模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

In this corner of the world この世界の片隅に 全米公開 +日々の雑記

 こんばんは。

 

 この週末、やっと「この世界の片隅に」が公開されたので、さっそく見てきました。

f:id:mata1:20170817010816j:plain

 

 全米公開 といっても、かなり限られた場所のみでの上映で、私が住んでいるエリアでは、SantaMonicaにある小さい映画館1か所だけでした。

f:id:mata1:20170816013717j:plain

 外から見たら、映画館と分からない外観です。

 

 予想はしていたのですが、それほど人は入っていませんでした。

 というのは、「君の名は。」が最初に公開された時は、チケットがSoldOutになってしまい、見に行くことが出来なかったのですが、今回は前日になっても全ての上映時間でチケットはまだ残っていたからです。

mata1.hatenablog.com

 特に、私は土曜日の朝一番の回だったので、余計かもしれませんが、、、

 ある程度話題にはなっていたのですが、そこまで多くの観客を動員することは出来なかったのかも知れません。

 

 さて、映画は というと。

 素晴らしい、ほんっとに良い映画でした。

 戦時中の、極々普通の市民の生活を淡々と描いた映画なので、ハラハラドキドキという展開があるわけでも無く、謎解きがあるわけでも無いのですが、なんだろう、とても引き込まれる映画でした。

 予告編すら見た事が無かったので、あのフンワリした画がどういう風に動くのかな?という興味もあったのですが、、、フンワリ動いていました(笑。

 そのフンワリした感じが、最近の画質も動きもスーパーにクリスプなアニメとちがって、ものすごく心地よく、始まってすぐに いい感じだなぁ と、先ずそこから引き込まれ、その心地よさが自然に映画の中の世界に連れて行ってくれた感じです。

 と同時に、ちょっとショックなことが。

 サイトでチェックした時にはSubTitledと表記されていたのに、英語吹き替え版でした!

 最初のセリフを聴いて、へ? とかなりビックリ。(英語だったので)

 これはにはちょっとがっかりでしたけど、まぁ全く初めて見たせいか、先入観もありませんから、5分もしたら慣れてしまいましたし、私にはその方が良かったかもしれません。(理由は後述します)

 

 この映画、人に勧めるか と聞かれたら、是非見た方が良い と勧めます

 が、

 私にはちょっとキツかったです。

 最後の1/3か1/4くらいまで、全くそんな気配は無かったのに、突然とんでもない事が起こり、またそれが私の心に障り、もう耐える暇もなく涙が止まらない状態に。

 それから最後まで、ずーっと泣きっぱなし、もうどうしようかと思いました。

 他にも、色々と障るところがあり、もう声を上げて泣きそうになるのを止めるのが大変でした。(流石に周りの迷惑になりますからね)

 余りにも感情が振れてしまって、最後は猛烈な頭痛に見舞われる始末。

 もし、日本語で見ていたら と思うと、恐ろしいです。

 

 見ていない人には、是非、と進めます。

 でも、もう一度見るのは、ちょっと、いや、かなりつらい。

 

 建国以来、本土が戦場になったことが無いこの国で、この映画を見た人はどういう感想を持ったのでしょう。

 自分がえらい事になっていたので、周りの反応がどうだったのか、雰囲気をつかむことも出来ませんでしたが、エンドロールが終わるまで席についていた人は結構いたように思います。

  

 頭上から爆弾が落ちてくることは無いだろうけど(いや、そうも言えないのかな?)、こういったことは形を変えて身に降りかかる可能性は、今も、いつの世も、そこかしこに潜んでいるかもしれない。

 

 今の生活の中で、普通だと思って頑張っている事が、あと何十年かすれば 当時の人は大変な時代を生きていたものだ と言われるようになっているかもしれない。

 その大変な時代の中にあった、普通の喜びや幸せも、その時には無くなっているかもしれない。

 

 在る が当たり前のことが、自分から奪われるということ。

 今日それが起こるかもしれない ということ

 忘れないように 刻んでおこう。

 

 

 本当に良い映画だったのですが、、、

 日本語でも見てみたいなぁ と思うのですが、、、

 

