模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

今年もこれで最後 ~Cars & Coffee Dec. 2018

 こんばんは。

 

 先月は用事があって行けなかったCars&Coffee。

 でも今月は今年最後ということですから、ちゃんと行ってきました。

f:id:mata1:20181210100715j:plain

 もうすっかり冬なので、だいぶ太陽の角度が変わってきています。

 夕方の様ですが、朝です。

 

f:id:mata1:20181210100728j:plain

 影が長い。

f:id:mata1:20181210100736j:plain

 

 

f:id:mata1:20181210100744j:plain

 

 

f:id:mata1:20181210100753j:plain

f:id:mata1:20181210100758j:plain

f:id:mata1:20181210100806j:plain

 

 

 なんだか先日のフリーマーケットの巻の時に出てきたのと似た感じ。

f:id:mata1:20181210100811j:plain

 と思って見なおしてみたら全然違ってました。

f:id:mata1:20181210100816j:plain

 

 

f:id:mata1:20181210100821j:plain

 

 Miniのオリジナルの方、こちらではほんと見ないんです。

f:id:mata1:20181210100831j:plain

 まぁ、このサイズで無茶苦茶でっかくて長いトレーラーに囲まれてフリーウェイを走るのは、かなり危険な気もしますけど。

 でもカッコいいな。

f:id:mata1:20181210100835j:plain

 モトリタだ~♪

 最近は15インチのタイヤでもサイズによっては見つけるのに苦労するのに、こんなに小さいタイヤ、まだ見つかるのかな。

 

 

f:id:mata1:20181210100842j:plain

 

 

f:id:mata1:20181210100844j:plain

 

 

f:id:mata1:20181210100918j:plain

 

 かなり気合の入ったコルベットが居ました。

f:id:mata1:20181210100944j:plain

 コルベットはほんとにカッコいいな。

f:id:mata1:20181210100948j:plain

 

 ものすごい造り込みで、実はかなり速いんじゃ?と思わせるホットロッド。

f:id:mata1:20181210100957j:plain

f:id:mata1:20181210101002j:plain

 大量生産の現代車とちがって、一つ一つのパーツを作る手間が感じられて、細かいところまでいつまでも見ていられます。

f:id:mata1:20181210101006j:plain

 

 これはスーパーチャージャー積んでるんですよね?

f:id:mata1:20181210101010j:plain

 ブレーキラインがカッパー出てきてるのかな?

 ほんとに丁寧に同径で2本がループして、きっちり平行に這わしているのとか、それだけでご飯3杯ですね。

 

 この日もカッコいいコブラが沢山いました。

f:id:mata1:20181210100925j:plain

 (この方は帰る前の暖気中)

 


f:id:mata1:20181210100930j:plain

 

 
 帰る途中、カメラ持っていたら前でスピード落としてくれて、目線もくれました(笑。
f:id:mata1:20181210100934j:plain

 今月は12月でみなさん忙しいのか、ちょっと車は少なめでした。

 これで今年のCars&Coffeeは最後ですね。

 次は来年か。

 はやいなぁ~。

 

 来年も楽しい車に沢山会えますように。





 

フリーマーケットに行ったら、とんでもなく危険なショップを発見 ~My Dolls House at Torrance old town

 こんばんは。

 

 今日は ちょっと前にフリーマーケットに行った時の話です。

f:id:mata1:20181204182909j:plain

 南カリフォルニアで有名なPasadena Rose BowlやLong Beachのフリーマーケットと違い、街の一角で道を通行止めにして開催されています。

 お店の数は少なめですが、入場料も要らないのでフラッと気軽に立ち寄ることが出来ます。

 ただ、車は路駐になるので、あまり遅く行くと駐車場所を探すのが大変な事もあります。

 

 プレミアム価格が付いた希少なヴィンテージ物には余りお目にかかれないかもしれませんが、その分 気に入ったものがあれば安く手に入る事もあり、宝探し感たっぷりで楽しいです。

f:id:mata1:20181204183223j:plain

f:id:mata1:20181204183225j:plain

 

 とあるディーラーが荷物の搬入に使っている と見られる車。

f:id:mata1:20181204183243j:plain

f:id:mata1:20181204183246j:plain

f:id:mata1:20181204183250j:plain

 こんな車でフリーマーケットに店を出すなんて、カッコいいのぅ。

 

 開催されている場所は、元々アンティークショップやPawnshop(質屋)等、ちょっと趣味性(?)の高いお店が多いOld Townです。

 そこにあるCigerShopは、お店の前に段ボールの台を置いて、Cigerの空き箱を売っていました。

f:id:mata1:20181204183259j:plain

 木製でしっかりと造りも良い箱で、蝶番が付いたものや、蓋がスライドするもの、デザインも色々とあって、箱好きとしては思わず買ってしまいそうになりました。(耐えた)

