模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

ちょっと驚いたアメリカ事情 (高校生活編)

 こんばんは。

 

 今日は人気シリーズの(え?いつから??)、私が驚いたアメリカ事情です。

 

f:id:mata1:20170720163457j:plain

 上の写真は日本でも人気だったTVドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」のロケ地となった高校です。

 と言っても、私はドラマを見た事が無いので確信が無いのですが、日本から来た人たちをここに連れて来ると、喜んで写真を撮ったりしていたので、多分本当なんじゃないかな?と思います。

 え? 

 カタナが邪魔でよく見えない?

 はい、すみませんでした。

f:id:mata1:20170720163558j:plain

 

f:id:mata1:20170720163637j:plain

 このエントランス、登下校時によく映る場所だったらしく、ここで写真を撮る人が多いと聞きます。

 

 ちなみに、この高校ですが。

 な、なんと、ビバリーヒルズにはありません!!

 もっとずーーっと南のTorrance市にあります。

 

 ちょっと驚いたアメリカ事情、高校生活編でした。

 

 というのは冗談です、ここから本題です。

 高校生活といっても、アメリカ全般に言える事では無いかもしれません。

 私の友人の息子さんが通っている高校での話です。

 その高校では、最高学年になると、その学年全体を巻き込んで生徒会主催で行われるイベントがあります。

 そのイベントは、「Assassin Game」と呼ばれています。

 もうタイトルからして物騒です。

 一体どんなゲームなのかというと、、、、

 参加資格はその学年の生徒で、スマートフォンを持っている人。

 勿論、参加は自由で、参加費用がかかります。(確か5USDくらい)

 参加費を支払って参加すると、全ての参加者のスマートフォンに1人のターゲット(自分以外の参加生徒)の情報が送られてきます。

 情報が送られて来ると、ゲームはスタート。

 自分はそのターゲットに悟られないように近づいて、、、、、相手に水をかけます。

 水をかける方法は、バケツで頭からかけても良いし、水鉄砲を使っても良いし、ゴム風船に水を入れた水爆弾を投げつけても、何でも良いそうです。

 そして、上手くターゲットに水をかけることが出来れば、その時点で暗殺完了。

 その場で証拠写真を撮って、生徒会に送信すれば水をかけられた生徒はGameOver。

 暗殺者にはすぐに新しいターゲットの情報が送られてきて、新たな攻防戦が始まります。

 もうお判りでしょうが、ターゲットを追いかける暗殺者である自分は、同時に他の誰かのターゲットになっている という事になります。

 そして、誰に狙われているかは、水をかけられるまでわかりません。

 水をかけるのに失敗して、ターゲットと暗殺者の関係が分かってしまうと、更に任務の執行が難しくなるので、みんなものすごく慎重になります。

 

 ルールはいくつかあるのですが、学校の敷地内にいる間は水をかけてはいけない というのがあるそうです。(学業がおろそかになるのは学校側も認められないからでしょう)

 ただ、ゲームが始まったら、24時間7日間有効なので、週末も油断はできません。

 この、常に誰かに狙われていている感覚、想像以上に精神的にストレスになるようで、ゲーム開催中、週末は家から一歩も出られなくなる生徒や、登下校は毎日車で学校の敷地内まで送ってもらうわないと学校に行けなくなる生徒が出てきたり。

 半分ノイローゼになってしまう生徒等々、それはもうかなり過酷。

 

 そして、最後の一人になるまでゲームは続き、その勝者が必要経費を差っ引いた参加費用を総取りする という、びっくりする様なゲームです。

 

 こんなゲームが学校公認で生徒会主催で開催されてる という事に、ちょっと じゃないですね、かなり驚きました。

 

 日本だったら絶対に抗議が殺到するでしょうし、そもそも開催も出来ないでしょうね。

 

 ちょっと驚いたアメリカ事情の第2弾、高校生活編 でした。

 

 果たして第3弾はあるのか?

 

 

 

ベース制作1 (ビリケン商会 エレキング制作 7)

 こんばんは。

 

 エレキング本体の方は、ほぼ完成に近づいてきました。

 このまま軽くウェザリングして終了とするか、、、と思ったのですが、やっぱりベースがあった方が作品っぽくなりそう という事で、ウェザリングの前にベース制作に入る事にしました。

 

 予定していなかった展開なので、計画も何もなく、出来れば家にある材料でちゃちゃっと作りたい。

 家具等を作った余りの端材置き場をチェックしたら、ちょうど良さそうな板を見つけました。

f:id:mata1:20170716044155j:plain

 これ、ジャストの大きさなんじゃない?切らなくていいかも。

 しかも、いい具合に単板です。

 

 試しにエレキングを置いてみると、、、

f:id:mata1:20170716044253j:plain

 ほんのすこーしだけタイトな気もしますが、完成品ケースに入れる事を考えると、出来るだけ小さい方がいいので、これをこのまま使う事にしました。

 

 ベースにそんなに時間をかけるつもりはないので、出来れば1週末で木工は終了させたい。

 大きさはこのままで切断工程は省いて、角をルーターで落としてサンドペーパーで表面処理を終えたら、そのままコートに入ります。

f:id:mata1:20170716044641j:plain

 底にスプレーのキャップをテープ(あんまり強くないダックテープ(笑)で固定して持ち手とします。

 

 今回はいつもと違って、ステインとトップコートが同時に出来るAll In Oneタイプのコーティング剤を使いました。

f:id:mata1:20170716044812j:plain

 一度目は、かなり刷毛目が出てしまいましたが、乾燥後ペーパーを軽くかけて凹凸を消して、2度目はドッポリ塗ってやれば、ある程度刷毛目は消えました。

 

 木製ベースはこれで完成です。

f:id:mata1:20170716045023j:plain

 ステインとトップコートを分けないと、加工からコーティングまでやっても1週末で終了できます。

 

 やっぱり、別々にやった方が仕上がりは全然綺麗ですが、これでも普通にパッと見るくらいには十分です。

 

 さて、この上にエレキングをのっけて完成   させようと思ったのですが、ちょっとあっさりし過ぎの様な気がして、もうちょっと工作するか、、、という気になってしまいました。

 

 というわけで、次回はこの木製ベースの上にちょっとだけ追加工作です。

 

 

レジェンド”Wes” Cooleyは少年の様な人だった事 と、やっぱりカタナはカッコよかった事(←しつこい)

 こんばんは。

 

 週末、暑かったですねぇ、

 40℃越えの中、一日作業していた為か、ひどい頭痛で困ってしまいました。

 暑さ対策は大事ですね。

 

 前回の続き、Willow Springsで行われたコルサ・モト・クラシカというレースイベントの後半戦です。

f:id:mata1:20170709001913j:plain

 ここは、アメリカではじめて作られたロード・レース用サーキット という事です。

 

 前回は、イベントの全体がどんな雰囲気だったかを紹介させて頂きました。

f:id:mata1:20170709010843j:plain

 

 いや、この暑いのに自転車の時は、せめてヘルメットを脱いだ方がいいと思う。。。

f:id:mata1:20170709010741j:plain

 

 今回は私の好きな物ばかりをまとめてみました。

 ま、好きな物を寄せ集めているので、殆どが去年の記事に出てきたのと似たような物だったりします。

 

 大好きなカタナと並んで好きなバイク、HondaのCB-F、ただし、スペンサー・カラー限定。(笑

f:id:mata1:20170709002323j:plain

 バリ伝世代としては、グン仕様のCBももちろん好物ですが(身近に乗っている人も居ましたし)、もしもCBを作るとしたら、やっぱりこっち、スペンサー仕様。

 (写真のCBはスペンサー・レプリカというわけでは無いようですが、寄せてきていることは確かですね)

 

 このチームはCBを何台もエントリーしていました。

f:id:mata1:20170709002630j:plain

 余程好きなんでしょうね。

f:id:mata1:20170709002755j:plain

 

f:id:mata1:20170709002747j:plain

 

f:id:mata1:20170709002827j:plain

 

 上のゼッケン71bのライダーは、かなり大柄な人だったので、本当はかなりデッカイCBも、なんだか中排気量くらいのバイクに見えました。

f:id:mata1:20170709003807j:plain

 

 

 昨年、モリワキ・モンスターを持ち込んでいた友達のショップ。

 今年はローソン・レプリカを持ってきていました。

f:id:mata1:20170709003740j:plain

 このローソン、レプリカなのですが、本物のスペアパーツ等を使って組まれているので、本物に限りなく近いレプリカです。

 

 この車両は彼のショップに常駐しているので見慣れてはいるのですが、外で見るのは初めてなので、ガレージの隅っこで、パーツに囲まれて置かれているのとは一寸違います。

f:id:mata1:20170709003745j:plain

 デモンストレーション走行もあったので、音も聞けました。

 

 丁度、ローソンレプリカを停めていた、すぐ近くに とても好みの一台がありました。

f:id:mata1:20170709010926j:plain

 カワサキのZをカスタムした車両ですよね、多分。

 フレームから換わってますね。

 すごーい、かっこいーーー と思ってしげしげ見ていると、一緒にローソンレプリカの所で話をしていた友達が近寄ってきて一言。

 「これ、オレが作ったバイク」

 げ?まじですか。

 どうやら、何年か前に依頼があって仕上げたカスタムだそうで、たまたま目の前に停まっていて、懐かしいな と思っていたらしいです。

 当時の事を思い出して、色々と説明をしてくれました。

 うーん、彼のショップにあるカスタム・フレームとかも凄くカッコいいし、彼が作るバイクは私のツボを刺激するようです。

 いつか彼に一台作ってもらいたいな。

 

 さて、昨年来た時に見つけたカタナ。

 勿論、今年も来ていないか探してみると、、、

 居ました、同じパドックに。 

f:id:mata1:20170709004400j:plain

 はぁ~。

 やっぱりレース車両はカッコいいなぁ。

 昨年に引き続き、細かい所の写真を色々と撮ってきました。(誰もそんなの興味ないので載せませんが、私には良い資料になります)

 取りあえず乗れるように という状態なので、そろそろカタナもチョット手を入れたいな と思ってきた今日この頃。

 

 個人的にはメーターはオリジナルの方が好きなのですが、これはこれ、なかなかカッコいいです。

f:id:mata1:20170709010629j:plain

  このチームはCBもエントリーさせていました。

f:id:mata1:20170709010701j:plain

 マフラー(エキパイ)、多分、純正ですよね?これ。

f:id:mata1:20170709010707j:plain

 

 他にも、こんなのも。

f:id:mata1:20170709010901j:plain

 

 昨年、スーパーバイク・クラスでバカッ速だったカタナですが、今年は始まってすぐにリタイアしてしまったようです。

 残念!!

 

 この日、当日の場内アナウンスで知ったのですが、な、なんと、現場にWes Cooley氏が来ている、という事です。

 午後からサイン会も行われる という事で、これは行かねば!!と、時間になった時に、どこでサイン会が行われているのか探しました。

 正直な所、好きなレーサーは誰?と聞かれたら、スペンサー と答えてしまう私ですが、これでもスズキ乗りの端くれ、そらWes Cooleyのサイン、欲しいです!

 あーーー、こんな事が分かっていたら、カタナのタンクとか持ってきたのにぃ~ と悔やみましたが、うちのカタナのタンクは要塗装だから、サインもらったら塗装出来なくなってしまうな、、、

 

 しかし、どこでサインをしてもらえるのか、全く分からず、ギフトショップの店員に聞いてみても、え?だれそれ? みたいな反応で、埒があきません。

 仕方ないので、アナウンス室に行って、Wes Cooleyのサイン会って、どこでやるの?と教えてもらい、漸くサインをもらうことが出来ました。

 f:id:mata1:20170709160824j:plain

 (麦藁を被ったオバちゃんみたいのは私です。)

 

 殆ど誰も居なかったので、ちょっとお話しすることが出来たのですが、とにかく気さくな方で、終始笑顔が絶えず、少年の様な方でした。

f:id:mata1:20170709160839j:plain

 

 本当に素敵な方でした。

f:id:mata1:20170709160854j:plain

 またこんな機会があった時の為に、うちのカタナも早めに塗装しないと。

 

 このサーキットがある場所は、砂漠なので暑いことは暑いのですが、強い風が常に吹いているので、日陰に避難すればかなり涼しかったりするのです。

 ですが、この日は風が無く、とにかく暑い!(もはや熱いと書いても良いのでは?と思うくらい)

 麦藁帽子だけでは全然熱対策としては不十分。

 相方も のぼせ気味に見えたので、この過酷な状況でこれ以上つき合わせるのも可哀そうになり、この日はスーパーバイクを見終わったらすぐに帰る事にしました。

 まだまだレースは続いていたので、ちょっと残念ですが、体調を崩しては大変です。

 

 来年は、もっと暑さ対策を万全にして見に来よう。

 

 

 おまけ

 Willow Springsのウィローと言うのは、柳の事です。

 だからなのか、この辺には柳を庭に植えている家をよく見かけました。

 砂漠の真ん中、炎天下での柳って、日本のそれとはちょっとイメージが違いますよね。

f:id:mata1:20170709160920j:plain

 

 

 庭に池を掘って、蓮を植えて、その横に柳 というのが私の野望です。