 うーん。

 やっぱり、もうちょっと時間をおいて また見てみようか。

 

 

 映画を見終わって、駐車場まで歩く途中、道路をクローズしてFarmer's Marketが開かれていました。

 

f:id:mata1:20170816173925j:plain

 ちょっと覗いてみたのですが、規模はあまり大きくなく、おっ? と思うような目を惹くものも無く、そのまま素通りしました。

 ズラッと並んだプチトマトがすごく綺麗だった。

f:id:mata1:20170817170736j:plain

 

 

 この日はその後、車仲間とのBBQがありました。

f:id:mata1:20170816173952j:plain

(コンロが一番盛り上がっているときに写真を撮り忘れていた)

 

 夕方から始まって、終わったのは11時頃。

 いつもの集会と違い、アルコールも入って、時間もたっぷり。(私は飲めませんけど)

 とても楽しい時間を過ごせました。

 撤収となり、帰り際 お互いに声をかける

 「じゃ、また明日~。」

 ん?

 明日?

 実は、その次の日はいつもの月一の集会でした。

 皆の都合の良い日が、たまたま集会の前日だったので、たっぷり遊んで、帰って、寝て、起きたら今度は愛車で集合。

f:id:mata1:20170816175529j:plain

 (私はまた一番乗り)

 どんだけ仲いいねん と笑ってしまいます。

 こんないい仲間と巡り合わせてくれた、240Zに感謝。

 

 そのZですが、最近、足回りをいじった際、どうもフロントが浮いてしまったようです。

 家の出入りはきつくなるのですが、あと数センチ落とせそう。

 

 うーん、やることは尽きない。

 

ベース制作2 100均素材でジオラマの地面作り (ビリケン商会 エレキング制作8)

 こんばんは。

 

 先日、通勤車のタイヤ交換に行ってきました。

f:id:mata1:20170810163954j:plain

 今回選んだのはYokohamaのS-Drive。

 タイヤって、交換したら はっきりと違いが分かるパーツですね。

 ノイズは激減、ハンドリングもスムーズ。

 別の車に乗り換えたように快適です。

 下手なパフォーマンス・パーツにお金をかける事を考えると、費用対効果が凄く高いパーツだと実感しました。

 

 さて本題。

 はい、またしても間が開いています。

 前回は、やっぱりベースも作ろう という事になって、土台?の部分を木工作で作るところまで終わりました。

mata1.hatenablog.com

 

 

 木製ベースだけでもいいいかな?と思ったのですが、やっぱりもうひと手間かけて、ジオラマ とは言わないのかな? ビネット風にしてみます。

 

 でも、手間もお金も出来るだけかけず、簡単工作で済ませます。

 

 劇中でエレキングが登場したのは、山の中にある湖です。

 狭いベースなので、湖を作るのはやめて、エレキングで一番有名な写真の風景をイメージして、岩がゴロゴロした地面に樹木が生えている感じ を目指します。

 

 では。

 最初に、ゴロゴロした岩を作ります。

 それに使用したのは、、、

 

 何故か会社にあった(笑)、鉄道模型用の岩山を作る為の型。

f:id:mata1:20170812171211j:plain

 薄い、バキュームフォームで作られたような型で、石膏を流して使うものです。

 それをちょっと借りて、石膏を流して、固まった物。

f:id:mata1:20170812171335j:plain

 うーん、まぁまぁ、、、かな?

 

 これなら、石膏の塊を砕いた物の方が岩っぽい様な気もします。

 

 と言う訳で、型を使うのはこの一つだけで、あとは石膏を適当に砕いた物を使う事にしました。

 

 次は地面。 

 用意したのは、ダイソーで買った木粉ねんど。

f:id:mata1:20170812171419j:plain

 これ、実はずっと前にジャブローの洞窟を作った時、使うつもりで買ったのです。

mata1.hatenablog.com

 (あらまぁ、既に約2年前のことですか?)

