模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

(映画)祝 アカデミー賞4部門ノミネート ~LAでも公開!Drive My Car

 こんばんは。

 

f:id:mata1:20220228161916j:plain

 日本映画の「Drive My Car」がアカデミー賞にノミネートされましたね。

 

 来月に結果は発表になるのですが、それに合わせて現在アメリカでは、既に公開が終わっていた物も含めて、ノミネート作品が色々と劇場公開されました。

 最初はLAダウンタウンやサンタモニカ等、限られた映画館でのみ公開されていた「Drive my Car」も一気に上映映画館が増えてきました。

 日本の映画が観られる機会は限られています。

 勿論観に行ってきました。

 

 大手チェーン店(というのかな?)の映画館です。

f:id:mata1:20220228161910j:plain

 この映画館に来るのはかなり久しぶり。

 5~6年ぶり?

 いや、もっとか?

 

 もう人数制限も多分無くなって、通常モードで営業されていると思いますが、まだ人の入りは元に戻っていないようでした。

f:id:mata1:20220228161921j:plain

 通路にも程んど人が居ないですね。

 

 映画館に入った時、私の前に居た人は日本人でした。

 やはり見に来るのは日本人が多いだろうな と思っていたのですが、まぁ日本人が多めでしたけど、アメリカ人も結構見られました。

 どっぷり映画にはまっている人は、アカデミー賞発表までに、ノミネート作品は全部見ておこう という人も多いでしょうしね。

 

 さて、映画です。

 日本ではもうとっくに公開は終わっているでしょうし、ご覧になった方も多いでしょうから、感想は簡潔に。

 私としては、控えめに言って、とても良かったです。
 派手な展開やアクションが無く、物語が淡々と進み、ときどきサクッと入ってくる言葉がある。

 そういう映画はいいですね。

 車が重要なアイテムとして扱われているのも また良し。

 日本の風景がスクリーンで観られたのも、じんわりとします。

 作品賞にノミネート というのがとても納得な映画でした。

 オープニングへの導入も素晴らしかったです。

 私はそこで おーこれはいいわ とかなり心を持っていかれました。

 

 あとね、劇中に手話を使う女性が出てくるのですが、この方がびっくり綺麗。

 なんというか、登場した時点では他の脇役の方たちと同じ様に思えたのですが、演技に入った途端に、まぁ美しい。

 ここ何年かに観た映画で、といってもどこまで遡るかわかりませんが、一番綺麗 というか、美しいと思った女優さんでした。

 

 まぁ、それは置いといて。

 

 始まってすぐ、あ これは良さそう と予感がして、その予感どおり 観終わった後に いい映画だったな と思える作品でした。

 ちょっと心配していた 英語吹き替えだったらどうしよう問題も、ちゃんと日本語+英語字幕で満足。

 

 

 アカデミー賞には 作品賞、監督賞、脚色賞、国際長編映画賞の4部門にノミネートされているそうです。

 以前に国際長編映画賞にノミネートされた映画が作品賞も受賞した時には、外国映画として受賞してるんだから、作品賞はアメリカの映画が取っても良かったんじゃないかな と思ったのですが、「Drive my Car」は作品賞を取ってほしいなぁ と思うのはだいