模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

行動を起こせば予期せぬ収穫に恵まれる ~映画音楽祭りで出会った名曲と映画「嵐が丘」

 こんばんは。

 

f:id:mata1:20171015094734j:plain 

 先日アップしたJohn Williamsのコンサート。

mata1.hatenablog.com

 

 大興奮で大満足だったコンサートですが、他にも私的に、とても嬉しい というか、幸せな収穫がありました。

 いえ、ほんとにささやかな事なんですけどね。

 

 入場ゲート前での厳重なセキュリティチェックの為に、予想以上に時間がかかり 席に着いたときにはOpeningActのコンサートが始まってしまっていた という事を書きましたが、そのコンサートでのことです。

 

 なにしろ途中から席に着いたので、誰のコンサートかも分からない状況でした。

 こちらのコンサートでは、OpeningAct 所謂前座が付くことが多いです。

 前座と言っても、どえらく豪華が場合も多く、自分の行きたいバンドのコンサートを調べたら、誰かほかの人の前座だった なんてこともありました。

 で、そのOpeningActの情報は、チケットには一切書かれていない事もあり、開演時間というのは、OpeningActが始まる時間なのか、Headlinerのコンサートの時間なのか、いまひとつ分からない時があります。

 

 今回のコンサートでも、そのあたり関しての情報は何もチケットに書いていなかったので、前座のコンサートがある事すら知りませんでした。(いや、事前に調べればいいのですけれど、、、)

 

 席に着いたときには何曲か終わっていたのですが、だれ?と思いながら(失礼)残りの曲を楽しみました。

 

 頭は次のメインのコンサートで演奏される筈のStarWarsに持っていかれていたので、そこまで集中することなく、フワッと楽しんでいたのですが、ある曲が終わって 次の曲が始まる前に、指揮者がコンサートマスターを紹介しました。

 どうやら次の曲はバイオリン・コンチェルトのようです。*1

 ふむふむ どんな曲が始まるのかいな? と思っていると、、、

 その曲が、また素晴らしくいい曲だったのです。

 なんだろう、とても優しい、ふわ~っと包み込んでくるような、ほんっとに綺麗な曲で、一耳*2で心奪われてしまいました。

 今日は映画音楽しか演目としては選ばれないと思うので、多分この曲も映画音楽だろう とは思ったのですが、モニタには映画の映像ではなく、オーケストラの演奏や指揮者が映し出されていたので、ボケーっとしていてMCを聞いていなかった私は、その辺の情報を全部取り逃がしていました。

 

 さて、これに続いて、JohnWilliamsのコンサートも大盛り上がりで終了し、帰路に着きます。

 

f:id:mata1:20171015102245j:plain

 (帰り道も大混雑です)

 

 コンサートの後、数日経っても、オープニングで演奏された、あのバイオリン・コンチェルトの曲が気になって気になって仕方ありません。

 

 で、色々調べてみたところ、見つけました!

 OpeningActの指揮者の名前はDavid Newmanという作曲家で、映画音楽を多く手掛けている著名な方でした。*3

 私の心を奪ったその曲はJohnWilliamsも自身がリリースしたアルバムにカバー曲として指揮していたことがある、映画界の名曲だったようです。

 ちなみに、JohnWilliamsが指揮した時もバイオリン・コンチェルトで、バイオリンはItzhak Pealman(!) です。

 曲名は

 Cathy's Theme from Wuthering Heights

 です。

 はい、ここでわかる人はタイトルを見たら、あぁ、はいはい、あれね となりますね?

 私は何も知らなかったので、ただ Wuthering Heightsと言う映画の中で使われたChathyという登場人物のテーマ曲なんだな?と

 で、Wuthering Heightsってなんだ? と調べてみると。

 邦題は「嵐が丘」だったのです。

 

 子供の頃、学校で本を読むのが好きな子供の間で、ちょっと難しそうな小説を読むのが流行る時期って、ありますよね?シェイクスピアとか、そんなの。*4

 私も読書は大好きで、図書カードは表も裏もビッシリ みたいな子供でしたから、そういった流行りの中、よく話題に出ていた「嵐が丘」も手に取ったことはあるのです。

 でも、ちょっと読んでみたけど、その中に入ることが出来なくて、直ぐにやめてしまって、結局今まで読んだことがありません。

 なので、原題を見てもピンとこなかったのですが、このタイトルは1939年に映画化されていて、その中で使われたのがCathy'sThemeだったのです。

 Youtubeで検索すると、オリジナルの音源も出てきたので、聴いてみます。

 オリジナルはバイオリン・コンチェルトではなく、シンフォニーでした。

 パールマンさんのもすごく良かったのですが、、、、1930年代のオリジナルは、、、素晴らしすぎます。

 夜中、やっと見つけてイヤフォンで聴いてみたのですが、またか と言う感じですが、涙でました(笑。

 作曲者はAlfred Newmanと言う作曲家で、この方も映画音楽界の巨匠なのですね。

 ものすごい数の作品を残していらっしゃいます。

 

