模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

庭の収穫 + ウリ(猫)の寝顔が怖い件(ある意味、閲覧注意)

 こんばんは。

 

 今年はトマトを植えました。

 

f:id:mata1:20170914170634j:plain

 

 

 とても沢山収穫出来ました。(まだ採れます)

 

 こちらでは日系のマーケットじゃないと売っていない桃太郎。

 メッチャ高いので、そうそう買えません。

 一度に沢山出来過ぎると食べきれないのですが、うちの子は賢い子で、いい感じで食べきれるくらいを、ずっと提供し続けてくれています。

 

 去年の年末休みを利用して、トマトを植える場所の土作りを始め、苗を植える時機まで週末毎に土を掘り返し、日光にあてて、野菜の皮や卵の殻等を土に混ぜ込んで、出来るだけ栄養のある場所を用意してやりました。

 

 で、いざ植えてみて、、、

 

 トマトの生命力、舐めてました。

 

 まぁ、大きくなるのが、速いこと、速いこと。

 

 はじめ支えに用意した棒は、すぐに背が足りなくなり、長いのに交換しても、またすぐに足りなくなり の繰り返し。

 世話を出来る週末だけでは、成長に追い付かず、結局、、、

 

 諦めて放置する作戦に変更(笑。

f:id:mata1:20170914171530j:plain

 小さい苗を3本植えただけなのですが、地下から、地上からも分岐して、ドンドン上にも横にも広がって、もはや何がなんだか、、、

 自重を支えられなくなって、地面を這っているものも沢山です。(トマト、這って成長してもちゃんと実を付けます)

 

 上に伸ばすと、私の背丈よりも遥かに高くなっています。

 

 来年は、最初からこれくらいに対応するつもりで、計画しよう。

 ほとんど屋根まで届くくらいなので、上手くやればトマトで緑のカーテンだ。

 

 

 いつもなら春に咲いて初夏には実を収穫できるプラムなのですが、今年は(というか、最近は毎年そんなことを言っている気もするが)なんだか変な気候で、なんと ここに来て花を咲かせています。

f:id:mata1:20170914171843j:plain

 (もう葉っぱも落ちる用意をしています)

 

 今頃花をつけても、これから寒くなっていくので、おそらく実を収穫することは出来ないでしょう。

 虫にやられて、今年は花も殆ど咲かせなかったので、これだけでもちょっとうれしい。

 

 

 それとは反対に、鉢植えのオロブロンコ。

 既に第一弾は結実しているのですが、これまた新たに大量に花をつけています。 

f:id:mata1:20170914172008j:plain

 これ全部結実しても、鉢植えなので栄養が足りなくなりますね。

 放っておいても、多分かなりの数が淘汰されて落ちてしまうと思います。

 凄腕の人なら、肥料や水をコントロールして、鉢植えでも鈴なりにさせるんですかね?

 第一弾はただいまこんな状態。

f:id:mata1:20170914172011j:plain

 なかなか美味しい実が収穫できるんですよ。 

 

 他にも、金柑、レモンも沢山収穫できそうだし、ネーブルは数は多くないけど、順調に大きくなっています。

 って、柑橘系ばっかりですね。

 

 

 さて、以前 猫のウリの事を紹介したことがあります。

 (この時は、リビングでエレキングを作っている時に乗ってきていました)

 

 

 リビングの椅子に私が座ると、すぐに飛び乗ってきます。

 と言うよりも待ち構えていて、作業部屋等からなかなか出てこないと 早くこっち来て座わらんかいな と催促するくらい。

 本を読んでいようが、お茶を飲んでいようが、工作をしていようが、お構いなし。

 

 この日も私がリビングでコーヒーを飲んでいると、飛び乗って来て ひとしきり腕を揉んだりなんだかんだしてから、私の腕に顔を突っ込んで寝てしまいました。

 リラックスするにつれて、顔を む、む、と強く押し込んでくるのですが、まぁ甘えている風にも見えるので、可愛いわけです。

 

f:id:mata1:20170916162331j:plain

 私から見ると、後頭部と背中しか見えていないのですが、これ、下から覗き込んだらどんな可愛い顔して寝てるんだろう と思い、相方(飼い主)に頼んで、ソーっと写真を撮ってもらったのですが、、、

 

 これがまた、想像とは全然違ってました。

 

 なかなかにインパクトがある寝顔なので、気を付けてください。

 

 

 

 

 

 行きますよ?

