模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

Godzilla : king of the monstersは、最後の最後まで見逃がせないですよ。(+これから公開の映画あれこれ)

 こんばんは。

 

 日本でも上映中ですね、Godzilla :king of the monsters 見てきました。

f:id:mata1:20190610165038j:plain

 

 ネタバレは予告編レベルまでです。

 

 

 前回映画に関して記事をあげた時、本編前にこの映画の予告編を見た という事を書きました。

mata1.hatenablog.com

 

 1個前のハリウッド版のゴジラを観た人なら、そのまんま同じ様な感じで続く続編だと思って頂いて大丈夫だと思います。

 何より、予告編で見る限りキングギドラはハッキリと出演していますし、え!?今のラドン?! おっ!今チラッと映ったのはモスラじゃないの?! という感じでしたから、ほんとに最初のゴジラシリーズの様に、1作目はゴジラ対人間 という図式から、怪獣大戦争的な流れになって行く雰囲気がバシバシと感じられます。

 まさに、血沸き肉躍る怪獣の肉弾戦を期待しますよね。

 さすがに昔の映画と比べると、ストーリーは多少複雑にはなっていますが、やっぱりメインは大暴れする怪獣達。 

 大暴れはハリウッド映画の得意分野ですから、存分に楽しませてもらいました。 

 

 なんとなく感じた事。

 シンゴジラの時も思ったのですが、ゴジラの描写がとても神聖というか、神々しいというか、そんな描かれ方をしていました。(BGMもそれっぽいものが流れたり)

 あと( id:business_and_program)さんも仰ってましたが、音楽の力は凄いです。

 シンゴジラの時にはティンパニーで盛り上がりましたが、今回あの曲が流れた時にはやっぱりゾクゾクッとしました。

 

 最後に

 タイトルに書いたように、最後の最後まで見てください。

 エンドロール、かなり長いのですが がんばって最後を見逃さないように!

 

 

 映画館にはもうすぐ公開する映画のポスターが貼ってありますが、いくつか興味のあるものがありました。

 

 Q.タランティーノ監督の最新作!

 f:id:mata1:20190609230942j:plain

 「Once upon a time in Hollywood」

 ただただ楽しみだ!!

 先週末は自宅で久しぶりにReservoir Dogsを見たとこです。

 やっぱり面白い!改めて凄い映画だった!

 

 もう一本。

f:id:mata1:20190609230947j:plain

   「Yesterday」

 この映画、予告編すらも見たことが無いのですが、なんかいい映画の予感が、、、

 スラムドッグもラブアクチュアリーも良かったし。

 音楽だけで、もう満足できそう。

 できるだけ都合を付け見に行くつもりです。

 って、もうすぐ公開だ。

 

 通路にこんな怖いのが。

f:id:mata1:20190609230938j:plain

 これは見に行かない、、、

 

 本編前の予告編で、これは絶対見に行かないと!!と思ったタイトルがありました。

 「Joker」です。

 予告編の完成度が他のと比べて飛び抜けてました。

 そこだけに限って言えば、名作の予感しかありません。

 特に、ここ数年はTVドラマのGothamにドップリなので余計に盛り上がりました。

 今のところ、今年一番の期待作です。

 たしか10月公開とか言ってたように思うので、これからちょっとずつ情報が出て来るのでしょう。

 この期待のまま公開まで行けるのか?

   

 予告もポスターも無かったのですが、確か今週からかな? ジム・ジャームッシュ監督の新作が公開されるみたいですね。

 マーレーさんや、イギーさんにウェイツさんも出演するみたいなので、これは   と思ったのですが。

 なんとゾンビ映画だそうです。

 しかも、コメディ気味?

