読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

敷地から一歩も出ない日曜日 (裏庭のあれやこれや と American Beauty)

 こんばんは。

 

 週末の土曜日は、仕事関連のコンベンションに参加していました。

 人混み、苦手です。

 知っている人に会う人混みはさらに苦手で、頭痛も出てきてかなり疲れました。

 そのせいか、日曜日は珍しく自分ちの敷地から一歩も出ないで過ごしました。

 もともと毎週日曜日は水槽の水替えをしたり、庭の仕事をしたり と家の雑用は沢山あるので、取りあえず庭に出てみると、足元から何かがバタバタっと飛んでいきました。

 あ!バッタ!!!

 と目で追うと、窓にぴとっと張り付きました。

f:id:mata1:20170525165849j:plain

 大きさは大体6-7cmだったかなぁ。

 バッタなんて滅多に見ないので、大喜びで写真撮りまくりました。

f:id:mata1:20170525170020j:plain

f:id:mata1:20170525170034j:plain

 ものすごいトゲトゲ。 

 でもって、太ももは鱗の様にびっしりと細かいパネルで外骨格を作っているんですね。

 なんて綺麗な。

 咄嗟にバッタ と思いましたが、これはツチイナゴっていうのと同じなのかな?

 (id:yuuko1220)りあさん、これなんですけど、おんなじですか?

 

 散々接写で楽しんだ後は、BBQグリルの掃除+メンテ。

 次の週末はMemorial Day Weekendで連休です。

 なんとなくカリフォルニアでは、このメモリアルデーがその年のBBQ初め みたいな雰囲気なので、それに向けて壊れた部品を交換したり、バーナーの掃除等をしておきました。

 週末は焼くよ~。

 

 今年は野菜を2種育てているのですが、折角育てるなら余り売っていない物 という事で、日本のピーマンと桃太郎を植えました。

 こっちのピーマンは、やたらデカくて肉厚で、全く苦みも無し。

 個人的に日本のピーマンの方が好きです。

f:id:mata1:20170525171321j:plain

 プランターに2本育てていますが、ムリムリとピーマンが育ってきています。

 花芽も全部数えたら20個くらいずつ付いています。

 

 桃太郎も良い感じで育ってきています。

f:id:mata1:20170525171326j:plain

 ちゃんと美味しく育つように、肥料と水の加減を注意しないと。

 

 最後のレモンも収穫しました。

f:id:mata1:20170525171330j:plain

 でっかいでしょ?

 しかも丸いし(笑

 でも、間延びした味ではなく、結構おいしいですよ。

 

 鉢植え等に、気が付くと何処からともなくやって来る、いろんな雑草がありますが、葉っぱが可愛かったりすると庭に移動させたりすることがあります。

 すきな水草(水槽で水草育ててます)に葉っぱが似ている という理由で残しておいた雑草から、えらい可愛い花が咲きました。

f:id:mata1:20170525172118j:plain

 ちょっとずつ増えてきたこの雑草、名前もわからないのですが、小さい花が咲きます。

 直径が5mmちょっとくらいの花ですが、午前中は上の写真の様に咲いているのですが、午後になると閉じてしまいます。

f:id:mata1:20170525172250j:plain

 また閉じたところも可愛いのです。

 庭一面、こんな感じのいろんな雑草で埋まって、季節ごとに色んな花が咲いたら面白いな。

 

 この週末に見た映画は「American Beauty」でした。

 (もしかしたら、裏庭の流れでバラの話が出てくると思いましたか?)

 この映画、公開当時からずーーっと気になっている映画だったのですが、なかなか見られなかった。

 そんなに気になるのだったら とっとと見ればいいのに と思いますよね。

 その気になる理由というのが、私の周りではこの映画を見て 良かった!と言う人が1人も居なかったのです。

 この映画は、その年のアカデミー賞で、作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、主演男優賞 を受賞しています。

 これ、凄いですよね。

 政治的な事もあるでしょうから、アカデミー賞で沢山賞を取ったのは全部良い映画 とは思わないけど、作品、監督、脚本、撮影を取って、これで面白いという人が周りにいないって、どういう事? と逆に気になってました。

 でも、面白いという人がいない という事で、見る事に腰が重くなってしまっていたのです。(だって、何が良いのか全く分からない とかいう人が結構いたし・・・)

 でもずーっと気になっているものは、見るまで気になり続けるので、ようやく見てみる気になったのです。

 で、見てみたら。

 むちゃくちゃ良いじゃないですか。

 基本的に、映画は1週間に1本 としているのですが、それはせっかく見た映画の余韻をじっくり味わって、色々と考えたいからなのですが、この映画の余韻は凄いです。

 まだ浸ってますし、色々と考えます。

 

 (以下、具体的ではないですが、構成的なネタバレあります)