 ここで、ん? と気が付く事ありますね。

 今回は私も気が付きました。

 Opening Actを務めた David Newman、ラストネーム同じやん と調べてみると、AlfredNewmanは彼の父親でした。

 彼は、コンサートで自分の父親が残した名曲を指揮していたんですね。

 

 オーケストラの演奏は指揮者で変わりますが、あの時のなんとも言えない優しい感じは、指揮者の色々な思いが演奏に出たのかな とか、こちらも色々と想いました。

 

 さて、これだけ気に入ってしまった曲が使われている映画。

 みたい!!

 ここで散々映画好きです と言っている割に、本数をそんなに見ていない私。

 「嵐が丘」も見ていないのです。

 どうやら、1939年に制作されたアメリカ映画は、原作から大きく変わっているらしく、そういう意味では評価が高く無いようなのですが、ファンも多く、長年にわたり愛されている作品のようです。

 幸い私は原作を読んでいないので、その辺は大丈夫。

 

 なにより、Chathy's Themeを劇中で聴きたい と言うのが一番の動機なので、BookOffに行ったらDVDが無いか探してみよう。

 

 映画音楽ネタ、思い入れが出来てしまったので2回に渡って書かせて頂きました。

 お付き合いくださってありがとうございました。

 

 さぁ、次に行く予定のコンサートは、、、

 一年ちょいぶりの、大物バンドです。 

 楽しみだ!!!

 

*1:バタバタと席について、次のコンサートも気になる状況だったので、全く集中力が無く MCはほとんど耳に入ってきていなかった。

*2:一目と言う言葉はあるのですが、一耳って、、、ないですよね?

*3:彼が音楽を手掛けた作品は、私は一本しか見ていませんでした。(しかも、残念ながら余り好きな映画では無かったです)

*4:私は戯曲とかは苦手だったので、全然むりでした。ポーとか、カフカとか、もっと子供ウケするようなのを読んでました。

やっと実現、念願のコンサート  Maestro of the movie ~ John Williams concert at Hollywood Bowl

 こんばんは。

 

 もうずーっと前から、行きたいと思っていたJohn Williamsのコンサート。

 ついに行ってきました。

 

 John Williamsは映画音楽界の巨匠で、それはそれは多くの名曲を残しています。

 映画音楽だけでなく、アメリカで開催されたオリンピックでも楽曲を提供しています。

 毎年、夏になるとHollywoodBowl*1でコンサートを行っていて、夏の風物詩的コンサートなのですが、夏はイベント事が多く、なかなか予定が合わなかったり、つい毎年やっている事だから いつでも行けるよね と言う感じになってしまい、来年、また来年 と延び延びになってました。

 ところが、今年は彼の85歳(!)アニバーサリーらしく、いくらまだまだ元気で現役バリバリと言っても、いつまで前線で指揮をとるか分かりませんし、区切りも良いから今年で最後にするか とかなってしまっては大変です。

 ついに行くことを決意しました。(さっさと行っとけよ と言う話ですが、、、)

 

 さて、なんとなく今まで先送りにしていた理由の1つに、大混雑 と言うのがあります。

 基本的にLAでコンサートへの交通手段は車になるので、どうしても渋滞や駐車場問題に悩まされます。

 特にこの会場は大きいので、観客もすごい数になり、他の会場よりも混雑もすごい事になります。

 この日も駐車場に停めるのに時間がかかり、そこから歩いて会場入りするも、ゲート前のセキュリティーチェックで大混雑。

 一体いつになったらゲートまで辿り着くの? という状態でした。

 テロリスクも高いので、仕方がない事なのでしょう。

 

 やっとこさゲートを通過して、いくつもエスカレーターを乗り継いで登っていきます。

f:id:mata1:20171010163533j:plain

 (ここは山に作られているので、結構上まで登ります。)

 

 が、席に辿り着くまでに、Opening Actのコンサートが始まってしまいました!

 だいぶ余裕を見て会場入りしたのに、まさかセキュリティチェックがあそこまでの混雑になるとは誤算でした。

 

 曲と曲の間にスタッフに案内してもらって席に着き、そのコンサートが終わり、John williamsのコンサートが始まるのを待ちます。

 

 暫くすると、奏者が徐々にステージに入ってきました。

f:id:mata1:20171010163959j:plain

 

 そして、John williamsが入って来ると、もう会場が割れんばかりの拍手と歓声が上がりました。(野外なので何も割れませんけど)

 いよいよ、念願のコンサートが始まります。

 

 Indiana Jonesシリーズの曲からスタートして(一番有名なあの曲では無かったです)、3曲目辺りにJohn williamsが「次はHarry Potterから3曲続けて」と曲紹介すると、これまた会場は大盛り上がり。

 ハリーポッターは人気があるのですね。

 曲によってはスクリーンに映画のダイジェストが投影されて、好きな人達はとても楽しめたでしょう。

 私は一本も見ていないので、そこまで盛り上がれませんでした。

 

 その次にはちょっと長いMCが入り、特別ゲストとしてバスケットボール選手のKobeBryantが登場しました。

 これまた大盛り上がり。

 彼が書いたバスケットボールに対する思いをつづった詩に曲を作ってくれるようにJohn williamsに依頼したらしく、ショートフィルムに合わせてその曲が演奏され、KobeBryantが詩を朗読していました。

 

 その曲が終わってJohn williamsが次に紹介した映画のタイトルが、StarWars Ep.7 The force awakensでした。

 これは会場も私も、大盛り上がり(笑

 客席でライトセイバーが光ります。

 基本的にコンサート会場内には長いものはセキュリティチェックで引っかかり、持って入る事が出来ないのですが(傘もダメ)、この日に限り、ライトセイバーは持ち込むことが出来ます。(武器なのに、、、)

 会場の外でも沢山売られていました。

 そしてスクリーンにはEp.7のダイジェストが流れます。

f:id:mata1:20171010165348j:plain

 (フラッシュを使わなければ撮影OKでした)

 Ep.7、良かったなぁ。

 そして、Ep.7からは2曲続けて演奏され、その後ちょっとオケが静かになったかと思ったら、曲紹介も無く、いきなり

 ダァーン!と散々聴きまくった和音が鳴り響きました。

 客席からの歓声がヤバい。

 曲はStarWars A new hopeからStarWarsのテーマ。

 客席のライトセイバーの本数が一気に増えました。

f:id:mata1:20171010170842j:plain

 私の今日の目的は、作曲者のJohn williamsが指揮するStarWarsのテーマを聴く事だったのです。

 すごい。

 本物です。

 身体が熱くなりました。

 そして、前は勿論、右を見ても、左を見ても、年齢性別関係なく、子供のような顔でライトセイバーを振り回す人に囲まれています。

 いやー、気が付いたら涙出てました。

 いつも読んで下さっている方々はご存知だと思いますが、私は大概感動しやすいタチです。

 で、音楽でも映画でも本でも、日常生活内でも、すぐに感動しますし、それがある程度のレベルになると泣きが入ります。

 嬉しい、悲しい、楽しい、感動、色々な感情があるレベルに来ると、なんというか、喉の奥がツーンとなるような、そんな感覚があるのですが、この時はそういうのが全然なくて、ただ、周りを見渡して、会場に満ち溢れたStarWars愛を共感して、心地よさに酔っていると、気が付けば自然にツゥーッと と言う感じでビックリしました。

 今まで味わったことが無い、静かな心地よい感動でした。

 

 この曲で一旦John williamsは袖に下がりました。

 そしてアンコールの一曲目はSabrina。

 いい曲でした。

 2曲目に来たのが、SWのEp5からImpereal marchでした。

 あの、ベイダーさん登場の時によくなる ジャーン ジャーン ジャーン ジャッジャジャーン ジャッジャジャーン ♪ です。

 またライトセイバーが点灯し、みんな曲に合わせて指揮をとってました。

 

 2度目のアンコールでは、アメリカ人はみんな大好き SupermanMarch。

 これも盛り上がりましたねー。

 この曲もいい曲ですよねー。

 途中の静かになる部分、とても好きです。

 

 3度目、最後のアンコールで演奏されたのはETでした。

 コンサートは2夜続けて行われて、私が行ったのは2日目だったのですが、最初の夜はSupermanMarchでコンサートは終わったらしく、ETはこの日のおまけだった様です。

 

 演奏されませんでしたが、レイダースのメインテーマや、ジョーズ、ジュラシックパーク等々、沢山の名曲を世に送り出したJohn williams.*2

 

 改めてその偉大な功績を実感すると同時に、御年85歳にしてそれを感じさせない指揮っぷりに感動させられたコンサートでした。

 

