対側まで行くようなコースもありました。

f:id:mata1:20170421174940j:plain

 

f:id:mata1:20170421174946j:plain

 も、もしかしたら、先にあった巣穴はコイツの?

 

 歩き進むにつれて、ポピーがドンドン増えてきます。

f:id:mata1:20170421174959j:plain

f:id:mata1:20170421175004j:plain

 

 これくらいになると、オレンジ色が目にグワッと入ってきて、思わず「(色が)濃いなぁ」と声に出ました。

f:id:mata1:20170421175012j:plain

f:id:mata1:20170421175017j:plain

f:id:mata1:20170421175027j:plain

 

 どこまで行っても、一面のオレンジです。

f:id:mata1:20170421175030j:plain

f:id:mata1:20170421175036j:plain

f:id:mata1:20170421175040j:plain

 

 当日、日差しはかなり強く、ちょっと白っぽくなってしまいましたが、実際には本当に濃い鮮やかなオレンジ色で、目がチカチカするくらいでした。

 今年はかなりいい状態らしく、この日の1週間後くらいがピークだったとか。

 今月は兎に角多忙で、この日しか予定の隙間を縫って見に行くことが出来なかったので、ちょっと早いかな? という感じでしたが、十分楽しめました。

 

 さて、実は。

 ポピーのお花見も楽しみにしていたのですが、、、

 花より〇〇〇じゃないですけど、この後にもう一か所立ち寄った場所があり、私はそっちも凄く楽しみにしていたんです。 

 そちらはまた後日、別記事でアップします。

 好きな人は大興奮モノです。

 

 でもって、昨年も見に行った、私がとても幸せな気分になれたあのイベントがあるので、この数週間後に再びこの近所までやって来る事になっています。

 いやーーーほんとにこの時期は楽しいことが多すぎる。

 追々アップしていきますので、また立ち寄ってください。

 

 カリフォルニアのお花見、カリフォルニア・ポピー編でした。

f:id:mata1:20170421175046j:plain

ロサンゼルスにも桜はあるんです、一応…。 ~ カリフォルニアのお花見 第2弾 ~

 こんばんは。

 

 カリフォルニアのお花見シリーズの2回目は、日本ではお花見の本命、桜です。

 出先から家に帰る途中、公園にこんなのぼりが出ているのを見つけました。

f:id:mata1:20170407014057j:plain

 Cherry Blossom Cultural festival、桜祭りですね。

 駐車場には車がいっぱいで、公園内には出店もいくつか見られました。

 ちょっと寄ってみよう と、Uターン。

 駐車場に車を入れてみると、ローカルのTV局も取材に来ていました。

 多分ここ10年くらい前から始まったイベントで、昔はほんとにショボかったのですが、だんだん知名度も上がって人も集まる様になってきたみたいです。

 

  公園内を歩いていると、でっかい日本犬が!

f:id:mata1:20170407174512j:plain

  秋田犬の保存(?)団体のブースでした。

f:id:mata1:20170407174402j:plain

 

  かわいい。

f:id:mata1:20170407174502j:plain

 こちらでも写真の秋田犬や柴犬等、日本犬を見ることがあります。

 一度だけスピッツも見た事があります。(飼い主はジャパニーズ・スピッツと言っていました)

 

 公園の中央にはトレーラーのステージが設けられていて、色んな同好会が、太鼓やフラ等を披露していました。

f:id:mata1:20170407174535j:plain

 

 この公園にはでっかいユーカリが沢山植わってます。

f:id:mata1:20170407014449j:plain

 ユーカリの香り、ちょっと癖があるので苦手な人も居るかもしれませんが、私は大好きです。

 

 では、ロサンゼルスの桜をとくとご覧あれ。

 

 

 

 

 

 

f:id:mata1:20170413175047j:plain

 

 ・・・。

 あ。

 いま しょぼっ って言いましたね?

 聞こえましたよ。

 目が悪い分、こう見えても私 耳は かなり 良いんです。

 ちょっとくらい離れていても聞こえますからね、気を付けて下さいね。

 

 この季節になると、ブログを見ていても、皆さん それはもう見事な桜の写真をアップなさっているので、ちっこいなぁ というのは分かっているのですが、こんな桜でも見る事で春を感じ、遠い日本を想うのです。

 

 

 もともと桜の花を愛でる習慣がアメリカには無かったので、日系企業の庭や、日系の団体がちょっとずつ桜を植える様になって、まだそんなに年数が経っていない為、この辺りの桜はこんな感じなんです。

 元々アメリカにも桜はあるのですが、大体は花と葉っぱが同時にあるものが多く、花が散ってから芽が出て来る日本の桜はあまり見ることが出来ません。

 やっぱり気候が合わないらしく、難しいみたいですね。

 ですから、アメリカでは桜なんか全く見られないエリアが殆どでしょうし、これでも毎年桜が見られるようになったのは嬉しい事です。

f:id:mata1:20170407174557j:plain

 この日は風がとても強かったので、枝がぐわんぐわんして写真に収めるのが大変でした。(花も風に負けてしまってますね)

 出先から予定外の事だったので、携帯電話での撮影です。

 

 ハッチーも頑張ってお仕事中です。

f:id:mata1:20170407174603j:plain

 やっぱりこっちのミツバチはでかいな。

 

 ロサンゼルスエリアで一番桜が有名なのは、北に上がったバレー・エリアにあるLake Balboa(日本人の間では一般にバルボア・パークと呼ばれています)だと思います。

 何年か前に行った時の写真ですが、当時はこんな感じでした。

f:id:mata1:20170413174913j:plain

 日本の桜と比べると、色は濃いピンクで、枝が横に広がるのではなく上に伸びていくので、パッと見た印象は大分違いますね。

 それでも、これだけまとまった桜の木がある場所は西海岸では滅多にないので、貴重な花見ポイントです。

 ただ、市の管理状態が悪かったため、ここ最近の水不足が祟って、かなり大量に枯れてしまったそうです。

 勿体ない。。。

 

 それでも今年の雨季は雨が多かったので、残っている桜は見事に咲いたそうです。

 来年は見に行ってみることにしよう。

 

 

 次回は カリフォルニアのお花見 第3弾 (最終回) の予定です。

 また遊びに来てください。