 

 結局、洞窟のゴツゴツした感じは石膏の方が出しやすいかな? という事で、この粘土の出番は無かったのですが、やっと日の目を見る事が出来ます。

 

 この粘土は絵の具で着色出来る様なので、ベースに盛り付ける前に水彩絵の具を練り込んで着色しておきます。

 

 使った絵具もダイソーで買ったものです。

f:id:mata1:20170812171449j:plain

 ローカルの画材屋で絵の具を1色買うよりも安い値段で、12色。

 しかも筆まで付いている。

 ダイソー、すごい。

 

 絵の具(原液を使用)を練り込んでおくと、あとから塗装する時に塗料が入り込まないようなところも、土色が既に入っているので、都合が良いです。

 

 絵の具で着色した粘土を、木製ベースにペタペタと盛り付けます。

 ベースを完全に覆うのではなく、作った岩を埋め込みながら、、、

  途中でエレキングを押し付けて、足や尻尾が不自然に浮き上がらないようにめり込ませたり、、、

 こんな感じになりました。

f:id:mata1:20170811172025j:plain

 あ、型に流して作った岩のみ、試しに塗装してあります。

 他の3つの白いのは、石膏の塊を適当に砕いた物です。(後で塗装します)

 

 大体の形が取れてきたら、表面を地面っぽくするために、私の得意技、歯ブラシとんとん攻撃で表面を造形します。

f:id:mata1:20170812172411j:plain

 

 あとは、岩の周りに土が被さったように粘土を足したり、地割れっぽいのをコテで形成したりした後、水で溶いた水彩絵の具で何色か(明るい茶色や黒、こげ茶等々)乗せていきます。

 最後に石膏のままだった岩を、アクリル・ペイントで塗装すれば、基本的に地面パートは終了です。

f:id:mata1:20170812172854j:plain

 

 次回は、樹木を作ってベース完成まで、、、行ける、かな?

 

まだもうちょっとあるよ。 英国車集会 後半 Queen's English 2017

 こんばんは。

 

 もちっと続きます、英国車の集い。

 

f:id:mata1:20170803163712j:plain

 公園の奥の方、ちょっと離れた場所で、この手のイベントには付き物のSwapMeetも開催されています。

 なにか良い物は? と物色するのですが、いっつもなーんも買うものがない、、、

 まぁ、良いことなのですけれども、、、

  売っていれば、ユニオンジャックのプレートが欲しかったのですが、今回も売ってなかった。

 英国車のイベントなのに。

 

 ウロウロしていたら、凄い人が居ました。

f:id:mata1:20170803171754j:plain

 荷台から1/3くらいははみ出してるんじゃないかな?

 豪快です。

 というか、トラックの荷台に乗るんだ。

 やっぱりMG-Bって小さいんだなぁ と実感しました。

 

 かなりの希少車、Jaguar C-Type

f:id:mata1:20170803171807j:plain

 この日、2台のC-Typeが居たのですが、一台はレプリカだったようです。

 ただ、レプリカと言っても、何処かの車にガワだけ載せたものと違い、フレームから作っているので、私にはどっちが本物かは見分けがつきませんでした。

 上の写真がレプリカの方か、本物の方か、今一つ自信がないのですが、、、たしか本物の方だったと思います。

 てか、いま気が付いたのですが、隣の跳ね上げドアの車は一体なんだ?

   

 古いジャガーはフロントに直6ですね。*1

f:id:mata1:20170803172114j:plain

 SUキャブ2基がけ と言うのが、どこかで見た感じ。*2

 

 

f:id:mata1:20170803171814j:plain

 なんだっけ、これ。

 知らない車だ と思って写真撮ったけど、名前を忘れてしまいました。

 もしかしたら、仙人様はご存知?

 

 去年も居た車ですね。

 MG-B GTは、なーんか日本車っぽく見える。

f:id:mata1:20170803171818j:plain

 英国車はドロップ・ヘッド・クーペ*3が多いのですが、個人的に屋根付きのクーペの方が好みです。

 

 

 さてさて。

 英国車 と い、え、ば!

 Lotusですよね?!(おかだんごさん、アストンじゃなくて、すみません)

f:id:mata1:20170803171852j:plain

 英国車=Lotusという人は少数派というのは分かっているのですが。

 最近は蓮の写真を上げる人も多い事ですから。。。

 

 黄色のストライプが似合う2台。

f:id:mata1:20170803171905j:plain

f:id:mata1:20170803171909j:plain

 

f:id:mata1:20170803171858j:plain

 はぁ

 Sevenいいなぁ。

 

 こちらは去年も来てたかな? 