 始まって5分で「あ、この映画はいい映画だな」とピーンとくるものがあり、その通り序盤、中盤、終盤とグイグイ引き込まれ、最後の15分くらいは怒涛の展開。

 当時のコマーシャルのナレーションで、出て来る登場人物が全て病んでる映画だな とは分かっていたので、タイトルのAmerican Beautyは猛烈な皮肉を含んだタイトルなんだろう と思っていたのです。

 確かにその通りで、出て来る人出て来る人、みんな病んでます。

 で、どんどん日常が壊れていく過程を描くという、確かに見ていて爽快な気持ちになったりすることはありません。

 その時点ではタイトルは皮肉な嫌味という感じなのですが、、、、

 私の感想では。

 最後まで映画を見終わった時、American Beautyはそのままの意味に受取れてしまいました。

 どうかしてる と思われる様な感想なのですが、そう思ってしまったものは仕方ないです。

 あれだけ、どいつもこいつも病んでるなぁ 腐ってるなぁ と思っていた主な登場人物に対しても、最後まで見た後は嫌なイメージはさぁーっと洗い流されていて、誰に対しても残っていません、むしろ情が沸く というか、、、、。

 恐ろしい競争社会のアメリカで必死に生きているアメリカ人、どこにでも居るアメリカ人を皮肉たっぷりに描いた映画ですが、最後まで見ると映画からアメリカ(人)に対しての愛が感じられる程でした。(私の感想ですよ)

 そういう意味で、途中と最後で全く受け取り方が変わる、この「American Beauty」というタイトルは素晴らしいと思いました。

 

 特筆すべきは、主演のケビン・スペイシー。

 素晴らしい演技で、こりゃ主演男優賞とるわ と納得しました。

 最後の「良かった」の笑顔で救われた気がします。

 で、監督。

 この監督、他にどんなの撮ってるの?と思って、調べて見たら。

 監督、イギリス人やん!

 つまり、アメリカを良く知っている人が外から見てのこの内容だった という事ですね。

 多分、この監督はアメリカ(人)のこと、かなり好きなんじゃないかなぁ。

 上辺の陽気さや、エネルギーだけじゃない、深い闇の部分も含めて。

 じゃないと、こんな映画撮れないんじゃなかろうか。(私の感想ですよ)

 脚本を書いたのはアメリカ人でした。(なるほど と思った)

 お世辞にも後味の良い映画とは言えないし、ハッピーエンドか?と言われれば、そうでもないのですが、最後まで見た時に、それまでの何とも言えないモヤっとしたものが、フワッとしたものに変わる、ちょっと今までに無い感じの終わり方でした。

 私の中では名作入りです。

 

 さ、週末は連休です。

 流石に今週末は外に出ますよ~。

 

 

 

ちょっと懐かしい戦闘機が沢山!! 

 こんばんは。

 

 SR-71ブラックバードを見に行った ブラックバード・エアパークですが、実は展示されていたのはブラックバードだけではなく、他にも沢山のちょっと懐かしい飛行機が展示されている、思ったよりも広い公園になっていました。

mata1.hatenablog.com

 

 今日はその続き、公園のメインであるブラックバードの展示スペースから奥に入って行きます。

 資料館が仕切りになった感じで二つ目のセクションは独立しています。

 園内に周回路があるので、そこを歩きながら順番に飛行機を見られる様になっていました。

 

 C-46 Commando

f:id:mata1:20170522161801j:plain

f:id:mata1:20170522161821j:plain

  なぜか前の写真を撮り忘れていたみたいです。

 

 F-101F Voodoo

f:id:mata1:20170522161848j:plain

 

 F100 Super Sabre

f:id:mata1:20170522162103j:plain

 

 F105 Thunder Chief

f:id:mata1:20170522162211j:plain

 

 F-14 Tomcat

f:id:mata1:20170522162254j:plain

 トムキャットはうちの近所にも展示されている場所があって、よく見るのですが、ここの機体の方が本物感があってカッコよかった。

 おっとこ前な飛行機ですなぁ。

f:id:mata1:20170522162403j:plain

 左右のインテークの上がり具合を見ると、いつも512BBのフェンダーをイメージしてしまいます。

 そんな人、他にもいますよね?

