模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

行ってきてました フランス車、イタリア車の集い ~Best of France and Italy 2021(写真多いです)

 

 こんばんは。

 

 今日はフランス車とイタリア車限定のイベントに行ってきた時のお話なのですが、、、

 2021(年)となってます。

 先日とあるイベントに行ってきたのですが、その時にふと「あれ?France&Italyってアップしたっけ?」と頭に浮かびました。

 確認してみたら、、、上げてませんでした!

 昨年の秋頃に行ってきたのですが、あまりにも沢山写真を撮りすぎて、整理する時間が無くてそのまま月日が流れていったようです。

 びっくりしました。

 今更なので、そのまま無かったことにしようかとも思ったのですが、写真を見直してみるとすごい車が沢山集まっていて、当時の興奮を思い出してしまったのでやっぱり更新します。

 見ていってください。

 

 いつもは一応盛り上がりやカテゴリーを考えて写真の順番を決めているのですが、今回は当日見た順番で上げていきます。

 

 

 朝、もうすぐ会場という時、フルビアと一緒になりました。

 

 当日の朝、エントリー車がまだ入場してる時に到着しましたら、いきなりエスパーダが入っていきました。

 

 会場に入ると、先ずフランス車のエリアから周りました。

 うーん、初めて見る車です。

 

 ドアに溝もないので、窓ガラスは付いて無いのかな。

 

 その車に気を取られていて気づいてなかったのですが、ふと先を見たら!

 だぁ~~!

 Alpine A110がぁ~!

 逆光が後光のようです(笑

 

 こっちは1300(多分

 

 こちらは1600(多分

 

 すばらしい、、、

 

 

 ただただすばらしい、、、

 

 フランス車が続きます。

 

 

 

 

 車を見ていると Alfa が入ってきました。

 

 ここでまた珍しい車が出てきました。

 1957年 IFA F9という車だそうです。

 パッと見たらVWのビートルに似てるような気がしますが、エンジンは前に積んでました。*1

 しかし、ラジエターがエンジンの後ろに付いてるって、なんでそうなった?

 しかし、自走してきたのでしょうか。

 凄いです。

 

 

 ここから突然イタリア勢になります。

 ちっちゃいのが並んでました。

 2台のアバルト。

 

 

 エンジンも小さいです。

 

 コクピットもシンプルで良いですね!

 カッコいい。

 

 Lancia Montecarlo(β)は後ろのエンジンフードの開き方が独特です。

 

 

 

 タイヤは前に積まず、エンジンと一緒に積み込むスタイル。

 

 

 この日、A110に続いて2度目の心臓バクバクポイント。

 デルタがズラッと。

 日本では特に珍しい事では無いかも知れませんね。

 こちら、特にカリフォルニアでは、基本的にランチャ・デルタは走っていません。

 ですから、私も渡米してからデルタはこの日までに数回しか見たことがありませんでした。

 それが、3台も並んでるって、心の中で まじかぁ~~ と声が出ました。

 

 いや~、かっこいいなぁ。

 

 違う車両ですけど、朝私の前を走っていたフルビアは前から見るとこんな顔をしています。

 

 この車もコクピットはカッコいいですねぇ。

 

 

 

 

 アルファ勢のエリアに来ました。

 1750GTV

 

 段付き、ホントにカッコいいなぁ。

 あー、当日はホントに盛り上がってました。(思い出し盛り上がり中)

 

 スーパーも良いです。

 かわいい。

 

 



 なんともマッチョな1750



 

 

 

 

 

 少し前にランチャにも出てきましたけど、Zagatoはパッと見たらなんとなく だろうな と分かるデザインですね。

 バランスが独特です。

 少し前にドライブ動画を観たのですが、まぁほんとにいい音してました。

 

 

 さて、かなり写真が多かったですが、まだまだ残ってます。

 今日はこの辺で終わりにして、次回に続きます。

 次も凄いのが出てきますよ~~。

 お楽しみに。

 

 

*1:製造にはドイツが関係してるようでした