模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

Cars&Coffee June 2018

 こんばんは。

 2ヵ月ぶりのCars&Coffeeです。 

 今月も朝から凄い日差しでした。

f:id:mata1:20180610074412j:plain

 写真もなんだか夕方近くのような色合いになってます。

 夏になると朝から日差しが強く、太陽が低く色も濃いうちから痛いくらいです。

 

 旧めのコルベットはいつも来ていますが、これはその中でもかなり旧いですね。

f:id:mata1:20180610074430j:plain

 50年代のC1という型ですね。

 ここまで旧いのにコンディションが凄い。

f:id:mata1:20180610074434j:plain

 さすがにあんまり見ない型です。

 

f:id:mata1:20180610074451j:plain

 

 この車は人が見ていない所でしゃべってると思う そんな顔つき。

f:id:mata1:20180610074501j:plain

 綺麗な半艶黒に手描きのピンストライプが綺麗。

f:id:mata1:20180610074506j:plain

f:id:mata1:20180610074517j:plain

 

 

f:id:mata1:20180610074528j:plain

f:id:mata1:20180610074531j:plain

 

 こんなにも白いストライプが似合う車はなかなか無いですよね。

f:id:mata1:20180610074546j:plain

 改めてみてみると、これも誰も見てないと喋ってる系ですね。

 

 この車。

 比較的よくここで見ますが、毎回 よくこんなでっかいの取り廻すなぁ と思わすにいられないくらいでかい。

f:id:mata1:20180610074552j:plain

 普通のガレージには入らないんじゃなかろうか。

 

 個人的に黄色い車は好きです。

f:id:mata1:20180610074605j:plain

 なかなか自分では乗られないけど。

 お、こいつも喋ってますね。

 先に出てきた他の2台と一緒にしといたら、絶対3台でワイワイやってると思う。

 

 一ヵ所にタイガーが固まって停まってるな と思ったら、その奥で円陣を組んでミーティングみたいのをしていました。

f:id:mata1:20180610074615j:plain

 

  最初 後ろ姿を見て おぅ、エランだ! と思って近寄ったのですが、その前に停まっていたオートバイに目が行きました。

f:id:mata1:20180609173346j:plain

 Velocetteというイギリスのメーカーらしいですね。

 1971年まで続いた小さなメーカーらしいのですが、程度も良さそうでほんとにかっこいい。

f:id:mata1:20180610074629j:plain

 エランもかっこいい。

f:id:mata1:20180610074632j:plain

 

 珍しく240Zも居ました。

f:id:mata1:20180610074702j:plain

 

 モークだモーク!!(見つけると必ず心の中でこう言ってしまう)

f:id:mata1:20180610074708j:plain

 レギュレーションが鬼の様に厳しいカリフォルニアで、良くプレートが取れるなぁ。

 

 もう一台カッコいい単車が。

f:id:mata1:20180610074716j:plain

 Triumph Thruxton 900

f:id:mata1:20180611114219j:plain

 

 

 この日、会場に向かっている時、途中から私の後ろにつけて一緒に入ってきた車がこれでした。

 Alfa Romeo Montreal

f:id:mata1:20180610074726j:plain

 ガンディーニのデザインによる、美しい車ですね。

f:id:mata1:20180610074730j:plain

f:id:mata1:20180610074733j:plain

f:id:mata1:20180610074736j:plain

 

 最後に紹介するのは、真っ赤なボディに「The Salvation Army」*1のデカールが貼られた車。

f:id:mata1:20180610074751j:plain

 赤がイメージカラーのショップなので、赤い車のオーナーがデカールを貼っただけかと思ったら、どこかの爺ちゃんが突然ショップにやってきて、鍵と名義を渡して 寄付するから売ってお金にするなり、広報につかうなり、役に立てて欲しい と言って置いて行ったそうです。

f:id:mata1:20180610074805j:plain

 1930年代のこの車。

 置いて行かれたボロボロをSalvation Armyがレストアしたのではなく、この状態で持ち込まれたそうです。

 

 座らせてもらったのですが、まぁ狭い事せまいこと。

f:id:mata1:20180610074809j:plain

 内装も新車のような状態でした。

 

f:id:mata1:20180610074813j:plain

 爺ちゃん、すげーな。

 

 

 6月のCars&Coffeeでした。 

 

*1:こちらで有名なThrift store(リサイクルショップ)で、売られているものは基本全て寄付として持ち込まれた物です。