 

f:id:mata1:20170522162411j:plain

f:id:mata1:20170522162451j:plain

f:id:mata1:20170522162458j:plain

  このトムキャットの場所が、このセクションの一番奥になり、ここから折り返して反対側を見ながらぐるっと回って帰るのですが、この戦闘機セクションから更にまだ奥に第3セクションがありました。

 殆ど砂漠みたいな場所に、どデカいのが2機。

 ちょっと歩いて近づいてみます。

f:id:mata1:20170523165803j:plain

 来る途中に見えたのはこの飛行機達でした。

 

f:id:mata1:20170522162714j:plain

 おしりに機銃が付いていて、なんか虫みたい。

 このデッカイの(B-52 Stratofortress)は、翼の下にベンチが設置してあって、日除けの休憩所にもなっていました。

f:id:mata1:20170522162727j:plain

f:id:mata1:20170522162844j:plain

f:id:mata1:20170522162854j:plain

 まぁでっかいこと。

 

 そして、隣にあるのがBoeing 747のNasa仕様。

f:id:mata1:20170522162930j:plain

 この747はスペースシャトル・エンデバーを乗っけて飛んだ機体なんでしょうね。

f:id:mata1:20170522162954j:plain

 

f:id:mata1:20170522163209j:plain

f:id:mata1:20170522163214j:plain

 スペースシャトル計画が終了となった時、最後にエンデバーの雄姿をみんなに見てもらおう という企画があって、この747にエンデバーが載せられた状態でロサンゼルス地区の各都市上空を旋回していました。

 平日の昼間だったので、残念ながら私はそれを見ることが出来ませんでしたが、その日はみんなが空を見上げていた様です。

f:id:mata1:20170522163701j:plain

 

 ここからまた第2セクションまで戻ります。

 

 A-7 Corsair II

f:id:mata1:20170522163724j:plain

 

 F-4 Phantom II

f:id:mata1:20170522163823j:plain

 もう結構古い機体ですが、改めてみるとファントムもカッコいいな。

f:id:mata1:20170522163859j:plain

 翼端がちょっと跳ね上がったところとか、対照的に尾翼が垂れ下がったとことろとか、猫背気味なところとか。

 

f:id:mata1:20170522163905j:plain

f:id:mata1:20170522163913j:plain

  かっこいいな。

 

 F-5 Freedom Fighter

f:id:mata1:20170522163929j:plain

 これの後期型がTiger IIですね。

 

 T-38 Talon

f:id:mata1:20170522164019j:plain

  

 こんなのもありました。

f:id:mata1:20170523170132j:plain

 なんだかちょっとかわいい、スペースシャトルの脱出テスト用の機械?

 

 ちょっと撮り逃しているものもあるのですが、SR-71を見に来てみたら、思いのほか沢山の飛行機を見ることが出来て得した気分になった公園でした。

 SR-71は着陸状態での展示だったので、この目線では機体の美しいフォルムが上手く伝わらなかったかもしれません。

 実際にその場にいても、大き過ぎていつも写真で見ているのとは印象が大分違いましたが、やっぱり「本物」を前にすると感じたり、湧いてくる事が沢山あります。

 そして「本物」が持っている何か を感じるのは私に取っては凄く大切な事です。

 いつもブログに書いている、車、音楽や映画、今回の飛行機とか、私は好きなだけで、それについての知識とかあんまり持ってないし、また調べたりすることも余りありません。

 なので、私が書く内容も、特別な情報や豆知識的なものは殆ど無く、逆にコメント等で教えてもらう事の方が多いです。

 でも、私にとって本物に触れた時にグワーーーっとなだれ込んでくる何か が、工作する時の原動力になっているんです。

 全く関係が無い事柄に見えて、色んな所に影響が出ていると思います、仕事も含めて。

 

 あー今回も楽しかった。

 SR-71は凄かったなぁ、ほんと、ものすごい量の何かが入ってきて、気持ちよかったです。

 そんなこんなで、またいそいそと本物を見に、聴きに出かけていって、おーーー、すごーーい、かっこいーーー とはしゃぐのです、私は。

 

 

 追記

 後日分かったことなのですが、このSR-71、実はもっと近所、ロサンゼルスにも展示してある場所があったようです。

 そこには、それ以外にもまだ私が見た事の無い、かなり貴重な機体も展示されているらしいです。

 別の目的で、どのみにそこには行くつもりだったので、更に良く理由が追加されました。

 

 

オレンジ色を見た後は、ブラックバードを見て来ました。

 こんばんは。

 

 少し前、お花見シリーズの最後に、一面のオレンジ色 カリフォルニア・ポピーを見てきた話を書きました。

mata1.hatenablog.com

 

 ポピーを見に行く というのが第一目的だったのですが、その後にもう一ヵ所あるものを見に行ってきました。

 丁度、ポピー・リザーブの近所(といっても結構離れていますが、家からという事を考えると、全くもって近所です)だったので、ポピーを見に行くのなら、絶対行きたい とどっちかと言うと、こっちの方が楽しみだった?かな?

