模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

季節もの3つ 冷麺、月餅、わらび餅。

 こんばんは。

 

 週末の朝ごはんを買いに、行きつけのパン屋さんに行きました。

 すると、いつもなら常設陳列棚に並びきらないペイストリーや総菜パンが並ぶカウンタートップに、大量の月餅が並んでいました。

 

 買いました。

 

 そう、四角いのです。

 普通は月を模しているので丸いのですが、地域によって色々あるのでしょうか。

 これを買ったお店は、確か台湾系のベイカリーだと思います。

 

 月餅は中秋節という行事に絡んでいるものですが、色々ややこしそうなので詳しくは調べて頂くとして、イメージしやすいように思いっきりざっくり書いてしまうと、日本で中秋の名月にダンゴをお供えするような感じ かな?

 どちらかというと、普通は自分で食すために買うというより、贈答品となる事が多いようなイメージです。

 

 今まで私が食べた月餅は、大体どれも似たような感じで、外形は丸、中身はナッツやら穀物やらが練り込まれた、ちょっとぼそぼそした餡が入ったお饅頭の様でした。

 ところが。

 このお店では、形が違うのから始まり、中身の餡も5-6種類程ありました。

 写真の物は、餡はデーツと胡桃 と説明が書いてあったものです。

 帰ってから良く見ると、表面に漢字が浮き彫られてあるのは、中身の説明の様ですね。

 でもって、この月餅、ちょっと驚くほどおいしかったのです。

 今まで食べた月餅とは全く違う餡の食感と味。

 お茶よりもコーヒーが合うような甘さでした。

 台湾の物を食べたのはこれが初めてなので、私には台湾スタイル(なのか、このお店スタイルなのか)が合っているようです。

 

 これは、覚えていたら来年も買ってみようと思います。

 

 

 日本も猛暑で大変な事になっているようですが、この週末はこちら(LA)も大変な暑さでした。

 私の住んでいるエリアで39℃程。

 友達に 暑いねー って連絡したら、そこは41℃だったようです。

 そんな暑さにやられて、お昼ご飯は冷麺を食べに行きました。

 今度は韓国系のレストランです。

  

 このレストラン、壁が一面枠組みされていて、その枠一つ一つに茶碗が飾ってあるのです。

 全部違うの。(って、全部確認したわけでは無いのですが)

 ガラス等が嵌っているわけでもなく、前面は解放されているのですが、これ、掃除ってどうするんでしょうね。

 

 

 ランチで冷麺のみだからか、ちょっと鉢数は少なめですが、どれも美味しかったです。

 

 冷麺登場。

 サーブされたときは、モンブランの様に麺と具が高く聳え立っていたのですが、写真を撮るよりも先に、ハサミで麺をジョキジョキされてしまいました。(そしてグルグルと混ぜられてしまったので、食べさしみたいになってしもうた)

 ゴムゴムで長ーい麺なので、最初にハサミで切ってもらってから食べるのです。

 国によって色んなシステムがあって面白いですね。

 キンキンに冷えていて、おいしゅうございました。

 

 そして、暑い夏にピッタリの甘味。

 大好きな わらび餅を作りました。

 かなり久しぶりに作ったので、少々火を入れすぎてしまったようで、硬めの仕上がりになってしまいましたけど、とても美味しかったです。

 たぶん私はきなこ味が好きなようです。

 黒蜜はかけない きな粉派です。

 

 次回はもうちょっと水を多めに、火入れも少なめにしてみましょう。

 近いうちに再度挑戦します。

 

 というわけで、夏の食べ物三種でした。