模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

Star Wars Ep.Ⅷ The Last Jedi ~少しの間、スタッフロールを見てから席を立ちましょう。

 こんばんは。

 

 公開されましたね、SW Ep.Ⅷ。

f:id:mata1:20171218124846j:plain

 もう見に行かれましたか?

 

 もうすぐ帰国するので、それの準備やら、心が落ち着かないやら で、映画館に行くのは日本から帰ってきてからにしようかな? と ちょっと思ったのです。

 しかし、公開してすぐの方が大きなスクリーンの部屋で見られるし、なによりもSWは公開してすぐ、一番混雑している時に見に行った方が、お祭り感が味わえるので、やっぱり行く事にしました。

 案の定。

 本編前の予告編が終わった時点で、既に拍手が起こり始め、ダァーン といつものホーンセクションの一発に、StarWarsの黄色い文字がスクリーン一杯になると、「Yahhhhh!!!」と言う図太い声援に、女性陣の高い声援も加わり、拍手喝さいです。

 

 最後にルークが登場して終わったEp.Ⅶから、もう2年経ったんですね。

 はぁ、早いなぁ。

 昨年のスピンオフもね、勿論良かったのですよ。

 でもね。

 やっぱりね。

 本線はね、格が違うというか、、、

 いや、多分色々と言う人は言うんでしょうけど、そういうのは もうどうでもいい って思えるくらい、良いですね。

 

 ん? って引っかかる事も無いわけじゃないし。

 うーん、って思う展開もあったりするはするけど。

 それを補って尚余りあり過ぎるほど、色んな事が響きました。

 

 ほんと、色々良かったんですけど、なんか、あのミレニアム・ファルコンという宇宙船、あれはホントに凄い役者ですね。

 セリフも無いのだけど、あの存在感。

 あれが登場するだけで、なんかもう勝った気がするあの信頼感。

 Piece of Junkなんて言われながら、もう全身にまとっているオーラが凄いというか。

 ファルコンが絡むと、それだけで涙腺が緩みます。

 うーん、やばいな。

 やっぱり避けては通れない。

 

 と言うわけで、皆さん 見に行きましょ?

 

 

 

 いつもなら、本編が終わってスタッフロールが始まると、混雑する前にすぐに席を立って出口に向かわれる方。

 出来れば、少し我慢してスタッフロールを暫く見ていてください。

 そして、想いを馳せましょう。

 

 本当に、ちょっとしたことなのですけど

 緩んだ涙腺は結界するかもです。

 

 

Cars&Coffee December 2017  (今年最後なのに大寝坊!)

 こんばんは。

 

 ずっと夏のような天気が続いていたLAも、やっと冬らしくなってきました。

 そして、もともと砂漠なカリフォルニアは、昼と夜の寒暖差がとても激しく、実は冬の夜はかなり冷え込んできます。

 といっても、日本の様に日常的に氷点下までなるなんて事はありませんけど、、、*1

 しかし、昼間はT-シャツで汗が出る陽気なのに、日が暮れると分厚いのをしっかり重ね着しないと外は歩けないくらいの差があると、体調を崩し気味になります。

 体調管理、気を付けましょう。

 

 今年最後のCars&Coffeeは、ものの見事に寝坊しました。

 しかも、結構派手に。

 いつもなら そろそろ帰るか と言う時間に現地入り。

 頭もシャッキリしていなかったので、写真も寝ぼけたようなのばっかりでした。

 最後くらいビシッと行きたかったのに、、、

 というか、アメリカンは朝が早いねん。

 まぁ、しょうがないので、いつもよりも枚数少なめのCars&Coffeeです。

 

 既に他の車は帰ってしまった後なのか、この日はアメ車が多かったです。

f:id:mata1:20171216174604j:plain

f:id:mata1:20171216162046j:plain

f:id:mata1:20171216174720j:plain

 ほんとうに綺麗な黒。

 

 

 アメ車 とは言えないのかな。

 Fors Escort

f:id:mata1:20171216174736j:plain

f:id:mata1:20171216174743j:plain

 

 F-Type、カッコいい。

f:id:mata1:20171216174959j:plain

 これはSVRだと思うのですが、F-typeの最高グレードですね。

 ストックで200mile/h近く出るそうな。

 音はV-8サウンドですが、アメ車のそれとはちょっと違う雰囲気です。

 

 

f:id:mata1:20171216175027j:plain

f:id:mata1:20171216175058j:plain

 

 

f:id:mata1:20171216175106j:plain

f:id:mata1:20171216175118j:plain

 

 Europa、薄いぜ!!

f:id:mata1:20171216175131j:plain

 横に人が居れば低さが良く分かったのですけど。

 今日はアメ車か英国車しか出てこないな。

 

 

f:id:mata1:20171216175144j:plain

 先日、LA AutoShowに行ってきました。

 カマロの新しいグレード なのか、特別仕様車 なのか、リアにでっかい羽根が付いているのが展示されていて、これがまたえらいカッコよかったのです。

 常に周りを人に囲まれていました。

 その時の模様は、また後日アップします。

 が、、、来年になりそうです。

 

 ホントは滅多にお目にかかれないDaytona coupeですが、ここで時々お目にかかるので、なんとなく珍しい車という感じがしない。

f:id:mata1:20171216175153j:plain

 でも、やっぱりカッコいいな。

 

 と、来たばっかりなのに、もう皆さんお帰りです。

f:id:mata1:20171216175201j:plain

 いや、私が遅かっただけです、はい。

 

 今年最後のCars&Coffeeでした。

 

 

 来年一発目、ちゃんと行けるかな。

*1:でも、極稀に氷が張る事もあるんです。

今年最後の集会と不動単車のお引越し (やっぱりキャブレター・セッティングは、夏と冬で要変更)

 こんばんは。

 

 今日(日曜)は今年最後の集会でした。 

f:id:mata1:20171211145018j:plain

(今日も一番乗り)

 

 上の写真、PCに撮りこんでみて気が付いたのですが、なんとなく白くもやがかかったように見えます。

 もしかしたら、山火事の影響かもしれません。

 先週中ごろから、ずっと煙の臭いがしたり、喉や目が痛くなったりしています。

 昼間なら車を運転していると、空気が濁っているのも見てわかる程です。

 

 12月に入って、さすがのLAも朝と夜はかなり冷え込むようになりました。

 で、今朝です。

 集会に行くのに240ZでFWYを走ったのですが。

 まぁ、調子の良い事!!

