模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

実は、、、まだ西海岸では日本の旧車は熱かったのです。(前編)

 い、いかん。

 ブログ書くのが全然追いついていない、、、

 

 こんばんは。

 今日は毎年参加している日本の旧車イベントの件です。

 ちょっと前の話になってしまいましたけど、写真メインなので気にせず行きます。

 

 いつものように、このイベントはスタッフとして参加しているので、日の出前のまだ真っ暗な時に、仲間と合流して現地入り。

 開場に向けての準備から始まります。

 

 

 

f:id:mata1:20171120170109j:plain

 Hondaの展示車両として持ち込まれているRC-30

 ここ何年か毎年展示されていますが、メーカー保管の新車です。

 今見ても、本当にカッコいい。

 

 お日様も顔を出し、各ブースも設営を始めました。

f:id:mata1:20171120170131j:plain

 

 私は展示車両の誘導が朝の仕事なので、持ち場や誘導の段取りに関するミーティングの後、持ち場にて待機。

 今年の持ち場はベンダーの案内だったので、一般展示車両の入場よりも早い時間に終了。

 いつもよりもちょっと余裕がありました。

 そしたら、目の前をこんなのが走っていきました。

f:id:mata1:20171120170422j:plain

 すごー、「俺の単車」と言う感じ。

 

 女性ライダーの乗るヨンフォア。

f:id:mata1:20171120170437j:plain

 こうやって見ると、やっぱりカタナよりも大分小さいですね。

 いいなぁ、ヨンフォア。

 と、ノンビリ車両の入場を見ていたのですが、どうも今年の誘導を担当していたスタッフは、初めての人が多かったらしく、全然違う所に車を誘導したりして、奥の方が軽いパニック状態になっていました。

 で、急遽入り口付近の誘導に駆り出されてしまいました。

 いやー、走り回ってくたびった。

 

 色々あったものの、無事に全ての車両の入場が終わり、ゲートが閉じられて、一旦解放されました。

 

 さぁ、ドンドン写真を載っけて行きます。

 

 これは珍しい。

f:id:mata1:20171120170716j:plain

 117クーペはこちらでは本当に見ない車です。

 こっちにも来てたんだ、、、と思ったら、、、

 右ハンドル?に見えますね。

 現地では気が付かなかった。

f:id:mata1:20171120170611j:plain

 にしても、きれいだのぅ。



f:id:mata1:20171121182649j:plain

f:id:mata1:20171121182702j:plain

 

f:id:mata1:20171121182823j:plain

 

f:id:mata1:20171121182849j:plain

 

f:id:mata1:20171121182938j:plain

 タイヤがすごいな、、、

 

f:id:mata1:20171121183000j:plain

 

f:id:mata1:20171121013018j:plain

 

 綺麗なFC・・・

f:id:mata1:20171122165025j:plain

 もうロータリーはほとんど街中で見なくなってしまいました。

 FD、FCなんか、ほんとに少ないです。

 まだSAの方が見るくらい。

 白いFC、いいなぁ。

 と思ったら。

f:id:mata1:20171122172648j:plain

 すごいSAも居ました。

 

 

f:id:mata1:20171122165144j:plain

 

f:id:mata1:20171122165236j:plain

 

f:id:mata1:20171122170406j:plain

 

f:id:mata1:20171122172546j:plain

 

f:id:mata1:20171122170616j:plain

 なんかこう、、

 小さくて、頭と身体のバランスがおかしくなっているトラックは妙に惹かれます。

 かわいいな。

 

 そういえば。

 朝の誘導が終わった時、デルソル(こちらではデルソルとは言わないのですが、、、名前忘れました)のオーナーが、ハードトップを外していました。

 確か私の記憶が正しければ、日本では電動で自動収納だったような、、、

 オーナーと話をしたところ、彼も日本仕様は自動収納という事は知っていて、北米仕様にはその機能が付いていないそうです。

 ところが、自分で外さないといけないものの、外したハードトップはトランクに入れることが出来るようです。

f:id:mata1:20171122170651j:plain

 しかも!

