模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

艦船にAuto、Sci-Fi、アニメにフィギュアまで。残りはまとめて一気上げ ~OrangeCon 2018 模型コンペティション 3

 こんばんは。

 

 2回続いた模型コンペの紹介。

 まだいくつかカテゴリーが残っていますが、まとめて全部、今日で最後です。

 予告通り、写真は多めになっております。

 

 最初は艦船部門。

 例年沢山の作品が並ぶのですが、今回はちょっと少なめでした。

 しかも、いつもは人気のある日本の船が殆ど見当たらない、、、

 飛行機もそうだったけど、なぜ?

 日本の人気に陰りが???

 ちょっと寂しいです。

 

 

f:id:mata1:20190209180253j:plain

f:id:mata1:20190209180257j:plain

 

 

 いつもなら、こんな感じのウォーターラインで日本の船が結構見られたんですけどねぇ。
f:id:mata1:20190209180229j:plain

 

  こちらのテーマ作品は凄かった!

f:id:mata1:20190209180708j:plain

 これだけの空母を完成させるだけでも大変そうなのに、全部凄い手の入り様でした。

 

 搬入直後は全部クリアケースに収められた状態だったので、これはケース越しなのですが、小さい艦載機がうじゃうじゃと。

f:id:mata1:20190209180959j:plain

 

 ケースを全部外すのも緊張しそうなくらい混み入って展示されていました。

f:id:mata1:20190209180712j:plain

 

f:id:mata1:20190209181114j:plain

 いやはや、すごい熱量です。

 

 これは、、、、船か?

f:id:mata1:20190209180715j:plain

 どうもコンペに完成が間に合わなかったのかな。

 制作途中での展示だった様ですが、このコンテナの中が居住空間になっていて、なかなかの作り込み様でした。

f:id:mata1:20190209180717j:plain

 

 

 続いてはAuto部門。

f:id:mata1:20190209181142j:plain

 1/6のCB

 

 こっちのビートルはかなりのカスタムカーですが、こういうキットがあるのか、セミスクラッチで仕上げたのか、どっちかな。

f:id:mata1:20190209181146j:plain

f:id:mata1:20190209181147j:plain

 

 

f:id:mata1:20190209181150j:plain このISKYのドラッグカー、しげしげと眺めていたら制作者の方が カウル外してあげようか と話しかけてきてくれました。

 外したら凄かった(笑。

f:id:mata1:20190209181153j:plain

f:id:mata1:20190211095423j:plain

 

 

f:id:mata1:20190209181202j:plain

 

 

 こちらの作品、後ろに立ててある写真に写っているのが、子供の頃の制作者と父親だそうで、その写真に一緒に写っている車を制作した様でした。

f:id:mata1:20190201002543j:plain

 下にも写真がありますね。

 素敵です。

 

  圧巻の完成度だったCATの重機。

f:id:mata1:20190209181210j:plain

 地面の質感といい、ウェザリングといい、かなりの時間この作品の前で過ごしました。

f:id:mata1:20190209181211j:plain

 

 

 おぅ!!

 どこかで見たような車が(笑。

f:id:mata1:20190209181217j:plain

 ホイールもワタナベっぽいし。

 

 うちのはG-ノーズには珍しいフロントスポイラー付きで、バンパーはオレンジ特製のスプリットバンパーで大口仕様です。

 開口部が大きい事で、冷却効率が20%アップという噂があるとかないとか、、、(←ありません)

f:id:mata1:20190211100228j:plain

 (これは模型ではありません(笑。

 

 エンジンもソレックスが付いてるし。

 タワーバーも入ってるし。

f:id:mata1:20190209181219j:plain

 これは私は作りだしたら終わりが無くなりそうです。

 

 ちょっと変わり種。

 アルファのエンジン。

f:id:mata1:20190209181236j:plain

 

 

 Sci-Fi、アニメ部門です。

f:id:mata1:20190210183237j:plain

 

 

 

 A-Wingカッコいい!!

f:id:mata1:20190210183245j:plain

 

f:id:mata1:20190210183248j:plain

 やはりスターウォーズの人気は安定していますね。

 

 

 この作品、Sci-Fiなの?と思ってタイトルを見ると。

 Close Encounters of the Third Kind(未知との遭遇)となってました。

f:id:mata1:20190210183242j:plain

 こんなシーンがあったの、全く覚えていませんでした。

 近いうちに映画を見直そうと思っています。

 

 

f:id:mata1:20190210183303j:plain

f:id:mata1:20190210183306j:plain

 

 

 

 このテーマ作品もすごかった!

f:id:mata1:20190210183313j:plain

 Space1999でエントリーしているのですが、まぁよくもこれだけ、、、

f:id:mata1:20190210183319j:plain

f:id:mata1:20190210183321j:plain

f:id:mata1:20190210183324j:plain

 愛が凄い。

 

 こちらもすごい。

 スタートレックで参加のテーマ作品。

f:id:mata1:20190210183341j:plain

f:id:mata1:20190210183342j:plain

 今年はテーマを決めての組作品が熱かったです。

 

 

 最後にフィギュア部門。

 今年は小さいフィギュアが多かったです。

f:id:mata1:20190210183437j:plain

 たぶんこれは2-3㎝程だったように思います。

 

 

 

f:id:mata1:20190210183439j:plain

 

 

 

 この宝箱なモンスターは、多分1cmくらい?

f:id:mata1:20190210183445j:plain

 肉眼ではよく見えなかったので、カメラで撮ってモニタで拡大してやっと見えました。

 

 

 

f:id:mata1:20190201002529j:plain

 

 

 このトリケラトプス(最近はそうは言わないのかな?)はとても上手でした。

f:id:mata1:20190210183456j:plain

 皮膚感に角感が凄い。

 

 これは宇宙船のエンジンルームという設定のビネットで、窓の外の星空と正面に見えるクランク?ファン?が動いていました。

f:id:mata1:20190210183502j:plain

 

 

 ざざんっ!!

 うちのエレキング!

f:id:mata1:20190210183506j:plain

 残念ながら今年は何も受賞せず。

 まぁ、そんな毎年受賞できるなんてこた無いですよね。

 

 今年もとにかく皆さんの腕前は勿論のこと、作品にかける愛情、情熱が凄くて ほんとに刺激を受けました。

 3回にも渡ってしまいましたが、最後までお付き合いくださってありがとうございました。

 

 昨年もう一つ模型コンペに参加しているので、近いうちに出てくると思います。

 そちらはガンプラがメインの大会なので、今回とはだいぶ感じが違いますが、そちらもすごい作品が沢山です。

 また遊びに来てください。