 どうしよう、、、これから沢山良さそうなのがあるので、やめとこかな、、、

 いや、しかし、、、

 うーん、なやむ。

 

 年末にはSW新作もありますね。

 なんだかんだで今年は楽しみな映画が多いな。

 計画的に時間を都合付ける準備をしないといけませんね。

カタナ小綺麗化計画その2 ~フロントカウルの交換(塗装の仕上げ編)

 こんばんは。

 

 少し前にあげた記事、カタナを小綺麗化する計画の第1弾。

mata1.hatenablog.com

 いつもお世話になっているボディー・ショップでガソリンタンクを塗装してもらいました。

 予備のタンクを預けていたので、ほんとに慌てなくて時間のある時に進めてくれればいいから という事で作業してもらっていたら、ほんとにかなり長期間預けることになりました(笑。

 タンク、仕上がったから と連絡を受けて取りに行ったら、余りにも時間がかかってしまったので、、、という事で、おまけで一つ仕事をしてくれていました。

 

 ちょっと前にこれまた予備のフロントカウルを、彼の所に忘れて置きっぱなしにしていたのですが、なんと タンクと同じ色でカウルも塗装してくれていたのです!

f:id:mata1:20190605163528j:plain

 

 実は、、、

 この預けていたカウルは、もともとカスタム・ビルダーの友達が 使う予定ないからあげる と言ってくれた物なんです。(ワインレッドに塗装されていました)

 ということは、、、気が付けばカタナの塗装済みフロントカウルが無料で手に入ったという事に。

 良い人達に囲まれて、幸せな事です。

 さぁ、この恩はどうやって返そう、、、

 

 

 

 さて、このカウル。

 タンクと同じシルバーで塗装してくれたのですが、カタナのカウルはヘッドライト周りは黒く塗り分けられています。

 シルバー1色でフィニッシュしている人も居ますが、特徴的な部分なので、ここは自分で塗り分けます。

 

  今使っているカウルは、補修してあるものの黒い部分は純正塗装のままだと思うので、塗り分けの境界を観察してマスキングします。

f:id:mata1:20190605163541j:plain

 難しそうなのは、このアールが付いたところです。 

 テープを曲げながら貼れる程度の緩い曲線なら一発でマスキングしてしまうのですが、ちょっと急で皺になりそうだったのでテープを曲線にカットしてマスクしましょう。

 良く切れるカッターで直接カウルの上で切っても良いのですが、少しはカウルに傷が付きますし、失敗したら取り返しがつきません。

 ここは、まず直線部分にテープを真っすぐ貼って。

 曲線部分は短めのテープを貼ってペンでラインを描きます。

f:id:mata1:20190605163604j:plain

 ラインを描いた部分を剥がしてからカットして、張り戻しました。

f:id:mata1:20190605163606j:plain

 全周縁取りが出来たら、あとは非塗装部分全体を広告で包んでマスキングは終了です。

f:id:mata1:20190605163658j:plain

 

 新たに塗装する場所は、軽ーく耐水ペーパーをかけて喰い付きを良くします。

f:id:mata1:20190605163707j:plain

 

 塗装面を綺麗にするのには、こういうものを使っています。

f:id:mata1:20190605163714j:plain

 塗装前に面を綺麗にするワイプ。

 埃が出ない布みたいなもので、しかも軽く粘着性があるので、塗装する場所に付着している埃やごみも綺麗に絡めとります。

 ペーパーをかけてすぐにこの布で掃除すれば、大抵の場合は脱脂をしなくても大丈夫です。

 

 塗装は下準備が終われば、ほぼ終了した様なもの。

 あとは塗るだけですね。

f:id:mata1:20190605163825j:plain

 セミグロスブラックで塗装しました。

 ちょっと思ったよりも艶が出過ぎたかな。

 セミグロスよりもサテンくらいの方が丁度良かったかも。

 勿論、缶スプレー塗装です。

 

 完全に乾いてしまうとマスキングテープを剥がすときにラインが綺麗に出ないことがあるので、完全乾燥少し前にゆっくりマスキングを剥がします。

f:id:mata1:20190605163843j:plain

 いつもこの瞬間はドキドキしますが、同時にマスキング等下準備の苦労が一気に報われる時でもあります。(報われない時もありますけど、、、)


 でけた!

f:id:mata1:20190605163943j:plain

 概ね良好です。

 

 このままガレージで暫く乾燥させて、次は装着です。







次の制作物は、、、 久しぶりにガンプラ行きます!