 トランクの蓋の下(内側)にはハードトップ収納用のラックが付いていて、トップをトランクに入れてもトランクリッドと一緒に跳ね上げることが出来て、トランクはそのまま使えるようになっていました。

f:id:mata1:20171122170659j:plain

(蓋とトップが重なって開くようになっています)

 出先でハードトップを外して収納できるだけでなく、トランクも使えるという。

 ホンダ、すげーな。

 

 今年のうちの子。

f:id:mata1:20171122165954j:plain

 毎年、うちはクラブで登録しているので、仲間の車と一緒に並べているのですが、今年はイベント直前に連絡があり、Mr.K*1のZGと一緒にGノーズ仕様のZを3台並べて特別展示する という指示があり、割と目立つ所に並べられておりました。

 奥の黄色いのがMr.Kの240Zです。

 イベント直後、ネット上の色んな所でうちの子の写真が上げられていたらしいです。

 

 写真の枚数がいい感じになってきたので、今日はこの辺で。

 

 後半に続きます。

 

 

*1:北米日産の初代社長。当時240Zのオーナーでした。

BladeRunnner2049に便乗 過去作品 ~DOPPELGÄNGER PRODUCTIONS PK-D ブラスター (デッカード・ブラスター) 完成写真

 こんばんは。

 

 本当は2回に分けるつもりでは無かったのですが、相変わらず短くまとめるのが下手なので、前置きが長くなりすぎてしまいました。

 

 と言う訳で、完成写真です、、、が。

 制作途中の写真は全く残ってなかったので、少しコメントを加えながらアップします。

 

 最初は2010年撮影、完成直後の写真から。

 今、改めて見ると、完成当時は塗装がまだ綺麗でした。

 では、全景から。

f:id:mata1:20171115181234j:plain

 会社で撮影したので、銃を持つのは同僚にお願いしました。

 このブラスターのキットは、ほぼ全部レジンで出来ていて、大部分が一体形成です。

 トリガーが動く以外は何のアクションも無い、タダの飾りもの。

 プラスティックのおもちゃの銃に見えるか、金属の塊に見えるかは塗装の上がり具合にかかってきます。

 f:id:mata1:20171115181322j:plain

 でもって、塗装の出来を決めるのは、下地作業の上がり具合です。

 金属製の雰囲気を出すように、光源の映り込みが綺麗に伸びるように、面出しに気を付けました。

 と言いながら、面出し 途中で挫けてしまってます。

 写真で見ても、粗が、、、

 

  当時、北米ではMr.Color(日本の代表的ラッカー系塗料)は販売されていませんでした。

 普通に手に入るタミヤのアクリルをメインフレームに使うと、ブレードランナーごっこをした時に、ペイントがすぐに剥がれそうだったので。黒い所はタミヤのスプレーを使い、金属色はAlcladを使っています。

 

 黒い部分は、上からタミヤ・アクリルカラーのクリアー・ブルーを重ねて、ブルーイングの雰囲気を出そうと試みていますが、写真では全く分からないですね。

f:id:mata1:20171115181356j:plain

 この写真では、赤いLEDは点灯しているのですが、、、最近の高光度LEDと違うので、光ってんだか、光ってないんだか、今一つ分からないですね。

 このLEDが未来の銃という感じを醸し出しているのに、、、惜しい。

 所々に見えるネジ達も、殆どがレジンの一体形成だったので、可能な所は削り落として同じサイズのネジ(本物)に植え替えたりしています。

 

 ここからは今回の更新の為に最近撮った写真です。

 2017は2010と比べると、艶が落ちてますねぇ。

 磨きなおさないとな。

f:id:mata1:20171115181506j:plain

  (げ!WBが、、、、(ホワイトベースじゃないよ))

 このオレンジ色のグリップ、確か設定では琥珀だった様な気が、、、

 キットのグリップは、綺麗で鮮やかなクリアーオレンジ(ファンタオレンジみたい)のレジンで形成されていたのですが、劇中のイメージではもうちょっと暗い感じがしました。

 そこで、グリップの内側からブラック・スモークを塗装してあります。

 クリアーレジンなので、色が内側に反射して、全体が暗く見えるようになります。

 そして表面は研磨してピッカピカにしました。

 

 おお、そうだ、思い出した。

 このグリップ、左右を合わせると結構なズレがあって、フレームを挟んでみてら、フレームとも合ってなくて、、、

 グリップでフレームを挟んだ状態で鑢で一気にゴリゴリ削って形態修正してたような気がします。

 

 フレームのグリップエンド手前の傷

f:id:mata1:20171117173334j:plain

 塗装が削れて地金が見えているのですが、これは発想の転換で、傷部分を鑢でガリっと削っておいてから黒を塗装して、黒の艶出しが終わってから地金部分をAlcladで塗装。

 傷からはみ出した部分はコンパウンドで磨いて取り除きました。

 墨入れと同じ要領です。

 Alcladは塗膜が弱いので簡単に取り除けます。

 ただ、もうちょっと鉄っぽい色を入れた方が良かったかもしれません。

 

f:id:mata1:20171117173354j:plain

 グリップエンドはアルミの削り出しっぽくしたかったので、少し粗目のペーパーでフライス盤加工の跡みたいのを付けてから塗装しています。

 

 このキットを作るとき、劇中でのブラスターの登場シーンをスロー再生したり、一時停止したりして、参考にしたのですが、私の近くには映画を全編スローで見て隅々まで分析したような人がいます。

 いったい何時間かかるんだ?

 殆ど変態ですね。

 BladeRunner好きには、そんなハードなファンが沢山居るので、この作品もアチコチ突っ込まれそうですが、これはこれで 何とか完成に漕ぎ着けたアメリカ産のGK と大らかな目で見て頂ければ嬉しいです。

 

 完成したブラスターをどうやって保管しようか と考えて、結局、板を加工して引っ掛けられるようにしたものを作り、壁に掛けられるようにしました。

f:id:mata1:20171115181700j:plain

 が、何となく埃が付いたら二度と取れなくなりそうな気がしたので、完成品用のガラス・キャビネットに入れています。

 

mata1.hatenablog.com

 

 最後に

 このキットが完成して、箱は邪魔になるので捨ててしまったのですが、パッケージは剥がして残しておきました。

 で、前回の記事を書いているときに、パッケージの写真を載せようと思ったのですが、仕事場に保管していたことをその時に思い出しました。(これも2回に分けた理由の一つ)

 しかも、ブラスターが完成した直後、会社が移転したため、バタバタに巻き込まれてそれ以来見ていません。

 うーん、と記憶を遡って、、、あ、あれと一緒にあれに入れて、あの箱に入れて、あそこに箱を置いた? と思い出し、倉庫をチェックしたら、見事に発見! (2日前の事)

 アメリカGK史の資料的価値のあるパッケージ、危うく行方不明にするところでした。(←大仰な、、、)*1

f:id:mata1:20171117003202j:plain

 

 まさかのBladeRunnerの続編公開に便乗して、過去作品 デッカード・ブラスターが日の目を見ることになりました。

 

 こんなマイナーな内容に最後までお付き合いくださって、ありがとうございました。

 

 

*1:おそらく、 ふ~~ん で流されてしまう事柄なのでしょうけど、自分的には「Yes!!Good Job!!!」と自分に言ってやりたいくらいの出来事でした。

今このタイミングで出さなくて いつ出すの? 過去作品 ~ デッカード・ブラスター 入手編

 こんばんは。

 

 先日、BladeRunnner 2049のレビュー記事を上げました。

mata1.hatenablog.com

 

 前評判が余り良く無かったり、初日は興行的に思わしく無かったり と言うようなことを書きましたが、後日 その時に公開中の映画をまとめて評価するようなトピックを読みました。

 公開中の映画を 見ておくべき映画、見ても良い映画(条件付き)、みなくても良い映画、とはっきり3つに分けて、その上で1本ずつ個別にポイントが書いてあったのですが、、、

 その時点で、BladeRunnner2049は 見ておくべき映画 の筆頭に挙げられていて、かなり評価が高くなっていました。

 相変わらず、まだ興行収益的には余り良くないみたいでしたが、映画として良い と認める人も増えてきている様でした。

 

 という事で、先日のレビューに関連して、過去の作品を紹介させて頂きます。

 2049の中でも、効果的すぎる使い方をされた、通称「デッカード・ブラスター」です。

 

