模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

期待以上!!One Cut of the Dead「カメラを止めるな!」見てきました! ~Japan Film Festival LosAngeles 参加作品

 こんばんは。

 

 少し前から日本でとても話題になっている映画、「カメラを止めるな!」

 ものすごく興味があって、見たい!!と思っていましたが、勿論こちらで見る手段といえば、ソフト化して発売されるまで待って見る以外には無いな と、見るまでに暫くかかるなぁ、早く見たいなぁ とぼんやり思っていたのですが、、、

 今年のJapanFilmFestivalで上映されることになりました!!

 もうね、すぐにチケットを購入しましたよ!!

 元々映画を見る前には余計な知識は入れないようにするタイプですが、この映画は殊更にその方が楽しめるらしいという前評判を入れていたので(結局入れてんじゃないか?)、予告編を見る事も避けて楽しみにしていました。

 

 そして今日、ロサンゼルス ダウンタウンのリトル・トーキョーにある会場のJapanese American National Museumに行ってきました。

f:id:mata1:20180819164219j:plain

 ちょっと変わった建物でした。

 上から見たら3角なのかな?

f:id:mata1:20180819164255j:plain

 昔から残っている建築っぽい雰囲気の建物の一角に増築されたような新しい部分が会場となっていました。

 映画館ではない という事は知っていたので、どんなところで上映されるんだろう と思っていたら、かなり小さめの講堂?の様な場所でした。

f:id:mata1:20180819164517j:plain

 小さめではありましたが、ほぼSoldOut状態だったみたいで、入場して暫くした時には司会の方が開いている席を未着の人に教えていました。

 現在、リトルトーキョーでは2世ウイークというイベントが開催されている最中で、来場者の中には浴衣を着ている人もいらっしゃった様です。

 

 全員が着席しているのを確認して(基本的にこちらの映画は立ち見はありません)、司会が挨拶と映画の紹介をしました。

 その中で、この映画は2500ドルの予算で撮影された と説明があったのですが、すごいですね、ビックリしました。

 日本人以外のお客さんも多く、映画は日本語音声に英語字幕という形式で上映されました。

 さて、肝心の映画ですが。

 絶対に予備知識無しで見た方が良いと思います。

 ほんとに、余計な事を調べなくて良かった と思えた映画です。

 なので、内容については何も言えません、、、が!

 むちゃくちゃ良かったです!

 超絶おススメします!

 かなり期待していたのですが、いい意味で完全に期待を裏切られ、構想から脚本から伏線の張り方に回収、それにこの低予算、、、素晴らしいの一言。

 莫大な予算を掛けて制作された大作を見るのも勿論良いのですが、そういうのとは別の次元で楽しめる、新しいスタイルの映画でした。

 しかし、新しいジャンルの開拓か というとそうでもなく、同じような映画をもう一度 というと、これはかなり難しそう、、、

 何より、単純に撮るのは相当大変だっただろうな というか、難易度が恐ろしく高そうに思います。

 脚本家スゲーと何度も驚きました。

 いや、ちょっと書き過ぎました。

 とにかく、観客が一丸となって楽しめたという事は、満場の拍手で上映が終わった という事ではっきりとわかりました。

 ほんとにおすすめです。

 未だ興奮冷めやらぬ状態で書いています。

 是非何も知らない状態で見て、この感覚を味わって頂きたい。

 見ていない人とはこの映画の話は出来ませんから、、、

 

 日本ならまだ上映している映画館もあるのでしょうか?

 もし見られるのなら是非映画館に足を運んで見てください。

 なるべく白紙の状態で、ね。

 

 あー、もういっぺんみたい、、、

 

 

 駐車場への帰り道、ビルの向こうに見えたロサンゼルスのシティホール。

f:id:mata1:20180819170744j:plain

 

 今日は「カメラを止めるな!」の前に「羊の木」という映画が上映されていたようですが、こちらもとても良さそうな感じ。

 ちょっと早めに来て、これも見たら良かったかな。

 

 とにかく、良い映画を見られて大満足。

 来年はどんな映画を持ってきてくれるのでしょうか。

 もう今から楽しみです。

 

 

完成! 福崎町観光協会 河童の河次郎(がじろう) 制作記 8

 f:id:mata1:20180809172620j:plain

 

 こんばんは。

 なんだかんだで結構時間がかかってしまった「河童の河次郎 制作記」

 ようやく完成写真の公開と相成りました。

 