 こんばんは。

 

 えーーと。

 ガジロウさん以降、プラモデルの製作記事が全く出てこなくなりました。

 既に制作はスタートしていますが、どうもモチベーションの上がり方が今ひとつというか、、、

 いや、制作は楽しんでやっているのですが、製作記事にする というモチベーションが低く、つい気がついたら写真を全く撮ってなかったりという有様です。

 もともと手を動かし始めると一気に集中して他の事が入って来なくなるタイプなので、マメに制作記の準備をしながらモノ作るのには向いていないのでしょう。

 とは言うものの このままではイカンので、新しい制作記をスタートします。

 

 さて、作り始めるのは、、、

 なんとなく、毎年参加するガンプラコンペの主催者から ガンプラ作らんの? とやんわりと圧力を感じるので、今度は久しぶりのガンプラです。

 

 モチーフはこれっ!

f:id:mata1:20190601162835j:plain

 (箱がデカくって横向きにしか机に乗らず、無理くり写真の向きを変えています)

 MGの百式です。

 しかも旧いVer.です。

 バリュート付きですが、バリュートはつけません。

 通常の百式のキットはメッキ仕様ですから、塗装する場合はメッキを剥がさないといけないので、その手間を省くためにこちらを購入しました。*1

 

 箱を開けてみます。

f:id:mata1:20190601162840j:plain

 うわぁぁ~~~

 凄いパーツの量です。

 ガジロウさんを仕上げたばかりの私は眩暈がしそうです。*2

 そういえば、ここ一か月くらいずっと眩暈が取れなくて、生活が結構キツイのですが、もしかしたらこの時のショックが原因だったのか?

 

 大量のパーツにクラクラしながら、まずは頑張って仮組しました。

f:id:mata1:20190601163410j:plain

 良く出来てます。

 そのまま組んでも十分カッコいいです。

f:id:mata1:20190601163412j:plain

 (肩のシールドがピロンってなってる、、、)

f:id:mata1:20190601163414j:plain

 

 さて、なんでまた今更古いバージョンの百式を作るのかというと。

 このキットを購入した時はまだVer.2.0発売前で、ずっと新金型での新発売は無かったため もう百式はバージョンアップはしないのかな と思って安く売りに出ていたキットを購入していたのです。

 その後、暫くしてからVer2.0が発売され、この時に バンダイのプラモデルは制作開始直前に購入しないとダメだな と気付かされたキットになりました。

 今回制作する旧バージョンと新型のVer2.0を比べてみると、ものすごくスタイル(体形)が違います。

 旧型は割とドッシリ目のモビルスーツ という感じですが、新型はとてもスリムでシュッとしたスタイルになっています。

 ですから、旧型のスタイルを好む方も一定数居るような気もしますから、そう言う意味では旧型も新型も好みで買い分ければよいと思います。

 しかし。

 私は旧型のキットを斬った貼ったしてスリムに仕立て直そう という算段だったので、だったら新型買っとけばサクッと制作できたな という思いが無い事もないような、、、

 まぁ、新型を素組みで終わるよりも、長期間楽しめるので旧型をじっくり工作するのも良いでしょう。

 

 

 最初に申し上げた様に、制作中に途中経過を撮影したりするのに作業を中断するのがちょっと億劫になってきていたので、実は今回とんでもない、自分の性能を見誤った試みをしていました。

 定点カメラで全作業を録画して、それを高速再生したりして編集すれば作業を中断することなく制作記が出来るのでは? とひらめいて、実際に作業をずっと録画し続けていたのです。

 んが!

 動画の編集???

 ムリムリ!全然無理!!(笑

 結局撮り溜めるだけで全く使える動画にもならず、それを当てにしていた為に途中写真も少なく、もう ほんとダメ人間です。

 

 というわけで、内容極薄になってしまいますが。

 バンダイ マスターグレード百式(Ver.1.0!) 制作記が近々始まります。

 

 あ、でも一つ良い事が。

 一回一回の記事は短くなると思うので読むのに時間はかかりませんっ!

 

 というわけで、よろしくお願いします(涙

 

*1:バリュートシステム付のキットはメッキでは無く黄色の成形色でした。

*2:ガジロウさんはパーツ点数がとても少なかったのです。