 見に行ったものは、ブラックバードです。

 ブラックバードと言っても、湾岸の黒い怪鳥(湾岸ミッドナイトより)ではありません。

 知る人ぞ知る、かなり有名な飛行機です。

 独特の形状をしているので(しかもカッコいい)、この飛行機(偵察機です)のファンは多いのではないでしょうか。

 あ、私は飛行機は好きですがマニアでは無いので、この偵察機の詳しい情報等は一切出てこないです。

 ただ、すごーーーい、かっこいーーーーー と喜びに行って来ました。

 

 ポピー・リザーブから帰路につき、再びFWYに乗り、暫くしてブラックバード(SR-71)が置いてある公園の最寄りの降り口で下道に入ります。

 ナビに従って運転していると、でっかい工場が出てきました。

 暫く横を走っていると、「あーーーー!」と、思わず声が出ました。

f:id:mata1:20170518174319j:plain

 「スカンクワークス!!!」

f:id:mata1:20170518174404j:plain

 簡単に言うと、ロッキード・マーティンの中にある、出来る人ばっかりで結成された特殊チーム。

 これから見に行くブラックバード(SR71)もスカンクワークス作です。

 スカンクのマークを見て、そらもう大盛り上がり。

 ワクワクの絶頂期です。

 更にナビに従って走ると、工場を過ぎてから一気になーんにも無い砂漠っぽい感じになってきます、が!

 遠くに何やら飛行機が見えます。

 旅客機です。

 下調べを十分にしていなかったので、私はてっきりSR-71だけが展示してある小さい公園だと思っていたのですが、どうやら他にも展示されている飛行機があるようです。

 間違いなく、その旅客機があるところが目的地なので、どんどんそこに向かっていって、また「あった~~~~!!!!」とでっかい声が出ました。

 フェンス越しですが、道路のすぐわきに、デーン と鎮座していました、SR-71。

 チラッと見ただけで、もうムチャクチャカッコいい!!

 駐車場に停めて、はやる心を抑えながら公園に向かいました。

f:id:mata1:20170520153713j:plain

 さぁ、行きますよ~~~。

 

 

 はいっ!!

f:id:mata1:20170518173901j:plain

 どぉぉおおん!!!

 

 いや、ポールが邪魔なのはわかっているのですが、かなり大きくて、まったくカメラに収まらなかったのです。

 フェンスギリギリ一杯まで下がっても、横からは全体を納められませんでした。

 ならば。

 パノラマで撮ってみました。

f:id:mata1:20170520154126j:plain

 

 この公園には、SR-71だけでなく、A-12も並んで展示されています。

f:id:mata1:20170520155019j:plain

 左がSR-71ですが、正直私はどっちがどっちか見分けがつかないです。

 

 A-12を正面から。

f:id:mata1:20170520155113j:plain

 独特の形ですね。

 このデッカイ飛行機、なんとマッハ3で飛んでたんです。

 その際、空気との摩擦で表面温度が700℃くらいになったとか。

 一体どんな表面なのか、凄く興味があって、それを間近で見てみたい というのも目的の一つでした。

f:id:mata1:20170520160007j:plain

 ずっと野ざらしで、もう当時の状態は分からないかも知れませんが、艶消しのガサガサで、マフラー等の耐熱塗装に感じは似ているかも。

f:id:mata1:20170520160148j:plain

(触っちゃったもんね~)

 

f:id:mata1:20170520160238j:plain

 

 エンジンも展示されてます。

f:id:mata1:20170520160311j:plain

 いつの日かプラモを作る日が来たら、いくらでも資料写真を撮れます。(そんなことしていたら永遠に完成しなくなりますけど)

 

 部分写真ばかりでは面白く無いですから、もうちょっと引いた写真も。

f:id:mata1:20170520160328j:plain

f:id:mata1:20170520160413j:plain

f:id:mata1:20170520160535j:plain

f:id:mata1:20170520160615j:plain

f:id:mata1:20170520171548j:plain

 うーん、かっこいい。

 

 公園内には、小さいですが、資料室+ギフトショップもあります。

 そこに展示されていたSR-71のシート。

f:id:mata1:20170520001259j:plain

 

 壁には写真が沢山かかっていて、当時の建造中の写真等もあって、小さい資料館ですが、興味深かったです。

 

 さて、このブラックバード・エア・パークは、ブラックバード・セクションと、その奥に沢山の飛行機が展示されているセクションもありました。

 その奥のセクションに向かう途中に展示、というか、放置されていたのはF-16。

f:id:mata1:20170520161637j:plain

 私の大好きな飛行機です。

 基本的に、そんなに大きくない単座機が好みで、ドラケン(スウェーデンのSaab社の戦闘機)とかも大好きです。(F-16とドラケンは昔プラモを作ったことがあります)

f:id:mata1:20170520162351j:plain

 このF-16、大分朽ちかけているようです。

 お腹周りは、ごっそり無くなってました。

 これからある程度綺麗にされて、展示スペースに移動されるのでしょうか?

 できればそうなって欲しい。

 

 さて、今日はこの辺で。

 公園の奥、その他の飛行機の紹介は次回、なるべく早めに更新します。

 飛行機好きの人も、そうでない人も、また遊びに来てください。