 制作の過程については既に公開しているので、何処に手間取って、どんな失敗があったかはバレちゃっていますが、完成写真の撮影もかなり手こずってます。

 モノが小さいのと、全体がクリアジェルでじゅるじゅるになっているので、反射がものすごいのです。

 例えば、トレーシングペーパー等で照明をもっとボカシてやればよかったのでしょうが、撮影時の対応では全然不十分だったようです。(ディレクターに見られたら怒られそうです)

 トップ写真は自然光で撮影したので、その辺が丁度良い塩梅になってくれて、一番うまく撮れたかな?という写真です。(そいつを最初に持ってきてしまった、、、)

 

 では、ガジロウさんの完成写真、まずは全身ぐるり。

f:id:mata1:20180814154249j:plain

 

 

f:id:mata1:20180814154306j:plain

 

 

f:id:mata1:20180814154321j:plain

 

 

f:id:mata1:20180814154333j:plain

 

 ベースの岩は龍王石をイメージして塗装しました。

f:id:mata1:20180814154752j:plain

 

 組み立て説明書では、舌は口に接着するように指示されていますが、舌が引っかかる丁度良い閉じ具合を探って口を固定。

f:id:mata1:20180814154409j:plain

 舌を引き出せるようにしています。

f:id:mata1:20180814154422j:plain

 

 

 大きさはこれくらいです。

f:id:mata1:20180814154453j:plain

 

 

 最初のタイトル写真は、またもや超ハイテク(ノロジー)機材+超絶ハイテク(ニック)を惜しみなく投入した特撮です。

 特別にメイキング写真も公開します!

f:id:mata1:20180810172425j:plain

 (ロケ地 またもや裏庭)

 今回は脚立は使わずにバケツのみでオッケーでした。*1

 原始的な方法ですが、色温度には気を使っています。

 鬱蒼とした森の中にある沼 のイメージを出したかったので、まだ暗いうちに用意にかかり、日が昇る直前の青い自然光を使って撮影しました。

 バックは鉢植えのデュランタ。

 鬱蒼とした森 雰囲気が出ていたら嬉しいです。 

 最後の写真は、撮影中に日の出が近づいて来て色が変わり始めてしまったのですが、日本語タイトル写真です。

f:id:mata1:20180810173444j:plain

 

 小さくてパーツも少ない分、じっくりと塗装を楽しめた河童の河次郎 制作記。

 最後までお付き合いくださってありがとうございました。

 

 最初から制作記を読んでみよう という方はこちらからどうぞ。

河童の河次郎(がじろう) カテゴリーの記事一覧 - 模型じかけのオレンジ

 

 

 

fukusakikankou.stores.jp

fukusakikankou.stores.jp

 

 

 

*1:エレキングの時はもうちっと高度な特撮を駆使しました。参照

伸びるゴム靴紐はコンバース・ハイカットと相性が良いと思う 脱いだ後の立ち姿が綺麗。

 こんばんは。

 

 前回の帰国時に「これは便利かも」と思って買ってきたアイテムの一つに、ゴム製の靴紐があります。

  この靴紐の事を知ったのは、こちらの記事でした。

blog.soboku.jp

 

 そんな便利なものがあるのか と帰国時の買い物リストに入れておきました。

 

 突然ですが、コンバースのハイカット、大好きなんです。

 通勤にも使っているし、休日もよく履いているので、多分周りの人からのイメージだと、いつもコーバース履いてる というイメージが付いているのでは と思うほど。

 私は、くるぶしが出る靴を履けないので(心の問題)、基本的にブーツしか履きません。

 仕事は機械の操作をしたりするのに足も使うので、ブーツだとちょっと動きにくいし、趣味で乗っている車はゴツイ靴では運転しにくいので、そういう時にはコンバース・ハイカットがとても重宝しています。

 

 が、ハイカットは紐をしっかり結んでしまうと、脱ぐときは結構下の方まで緩めないと脱げない上、そうすると履くのも下から締めてこないといけないので、いつも玄関先でモタモタすることになります。

 まぁ、今までずっとそうしているので慣れていると言えばそうなのですが、もしこの伸びる靴ひもが使える物なら、脱ぎ履きがとてもスムーズになりそうです。

 

 という事で、少し前に通勤用のコンバースを新しくした時、伸びる靴紐を通してみました。

 

 使ってみた印象は、やっぱり今まで紐で締めていた時と比べると、伸縮する分ゆるいというか、脱げることは無いのだろうけど、脱げそうな気がします。

 でもそれは、サッと履きやすいように と紐を緩めにしていた事も原因で、ちょっときつめにしたらその感覚はマシになりました。

 暫く使っていたらそんなに気にならなくなりましたが、本気でスポーツにハイカットとゴム紐の組み合わせで臨む人は居ませんよね?