 

 

 

 

 

 

 

 ほれっ

 

 

f:id:mata1:20170916162429j:plain

 う、うっちゃん、

 怖いよ(笑。

 

 

 背中から見るだけにしておいた方が良かったです。

 

 

 

 

今度こそ、ほんとに見納め ~北米トヨタ ミュージアム

 こんばんは。

 

 この週末、毎年恒例になっているイベントの、スタッフ・ミーティングに召集されていました。

 会場はトーランス市にある北米トヨタ本社のすぐ近くにあるトヨタ・ミュージアムです。

 

f:id:mata1:20170912005324j:plain

 

 以前、話題に出したこともありますが、北米トヨタはカリフォルニア州からテキサス州に移転します。

 

f:id:mata1:20170913164525j:plain

 

 既に一部引っ越しも始まっていて、もうすぐ完全に引っ越しも終わり、業務もテキサスに移行するようです。

 f:id:mata1:20170912005343j:plain

 

それに伴い、日本人の駐在員を含む、大量の従業員もテキサスに移住していきました。

 f:id:mata1:20170913170108j:plain

 

 更に それに伴い、トヨタ従業員を当てにしているビジネスオーナー、例えば日本食のレストランを経営なさっている方等、もトヨタについてテキサスに引っ越していったようです。

f:id:mata1:20170912005330j:plain

 (左手のスカイブルーの86(FRS)はタルガ・トップ仕様、その右のワイン色のはFRSコンセプト)

 

 もう、ちょっとした民族大移動らしいです。

 

f:id:mata1:20170913165622j:plain

f:id:mata1:20170913165641j:plain

 (おお、今は無きSCIONの文字が、、、)

 

 トヨタ・ミュージアムは、基本的に一般公開されている施設では無いのですが、毎年この時期になると、スタッフの役得で見学をさせて頂いていました。

 

f:id:mata1:20170912005352j:plain

 

 が、トヨタが移動してしまうので、このミュージアムも閉館するようです。

f:id:mata1:20170912005350j:plain

 

 車は暫くはこのままここで保管と言う事らしいですが、もう人が入ることは、一部関係者以外は無くなるとか、、、

 

f:id:mata1:20170912005357j:plain

f:id:mata1:20170913170025j:plain

 

 

 メーカーが所有しているミュージアムなので、展示されている車両はどれも当時のまま、新車の様です。

f:id:mata1:20170913164709j:plain

 

 本当に見納めになってしまうのは残念です。

 

f:id:mata1:20170913170134j:plain

(車ばかりかと思ったら、他にも興味を惹くものが、、、、)

f:id:mata1:20170913170219j:plain

(誰のサインだろう、、、)

 

 日系企業や、商店が減ること自体、私の仕事には関係ないとはいえ、やっぱり近隣から日本のモノが減っていくのは、ちょっと寂しいですね。

 世間では、かなりの人間の移動があるので、住宅事情を含めた景気の影響まで心配されているらしいです。

 トヨタについてテキサスに引っ越しすることを望まない人は、職を失うという事なので、一時的に失業者も増えるという事にもなります。

 

 私の周りでも、テキサスに引っ越していった人も居れば*1、カリフォルニアに残る事を選んで、トヨタを辞めた人も居ます。

 

 そして、トヨタが引っ越した後、一体どんな企業がそこに入って来るのか、みんなの関心は今そこにあります。

 

 果たして、色々どうなるのでしょう。

 

 

 

*1:トヨタに勤めていたわけでは無いのですが、大きな変化があるときは、何かビジネスチャンスにつながるのでは?と引っ越して行った人も居ます 

ベース制作3 超簡単 ジオラマ用樹木の作り方 (ビリケン商会 エレキング制作 9)

 こんばんは。

 

 前回、ジオラマ・ベースの基礎が出来たところまで進みました。

mata1.hatenablog.com

 

 今回はそのベースに植える、木 を作ります。

 前回の地面や、特に岩を作るところ。

 本当に適当にちゃちゃっと、他の作業の合間に進めていた事だったので、途中の写真が殆ど無く、始まったと思ったら出来た みたいになってしまいました。

 

 今回は、もうちょっと途中の写真がありますので、も少し分かり易く説明できるといいな。

 と言っても、今回の作り方は昔からよく使われる手法なので、ジオラマを制作したことがある人なら一度は目にしたことがあると思います。

 