 行って良かった。

 大満足のコンサートでした。

 

 実は。

 この日、もう1つ収穫(?)がありました。

 長くなったのでそれはまた後日。。。

 (すんごくささやかな事なのですけどね)

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:ハリウッドの山の中にある野外コンサート場です

*2:そういえば、ちょっと前に見た映画「The Book Thief(邦題 やさしい本泥棒)」も彼が音楽を担当していました。

ベース制作4 植樹(ベース完成)と ウェザリング(ビリケン商会 エレキング制作 10)

  こんばんは。

 

 今日はベースを完成させて、エレキング自体もウェザリングを施してからベースに固定して、完成まで行ってしまいます。

 

 前回作った樹木三兄弟は、地面を作るときに使った100均粘土に色を付けたもので固定します。

 本当は樹木固定用に、地面の粘土を少し残しておけばよかったのに、なんも考えないで全部使ってしまっていたので、残りの色を付けていない粘土をまた着色して使いました。

f:id:mata1:20171002075650j:plain

 なので、色が合わなかったです。(笑

 白くなるよりは濃い方がいいだろう と思って、地面より少し濃くしています。

 上の写真で、木の根元の右側が緑色になっているのは、塗装したところです。

 塗装で緑を加えている所もあれば、カラーパウダーを撒いて少しだけ立体にしている所もあります。f:id:mata1:20171002075908j:plain

 

 これでベースは完成です。

f:id:mata1:20171002075759j:plain

 

  次はエレキング。

 基本塗装が終わったら、全体をフラットクリアーでコートして艶を消し、ウェザリングに入ります。

 ただ、劇中では湖の中から登場するエレキング。

 このポーズの場面は、まさに水から上がってすぐの時だと思うので、派手に汚れてはいないでしょう。

 足元周りのみ、軽く汚していきます

 最初はいつものように油絵具を使って汚れを乗せました。

f:id:mata1:20171002080113j:plain

 薄め液には、オイルライターの燃料を使っています。

 基本的に下地の塗装は傷めない筈なのですが、強くゴシゴシすると、塗装が剥がれたり、せっかく消した艶が復活したりするので注意です。

 油絵具をパレットや塗料皿に取り、薄め液で薄めたものをシャバシャバ塗って拭き取ったり、チョット濃いめの絵の具を擦り付けてから、薄め液を付けた綿棒等でぼかしながら拭き取ったりします。

 

 次は土埃?砂埃を加えます。

 こちらもいつものウェザリング・アイテムのダイソーで買ったパステル。 

f:id:mata1:20171002080110j:plain

 パステルを茶こし(もちろん、これもダイソー)で削って粉にしたものを、筆にとってパフパフしたり、尻尾の下側等は筆をこすりつけるようにして色を乗っけます。

 

 ほんとうに、地味に少しだけ汚しました。

f:id:mata1:20171002080159j:plain

 ウェザリングの塩梅ですが、写真映えとかを考えると、もっと派手に汚した方が良いとは思うのですが、写真で丁度良いくらいにすると、実物を手元で見ると、ちょっとやり過ぎたかな? と思ってしまいます。

 模型の大会とかでも、それくらいの方が受けも良いように思いますが、近づいて見てみると、色々やってるなぁ くらいに控えめの方が、好みです。

 こういう作業は、やっている時は少しずつ変化していくので、ついつい もうちょっと と重ねてしまって、暫く時間をおいて見てみると ちょっとやり過ぎた??? と焦る事が良くあります。

 自分には、まだもうちょっとやった方がいいかなぁ と言う所で止めておく くらいの方が合っていると思います。

 

 でも、、、もうちょっと派手にやった方が良かったかなぁ。

  

 これでエレキングの作業も終了です。

 

 残るはベースに固定するだけです。

 リビングでその作業をしていたら、いつものようにウリが飛び乗ってきました。

 少し前に、おっそろしい寝顔をお見せしたネコのウリ。

 いつもはあんな顔じゃないんですよ?

f:id:mata1:20171002080732j:plain

 とにかく、野次馬なので、私が日常と違う事をしていると、必ず寄ってきてチェックチェック。

 

 エレキング、無事にベースに乗っかりました。 

f:id:mata1:20171002080741j:plain

 

 これで全行程は終了です。

 

 完成写真、せっかくの怪獣なので、自然光下で良い感じのが撮れないかな と思っているのですが、日差しが強すぎて影がキツク出過ぎてしまいます。

 いいタイミングで曇っていれば良いのですが、、、

 撮れなければ室内撮影写真のみ、完成写真として後日アップします。