 どのみち廃棄されるものなのでしょうから、激安でした。

 結構多くの人が物色してましたよ。

 

 とあるブースで ぉおっ!!と気を惹いたものが! 

f:id:mata1:20181204183306j:plain

 これ、何処から持ってきたんだろう。

 二つ繋がっていて、座面が折りたためる椅子。

 背もたれに番号が入っているので、旧い劇場とか、そんな感じの所で使われていたものかな。

 これはかなーーーり欲しかったのですが、ただでさえ椅子が多すぎる家なので、これも耐えた、、、。

 フリーマーケットは忍耐力を鍛える修行の場なのです。

 でも、この椅子は何度か売れ残っているのを見てしまったら、連れて帰りたくなりそうです。

 

 またかわいい一台が。

f:id:mata1:20181204183312j:plain

 Cars&Coffeeのようだ。*1

 

 

 さて、タイトルにもう書いてしまっていますが。

 このマーケットには何度も来ているのに、今まで全く存在に気が付かなかった、とあるヤバく危険なお店に気が付いてしまいました。

f:id:mata1:20181204183320j:plain

 (関係ないけど、写真左上あたりに写っている、上からガラガラ降りて来る非常梯子が結構好きで、こんなのが付いているベランダのある部屋、良いなぁと思います。)

 

 お店の名前通り、ドールハウスの専門店!

 ひぃやぁ~~~!

f:id:mata1:20181204183340j:plain

 ミニチュア好きにはたまらんお店です。

 むかーしに、自宅からちょっと離れているのですが、OrangeCountyのとある町にあった専門店にも何度か通っていました。

 残念ながらもうなくなってしまったので、それ以来ドールハウスの専門店って入ったことが無かったような気がします。

 

 表通りに面したショーケースには、かなり大きなドールハウスが飾ってありました。

 逆光で薄暗く、ハッキリ見えなかったので近寄って覗き込んでいたら、後ろから店主が声を掛けてくれました。

 「ちょっとまってて、電気つけてあげよう」

f:id:mata1:20181204183345j:plain

 ぉおお~。(ガラス越しで写真が綺麗に撮れませんでした、、、)

 シャンデリアや蝋燭もかなり細かく点灯しています。

 暖炉では火がチロチロしたり。

 さらに。

 「これ、回転するんだよ。」

 ゴロゴロゴロ、、、

f:id:mata1:20181204183352j:plain

 台がターンテーブルになっていて、180度回転できるようになってました。

 こちらが表通りから見えるようになっていたんですね。

 その後、このお店の成り立ちやら、過去にメディアに出た話やら、色々と話してくれました。*2

 

 このキッチンとか、ほんとによくできてる。

f:id:mata1:20181204183357j:plain

f:id:mata1:20181204183402j:plain

 

 引いてみると、こんな大きさです。

f:id:mata1:20181204183410j:plain

 どうだろ、ぱっと見1/12かな?

 

 ドールハウスショップには普通のプラモ屋では見ない様な工具が売られていたり、電飾に関する独特の規格のラインナップがあったりします。

 どちらかというと、そういった道具やパーツを買う為にドールハウスショップに行っていたので、またこんな感じのプロジェクトを始める事になったら色々と物色しに来よう。

 

 フリーマーケットを一通り見た後は、このOldTonw内にあるお蕎麦屋さんのランチスペシャル、ざる蕎麦と かやくご飯のセットを食べて終了。

f:id:mata1:20181204183421j:plain

 

 

 

 

 それにしても、、、

 あんなにでっかいドールハウスが外から見えているのに、なんで今まで気が付かなかったんだろう、、、

 今のところドールハウスを始める予定はありませんが、見ているだけで楽しくなる場所を見つけられたのは嬉しい。

 

 危険と隣り合わせだけど、、、。

 

 

*1:暫く行ってなかったですが、今月は行ってきましたのでそのうちアップします。C&C好きの方はお楽しみに。

*2:どうも人は私に色々と説明したくなってしまうという、いつものあれです。もしかしたら、これは私のスタンド能力か?

零式艦上戦闘機二二型が再びやって来たのに、、、

 こんばんは。

 

 ちょっと前の話になります。*1

 

 数年前にローカル空港にやってきた零式二二型がまたやって来る という事で、見に行ってきました。

 

 今回はP-40 Warhawkも来ていました。f:id:mata1:20181124172102j:plain

  P-40はパッと見た感じでは、前回一緒に来ていたヘルキャットよりは小さく見えました。(実際はどうなのか分かりませんけど)

f:id:mata1:20181124172122j:plain

 なかなか良いですねぇ。

 

 でもやっぱり二二型の方に目が行きます。

f:id:mata1:20181124172200j:plain

 二二型は細身に見えてより綺麗な飛行機に見えます。

f:id:mata1:20181124172324j:plain

f:id:mata1:20181124172351j:plain

 

 また今回も寄り過ぎてどこだか分からない写真を大量に撮ってしまったのですが、その中から他の人が見ても楽しめそうな写真を何枚かピックアップします。

f:id:mata1:20181124000818j:plain

 

f:id:mata1:20181124172430j:plain

  (と言いながら、これはどうなの?楽しめるの?)

f:id:mata1:20181124172601j:plain

 

 今回のレクチャーは零戦とP-40の戦闘について、タイトルはBattle of Darwin、ダーウィン(オーストラリア)空襲の話でした。f:id:mata1:20181124172630j:plain

 戦史のレクチャーと、他には今回来ていた零戦をレストアしていた当時の事も話されていました。

 アメリカ国内でレストアすると費用がかかりすぎる為、機体はロシアに運ばれてレストアされたそうです。

 当時の写真も沢山見ることが出来て興味深いレクチャーでした。

 

 あんまり関係ないけど、会場に停まっていた旧いアメ車。 

f:id:mata1:20181124172713j:plain

 キャデラックなんですね。

 これもまた相当古そうですが、新車みたいでした。

 

 レクチャーが終わると、今回も各機体の説明と質疑応答の時間がありました。

f:id:mata1:20181124172802j:plain

f:id:mata1:20181124172832j:plain

 パイロットから詳しい説明を聴けるので、楽しい時間ではあるのですが、、、今回は妙に質問する人が多かったり、段取りが悪かったりで、かなりダラダラと いつまで話してるのかいな? と思うくらい長かったです。(疲れちった)

f:id:mata1:20181124172853j:plain

f:id:mata1:20181124172858j:plain

  この機体にはちゃんと荷物収納用のハッチがあるようです。

f:id:mata1:20181124003102j:plain

 しかし、荷物の固定はだいぶザックリしてますね。

 これまたアメリカっぽいな(笑

f:id:mata1:20181124172904j:plain

 

 ふと滑走路を見れば、ハリアーが。

f:id:mata1:20181124172916j:plain

 ジェット戦闘機のスタイルからすると、ちょっとバランスが変わってますよね。

 なんかこんな感じの鳥が居たような、、、

f:id:mata1:20181124172921j:plain

 そういえば、去年だったかな?

 ハリアーのレクチャーもここで行われました。

 その時の事は結局時間が無くて書けなかったな、、、

  もちろん、この時も有事の際に役立つように資料用の写真は沢山撮りました。*2

 

 そして散々待たされてから、この日の最後の、というよりも一番の見所。

 主役の2機のデモンストレーション飛行の時間になりました。

 予定していた時間よりも、1-2時間くらい遅れていたんじゃないかな?

 ようやく2機が滑走路に移動しました。

f:id:mata1:20181124173823j:plain

f:id:mata1:20181124173829j:plain

 レクチャーをしてくれたパイロットはこのままこの機体で保管されているミュージアムまで飛んで帰ります。

 軽く暖気運転をしたら、離陸。

 前回二二型がデモ飛行をした時は、大きく旋回してギャラリーの前を何度も飛んでくれたので、今回も同じ様に低空を何度も飛んでくれるのだろうと思い見入っていたのですが、、、 

 時間が押し過ぎたからか、離陸してから一度旋回してギャラリーの前を通過したと思ったら、そのまま帰ってしまいました。

 ギャラリーは全員が また戻ってくるのだろう と思っていたので、そのまま遠ざかっていく機体を目で追っていたのですが、どんどん遠ざかって見えなくなってしまってから あれ?もう終わり?帰っちゃたの? と ざわついていました。(そんな感じで、2週目以降に写真を撮るつもりだったので写真も無しなのです)

 前回と比べると、段取りも悪く、何のアナウンスも無く、ものすごく待たされた割にはちょっとしか飛行する所を見ることが出来ず、みんなガッカリした体で帰って行きました。

  

 せっかくここまで飛んできたのに、今回はちょっと残念な終わり方のイベントになってしまいました。

 果たして次回があるのかどうか分からないですが、次はもうちょっと段取りを整えて欲しいものです。

 

 なんて言ってますけれども、一年に何度も零戦が飛ぶところを見られるなんて、かなり贅沢なのかもしれないですね。

 文句なんかいったらバチがあたるか?

 

 

*1:最近時間を作るのが下手で、書く時間が全然足りなくてかなりいろんなイベントの事が溜まっています。ここでアップされるイベントの時系列は出鱈目なので気にしないでください。

*2:いつか模型を作る機会が来た時の為