 さて、木ですが

 わざわざ作らずとも、ジオラマ用に売られている物を買ってきて使ってもいいのですが、それなりに高いので自分で作ります。

 費用も抑えられて、楽しいですしね。

 使うのは、電気工作に使う配線用のリード線。

f:id:mata1:20170906160125j:plain

 (ミントの空き缶を利用したワイヤー・ディスペンサー なーんて、大仰な、、)

 

 ごく一般的に工作に使われる赤とか黒とかの被膜が付いているものです。

 これのビニールの被膜を取り、銅線のみにします。

f:id:mata1:20170906160304j:plain

 

 あとは、、、半分に折って、それをプライヤーでつまんで、、、よりよりして、、、*1

f:id:mata1:20170827180714j:plain

 

 それを、途中で(文字通り)枝分かれさせて、、、ごにょごにょすると、、、

f:id:mata1:20170828170838j:plain

 ほら、あっという間に木になります。(木ですよ~~~~ 木に見えますよ~~~)

 この銅線をねじった感じが、そのままでも木っぽい感じになってくれます。

 

 

f:id:mata1:20170906160415j:plain

 (3つ作った)

 

 形が取れたら、次は塗装。

 ワイヤーのまま塗装をしても大丈夫ですけど、私は下地にジェッソを塗りました。

 下地はサーフェイサーでも、プライマーでも大丈夫だと思います。

 そんなに触るものではないので、塗装が剥げる事は左程心配しなくても良いでしょう。

 

 色は、木材っぽい色を何色か皿に出して、随時混ぜながら適当に筆塗りです。

f:id:mata1:20170828171457j:plain

f:id:mata1:20170828171636j:plain

すごくアップだと、ワイヤー感が凄いですけど、普通に目視だとそれほどおかしくは見えないんです。

 

 次は緑の葉っぱ部分。

 私はジオラマ用のスポンジを在庫していたので、それを使いましたが、どこでも売っている食器洗い用のスポンジでも同じ使い方ができると思います。

 目の細かい柔らかめのスポンジよりも、鍋の焦げなんかをガシガシ落とせる、目の粗い硬いスポンジが良いと思います。(どちらもミックスして使った方が面白いかな?)

 そして、出来れば緑色 のスポンジを使うと、塗装しなくても行けるかも。

 

 そのスポンジを出来るだけ細かくちぎって、更にその細かいピースを千切れるギリギリまで引っ張って割いた物を、手芸用ボンド*2で先ほどの木材に貼って行きます。

f:id:mata1:20170906160504j:plain

 一つのピースは2mm~5mmくらいにして張り付けて行きました。

 

 スケールを考えながら、隙間を作ったり、密にしたり、単調にならないように気を付けて貼っていきます。

 

f:id:mata1:20170828171839j:plain

 でけた! 樹木三兄弟♪

 

 私が気を付けた点

 大きめのスポンジをみっしり張ってしまうと、見た感じが重くなってしまいます。

 出来るだけ隙間を作って張り付けて、フワッとボリュームを出した方が、影が出来るので、メリハリが出て情報量が増え精密感も増すと思います。

 

 私はこういった 実際にある物 を作るときは、資料なり、なにか参考になるものをよく見てイメージを固めてから作る様にしています。

 レプリカを作るわけでは無いのなら、資料を見ながら作る まではしないですけど、うろ覚え選手権に全く自信がないので、自分の在庫のイメージだけで作ると上手く行かないように思います。

 毎日の通勤途中に沢山の木が植わっている場所が幾つもあるので、木を作ろう と思ってからは、特徴や、法則を意識して頭の中に作る木のイメージを固めていきました。

 上の3本とも、私の通勤途中にモデルの木があります。

 

 いつもなら、この後葉っぱの部分にエアブラシを使って、上から軽く薄い緑や黄色を被せて、明暗を付けたり、少し枯れかかったところを表現したりするのですが、さっさと仕上げようと思っていたら、すっかり忘れてしまいました。

 

 まぁ、エアブラシで少し乗せるだけなので、いつでも追加可能です。(結局まだやってない(汗)

 

 今回はここまで。

 次回こそはベースが終わって、調子が良ければウェザリングまで、、行ける?

 

*1:同線の本数を多くしたいために半分に折っています。短く切ったワイヤーを何本分か使っても同じことです

*2:なんでもいいです、私のはダイソーで買った