 Europa S1

f:id:mata1:20170803171922j:plain

 S1仕様では無く、ホンモノなので、窓は開きません。(軽量化+コストダウンの為。車重は650kgくらい)

 カーペットすら付いていなかった、ストイックな車です。

 たまらんのぅ。

 

 今回の私の選んだ1台

 Lotus 23

f:id:mata1:20170803171928j:plain

 ずっとカウルが開けられていたので、車の外形が良く分からないですね。

f:id:mata1:20170803171940j:plain

 

 でも、このフレーム。

f:id:mata1:20170803171947j:plain

 フル・オープンで見せびらかしたいのもわかります。

f:id:mata1:20170803172042j:plain

 シフトレバーがシートとドアの間という、私のツボを突いてくるレイアウト。

 

 このマフラーが、また、、、、、

f:id:mata1:20170803172046j:plain

 た、たまらんのぅ。

f:id:mata1:20170803012003j:plain

 これがストリート・リーガルと言う所が、また驚きです。

 一枚目の写真、フロントのスクリーン内側にライセンスプレートが取り付けられています。

 いったい、どんな操縦性なんだろう。

 

 Sevenといい、EuropaS1といい、とにかく持ってけるもんは全部持ってって良いから、「走る」という事だけ残しておいて と言わんばかりの車づくり。

 コーリン・チャップマン*4という天才のその向き合い方に胸がキューってなります。

 どうも私は、物事に対する それさえあれば、後はいらん という向き合い方に弱いです。

 多分、私がそういう生き方をしていないから、憧れるのでしょう。

 その上、社名が「Lotus」って、、、儚い。

 大した角度では無いかもしれないけど、私の人生を少しは曲げられてますから、やっぱりLotusは特別です。

 

 会場の入り口付近には、この2台が停まってました。

f:id:mata1:20170803172213j:plain

 バスの方は自由に中に入れるようになっています。

f:id:mata1:20170806122509j:plain

 2階部分。

 

f:id:mata1:20170806122528j:plain

 2階から降りる階段。

 かなり狭い。

 ちゃんとここまで走ってきているんだから、タイミングが合えばそのシーンを目撃出来るのでしょう。

 来年は見られるかな。

 

 会場を後にして、帰る途中に駐車場で見つけた、珍しい(多分)一台。

 Royal Enfield

f:id:mata1:20170803172221j:plain

 これは、コンチネンタル?

 違うのかな。

 あんまり詳しくないので、情報は殆どなしです。

 むちゃくちゃ綺麗、きれいすぎ。

 後ろに見えるのも、Royal Enfieldみたいですが、この赤い方が好みだったので、こっちしか写真撮ってなかった。

 

 アメリカは日本と比べると英国車は弱いような気がします。 

 日本に居た時は、たまーにストリートでEuropaを見たけたりしたけど、こっちでは、まず見ることは無いです。

 Miniですら、今まで数台しか見た事が無い。

 日本では人気のVandenPlas Princessとかも、カーショーですら見た事無い気がする。

 昔はそれほどでもなかったけど、今見たらかなり惹かれそうに思うのだけれど、、、

 もしかしたら、来年来たら、しれーっと居たりして?

 

 今年も楽しかった。

 Queen'sEnglish でした。

 

*1:直6→シリンダーが縦に6つ並んだエンジン。長いです

*2:ウチにある240Zは、フロントに直6エンジン+SU2基と、ボディのシルエットはE-Typeに似ています。(Zは一本カムですけど)昔は英国車を参考にして作られた日本車が時々ありました

*3:オープンカーの事です。ちなみにオープンカーという言葉は英語ではありません。英国車はドロップヘッドクーペ等、アメ車はコンバーチブルとか言います。それに対して屋根付きはFixed Head Coupe (FHC)と英国では呼んでいます

*4:LotusCarsの創業者。とにかく自動車業界に残した功績が凄まじい