 今から約17-18年ほど前、友人のS君が突然こんなことを聞いてきました。

 「オレンジ、ブレードランナーって知ってる?」

 「ん?映画の?勿論知ってる。大好きな映画」

 「おー。オレンジってプラモデルとか、作る?」

 「今は道具も何も無いからやってないけど、ずっとプラモは趣味だよ」 

 「実は、以前にブレードランナーに出て来る光線銃のプラモデルを買ったんだけど、なんか全然分からなくて、、、。電球とかついているけど、電池繋いでも点かないし、説明書もないし、普通のプラモじゃ無い。ずっとほったらかしになってるんだけど、、、欲しい?」

 「(ブレードランナーの光線銃って、、、デッカードのブラスターの事か?まじで?)え?どんなのか分からないけど、作らないの?いらないの?だったら欲しい!」*1

 「じゃ、あげる。でも一つ条件があるんだけど、完成したら見せて?」

 「あげるって、タダでいいの?完成したら見せるのはいいんだけど、今は道具とか全く持ってないから、いつになるかわかんないよ?」

 「あーいい、いつでも。出来たら見せて? じゃ今度持ってくるね。」

 という流れで、後日S君が持ってきてくれたのは、なんとDOPPELGÄNGER PRODUCTIONSのガレージキット(以下GK)だったのです。 

 

 GKと言うのは、書物で言えば自費出版、音楽で言えばインディーズ みたいな感じで、原型師が制作したオリジナル原型を(主に)シリコンで型取りして、レジンを流し込んで作ったような、文字通り自宅のガレージで複製した様な模型です。

 S君が作れなかったのも無理もない事で、一般的なGKは(アメリカ物は特に)、シリコン型の歪みやズレ、何度か複製すると千切れてしまって部分欠損があったり、レジンを流した時の気泡の巻き込みや、硬化時の発泡等々、かなりプラモ経験が無いと完成させる事が難しい場合が多いです。*2

 ちなみに、彼が電池を繋いでも点かなかった電球というのは、LEDでした。

 普通の乾電池では電圧不足で点灯しなかったのです。

 

 彼が持ってきてくれたドッペルゲンガーのブラスターは、一応名の通ったデッカード・ブラスターのGKで、制作当時はインターネットも今の様に普及してなかった時代のうえ、もともと資料が殆ど無かったブラスターなので、デザイン等謎の部分が多く、この原型師も相当のリサーチをして制作したのでしょう。

 その後、映画で使われたプロップが発見されたこともあり、今ではデザインの詳細も明らかになっているので、ドッペルゲンガーのキットも色々と差異がありますが、、、今となっては と言う感じで、大幅な改修をする気も無ないです。

 

 さて、制作を始めたのは、入手してから何年たってからだろう、、、

 ようやく道具や材料を揃えることが出来て、プラモデルの趣味を再開。

 遂にこのキットに手を入れることが出来る様になりました。

 そして、いざ制作を始めてから、コレはとんでもないキットだという事を再認識。

 銃身は勿論円筒状のはずなのに、シリコン型が歪むわズレるわ、平面であるはずの場所は波打ってるわ、気泡は鬼のように入ってるわ、、、ひどい状態でした。

 永遠に終わらないんじゃないか? と思うような形態修正、気泡除去、表面処理。

 もう出来云々よりも、完成させて形に出来ただけで自分を褒められるくらいです。

 結局、完成したのは2010年だったようです。

 そのころは、S君は仕事も変わり、完全夜型の私に対して、彼は超朝方の生活になり、休みも平日のみ と、全く時間が合わなくなってしまい、合う事もほとんどなくなってしまったのですが、完成したブラスターの写真をメールで送ったところ、もうスッカリそんなことは忘れていたらしく、こんなのあげたっけ? みたいな感じでした。

 とにかく、約束が果たせたので、やっと私は一つやらなければならないことが減ったような気がして、ちょっと楽になりました。

 

 えーと、前置きが思ったよりも全然長くなってしまいました。

 途中の写真は無いので(確か撮ったと思うのだけど、探しても見つかりませんでした)、完成写真は次回にアップします。

 

 あまり需要の無いモチーフだと思いますが、入手がかなり困難なキットです。*3

 興味のある方は近日中に更新しますので、また遊びに来てください。

 

 

*1:ブラスターって、光線銃と言うよりは、熱線銃?

*2:最近の日本のGKは、機材も材料もアップデートされて、殆ど気泡も見られないような、超ハイクオリティなレジンキットも多いです。

*3:Ebayにも滅多に出てきません