 普通に生活するくらいなら問題なしかと思います。*1

  

 履き易さは、相手がゴムなので、足を突っ込む時にベロをグイッと引っ張って横にも開くのですが、隙あらば閉じようとしますから、ちょっと慣れが必要かもしれません、が、脱ぐのはムチャクチャ楽です。

 両手に荷物を持っていたりしても、ハンズフリーでサクッと脱げます。

 これは便利!

 脱げそう感もすぐに慣れて、十分実用的でかなり使えます。

 

 

 さて、実用的なメリットはそんな感じで十分あったのですが、私が使ってみて これはすごく良い!! と思った所は他にあったのです。

 コンバースを履いている方で、紐を通す輪っかの左右の間隔に気を使う方は多いと思います。

f:id:mata1:20180804172149j:plain

 (一番上には紐を通さない派です。)

 好みはそれぞれで、隙間を広く取って崩して履く人や、締めあげてタイトにする人。

 人によっては、この隙間を完全になくす人も居るとか。

 私はある程度狭い方が好きなので(上の写真くらい)、普通の靴よりも1-2サイズ大きめを履いて紐で締め上げています。

 しかし、作業時にきつめに締め上げるとつま先をグッと曲げないといけない時には鬱血しそうになります。

 作業性を取って少し緩めておくと、曲げ伸ばしを繰り返すうちに段々紐が移動して、広がってるところと狭い所が出てきてラインが崩れてきます。

 しかーーーーし!

 ゴムの紐だと一度広がっても自然にテンションが均一化されて、動いている間に隙間が綺麗に揃ってきます。

 いつ見ても隙間が広がる事もなく、ラインが綺麗なのはとても気持ちが良いです。

 

 もう一つとても良い事が。

 ハイカットは脱ぐときに紐を結構緩めないといけないので、その後は口がガバッと開いて、紐がヨレっと垂れます。

 そしてくるぶし部分の立ち上がりもひしゃげてしまいます。

 そのヤレた感が魅力的でもあるのですが、もうちょっとシャンとしてほしい場面もあるわけです。

 ゴム靴紐は解くことなく靴を脱げるので、紐がデレっとなる事が無いだけでなく、弾力である程度締まってくれるので、立ち上がりがシャキッとしてくれます。

 布製のブーツなので、両側を合わせて締める事で補強されるようです。

f:id:mata1:20180804171933j:plain

*2

 ね?

 立ち姿が綺麗だと思いませんか?

 写真を撮るために整えたわけじゃ無く、仕事から帰って脱いだ状態で、いつもこんな感じになります。

 ただ脱いで放置するだけなのに、めっちゃくちゃキチンとそこに佇んでいてくれます。

 問題を上げるとすれば。

 紐の質感自体が余り良くなく、特に結び目辺りでそれが目立ってしまいます。

 ちょっとゴジゴジした感じで、ちゃっちく見えてしまいます。(ちょっとジジむさいかも、、、)

 なので、便利と言えども通勤用以外のコンバースには使ってない というのは、まだ大きな声では言えません。

 もうちょっと長ければ結び目の所も綺麗に見えると思うのですが、私が立ち寄ったお店にはこれ以上長いものは無かったです。

 とはいえ、ハイカットであれば(裾で隠れるのなら)基本的に結び目は見えることは無いので、余り気にしなくても良いと思います。

 

 と言う訳で、伸びる靴ひも。

 ただ便利というだけでなく、履いている時も、脱いだ後も、見た目がスッキリします。

 マニアからしたら邪道になるかもしれませんが、伸びーる靴紐はコンバースのハイカットととても相性が良いと思います。

 たとえローテク・スニーカーでも足元がスッとすると、気持ちもシュッとします。

 100均で買えるものなので、試して見る価値ありだと思います。

 

 

 

*1:軽くジョギングする程度なら全然問題無しでした。

*2:アメリカなので、玄関もリビングも面一の板の間です。恐らく60年以上前の板の間なので見苦しいのは許してください。