模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

いまさら という気がしないでもないのですけど、、~Dream Theater in concert   Images,Words & Beyond 

 こんばんは。

 

 今年の最初の収穫です。

f:id:mata1:20180204131721j:plain

 オロブロンコとネーブルが1つずつ。

 どっちも、すんごく美味しかったです。

 まんぞく、まんぞく。

 

 タイトル通り、今更 という気がしないでもないのですが、昨年書いたライブ関連の記事のなかに、次は大物のコンサートに行きます とかなんとか書いたと思います。

 そこまで書いておいて、結局その後更新が全く間に合わず、そのコンサートについて書いていませんでした。

 誰も覚えていないだろうから、シレーっとそのままに、、、と思ったのですが、自分が覚えておきたい事もありますので、今更ですがそのコンサートの事を、どちらかと言うとチケット購入、会場雰囲気を中心にまとめてみます。

 行ってきたのはDream Theater。

 昨年最後に行ったコンサートになりました。

 よく使うオンライン・チケット屋から、このコンサートの先行販売の案内が来ました。

 日程はド平日だったのですが、DTは出来るだけ行きたかったので、ライブ友達のKさんも誘って、私、相方、Kさんの分をまとめてチケットを購入することになりました。

 先行販売も平日だったので、その日は出社するとすぐに「今日は10時頃になったらPCの前に貼り付きます、すみません!」と強引に断りを入れておいて、先行販売の戦いに臨みました。

 10時にオープンすると同時に席をピックアップして抑えようとするも、決定をクリックする寸前に購入されているようで、一瞬差で購入が出来ません。

 ま、、まじか、、、とかなり焦って何度もトライするものの、どんどん空席が減っていきます。

 いや、ほんと、すごい勢いで売れて行きました。

 30分くらい貼り付いていたのですが、手が出せる価格帯の席は疎らに空いている状態になり、3席並びではもうほとんどない状態。

 全く買える気がしなくて、これ以上仕事を離れるのは、、、、とションボリしてPCの前を離れ、Kさんにメッセージを送りました。

 「ごめんなさい、チケット飛ぶように売れてしまって、ムリかも、、、」

 

 その後、30分程した頃だったかな? 再び先行販売のページを見てみると、何故か先刻よりも空席が増えていました。

 思うに、発売開始と同時に、ものすごい数の人が取りあえず席の選択をクリックして、それから購入者の情報や、クレジットカードの情報を入れていって、最後に確定 となるのですが、仮に抑えるだけ抑えただけで、全ての席が確定まで進んだわけでは無かったのかな。

 それで、購入されなかった席が再び空席と表示されていた様です。

 慌てて席をチェックして、お???と思う場所を発見。

 1階席の1番後ろの壁直前が1列全部空席になっていました。

 その真ん中は通路の突き当りなっているようで、席の前はセクションの区切り目の壁までズドーンと空いています。

 これって、前に誰も居ないから、すごく見やすいんじゃないの? と、慌てて真ん中の3席を確保しました。

 1番後ろとはいえ、1階席なのでステージからの距離は2階席よりも近いはず。(前回は2階席でした。)

 もしかしたら、値段の割に良い席なんじゃないか?と期待してコンサート当日を待ちました。

 

 コンサート当日

 会場は、前回と同じWilternでした。

f:id:mata1:20180205101750j:plain

 今回のコンサートは、ちょっと特別なコンサートでした。

 彼らの2ndアルバムの「Images and Words」のリリースから25年のアニバーサリー・コンサートだったんです。

f:id:mata1:20180205102216j:plain

 彼らの過去のコンサートから、恐らく「Images and Words」を最初から最後まで通しで再現ライブになるのだろう と予想されます。*1

 

 さて、チケットを抑えた者として、かなり気になっていた席の状況なのですが、、、なんとも微妙な感じでした。

 もともと席の無い場所に、簡易の椅子を並べたような場所だったのです。

f:id:mata1:20180205102938j:plain

 (暗いな、、、)

 一応、真ん中は通路になっているものの、席のある場所と面一なので、皆が立ち上がると、もはやどこも同じになってしまいそうです。

 

 開演までの間、各セクションは行き来自由だったので、会場内をウロウロしてきました。

 暗い中、携帯電話での撮影で暗く粗いですが、85年以上前に建てられた建物なので、雰囲気もなかなかのものです。(改修はされていますが、オリジナルに近いデザインで残されているそうです)

 

 天井

f:id:mata1:20180205103251j:plain

 

f:id:mata1:20180205103255j:plain

 

 2階席を下から。

f:id:mata1:20180205103259j:plain

 

 ステージ

f:id:mata1:20180205104606j:plain

 

 でコンサート開演。

f:id:mata1:20180204134307j:plain

 (携帯電話での撮影はOKでした。)

 予想通り、始まると同時に徐々に観客は立ち上がり始めました。

 もともと平い場所に椅子を置いているだけなので、傾斜も付いていなくて、前の人が立つと後ろの人は前が見えず、結局みんな立ち上がるという結果に。

 そうなると、もう席順なんてあって無いようなもの、でっかいアメリカ人に囲まれるとステージは非常に見難くなってしまいました。

f:id:mata1:20180205104531j:plain

 盛り上がってみんなが手を上げると、もう大変。

 

 それと、1階席でコンサートに参加してみての感想なのですが、2階席の観客と比べるとドリームシアター愛にだいぶ違いがみられました。(あくまで私の感想です)

 2階席で参加した時は、基本的に観客は座っている人が多く、身体は揺れているものの、DTの音楽を感じて楽しむ と言うスタイルでした。

 が、1階席の観客は、自分がドリームシアターな人がとにかく多かった。(笑

 もうね、自分がJames君(Vo.)になりきって、ずーーっと歌ってる人とか。

 いや、一緒に歌うというのではなく、もう目も閉じちゃって、ステージなんか何にも見てなくて、振りまで付けて完全になり切ってますからね。とにかくうるさい(笑

 ずーっとドラム叩いている人とか、エアギターにエアベース。

 そのうち仲間意識が高まってか、横の人と肩を組んで揺れながら歌いだしたり、まぁ、暑苦しい。

 ちょっと質の悪いのになると、時々お薬を服用している人が居たり、どこかでタバコ(違法の奴です)を吸う人も居たり(臭いですぐにわかる)。

 この日はそういう人が多かったのか、途中でJamesがMCで「会場内はNoSmokingだから」と言ったくらいです。*2

 ある程度盛り上がって羽目を外す人が居るのは分かるのですが、ちょっと無法地帯過ぎました。

 私的には、ちゃんと彼らの音楽を感じて楽しみたいので、2階席の方が良かったかな と思いました。

 次回はうっかり1階席に迷い込まないように、ちゃんと気を付けよう。

 

 この会場は、大きさも良い感じだし、建築物としての魅力もあるので、良い会場だと思うのですが、PAが今一つ。

 出来れば次はもうちょっと音の良い会場でコンサートをやって欲しいかな。

 

 昨年最後に行ったコンサート

 Wiltern TheaterでのDreamTheater Images,words and Beyondでした。

 

 今年はまだライブ関連の予定が無いのです。

 さぁ、最初は誰のライブに行くのか、楽しみです。

 

 

*1:ライブ開始から約1時半程(だったと思う)は色んなアルバムからの曲を演奏して、Intermissionを挟んで後半にImages and Wordsの再現ライブが行われました。

*2:通常のタバコも、違法の奴も、どっちもSmokeです