 かなり綺麗に吹けて、音も乾いた良い音が出ていました。

 実は、冬にキャブのセッティングを出したのですが、夏の間、つい忙しさにかまけて、セッティングを変更する事なく、ある程度は足で調整しながら乗れるので、そのまんま乗り続けてました。

 が、今日の朝、やっぱり気温が下がって来ると調子が明らかに上がっているので、やっぱりちゃんと季節によってキャブのセッティングは調整した方が気持ちいいな という事を再認識。

 って、何年乗ってるねん。

 割とマメにセッティングやシンクロは見ていたのですが、最近ものぐさになってたことを反省です。

 

 昨日の土曜日、友達のN君からヘルプの要請がありました。

 引っ越し中の彼、GSX-R750を持っているのですが、Offに転向して以来ストリートは乗らなくなってしまって、もう10年近くGSX-Rは登録も切られて、ずっとガレージに保管されていました。

 保管中のガレージから新居に移動させないといけないのですが、不動状態なのでトラックとドーリー(積車?)を借りての引っ越しになります。

 牽引車両は乗ったことが無いので、一緒に借りに行くところから手伝って? という要請だったので、ワクワクしながら手伝いに行きました。 

 先ずはトラックレンタル屋さんに行って、予約しておいたトラックをピックアップして、彼の旧居に向かいます。

f:id:mata1:20171211152608j:plain

 ちょっと分かり難いですけど、助手席と運転席の間は、シート一個分以上の隙間があるので、かなり横幅は広いです。

 後ろにドーリーを引っ張っているので、ちょっとの段差でもガッタン ガッタン、かなり大きな音がします。

 慣れていない分 二人とも「大丈夫か?」と最初はおっかなびっくりでした。

 取りあえず前に進む分には問題なく、目的地に到着です。

 借りたのはこんなの。

f:id:mata1:20171211152441j:plain

 前に進む分には良かったのですが、問題はバック。

 ドーリーをガレージ前に突っ込みたかったのですが、ヒッチで折れる感覚は初めてなので、N君は「え?え?わからん!!」と結局上写真の様に歩道に横付けして停めました。

 それを見ていて、もうムズムズしてしまったので、N君に「ちょっと、やってみていい??(ワクワク)」とお願いして、操縦させてもらいました。

 ヒッチが付いている車は、思っているのと反対にハンドルを操作しないといけないんですね。

 最初は「お?お??」と予想外の動きに喜びながら、何とか思ったように突っ込むことが出来ました。

f:id:mata1:20171211153322j:plain

 いぇい!

 そういえば、朝晩は冷え込む と書きましたが、昨日の日中は28℃まで上がりました。

 暑かったー。

f:id:mata1:20171211153838j:plain

 ドーリーにはフロントタイヤを嵌め込む場所と、横にはどうやってタイ・ダウンしたらよいかの簡単な説明が貼られていました。

 

 ちなみに、このトラックはU-Haulと言う、アメリカ中、どこにでも、あっちこっちにある、こういったトラックやドーリー専門のレンタカー屋さんで借りました。

 上の写真のが最小サイズで、基本料金が一日$19+保険料+走行マイル代がかかります。

 他州に引っ越しする時なんかは、トラックと車用のドーリーを借りて、家財道具一式をトラックに詰めて、自分の車はドーリーで牽引して州を越えて引っ越ししていく人も多いです。

 その場合は、借りたトラックは、引っ越した先のU-haulに返却すれば大丈夫です。

 

 10年放置されたGSX-Rは、予想通りタイヤもフラットで、ブレーキも引きずり気味。

 かなり押すのは重かったのですが、歩道のスロープの分もあって段差は殆ど無く、問題なく積み込み終了。

f:id:mata1:20171211154337j:plain

 あとはN君の新居に向かって、引っ越しは終了。

 久しぶりに日の当たる場所でGSX-Rを見たN君。

 「あーこの角度が好きだったんだよなー」とか言いながら、写真を撮ってました。

 多分、キャブレターのOHをして、バッテリーやタイヤを代えたら、すぐに動くようになるんじゃないのかな。

 彼もストリートに復帰しないかな。

 修理、手伝ってあげようかな。

 

 さて、後はトラックを返却すればミッション終了。

 その前に、借りる前の状態にガソリンを戻しておかないといけないので、ガソリンスタンドに寄りました。

 良い位置の給油ポンプが空いていれば楽なんだけどなぁ、と思っていたら、一列誰も使ってないレーンがあって、ラッキー。

f:id:mata1:20171211154441j:plain

 横にVWのバスが停まっていたので一緒に。

 すんごい極上車でした。

 給油も終わって、あとは返すだけ。

 

 大きなトラックやトレーラーを運転してるドライバーって、凄いね。

 道を塞いで切り替えしてる時とか、そういう目で見て、ゆっくり待ってあげないとね。

 と話ながらレンタカー屋さんに向かいました。

 

 いやー、楽しかった。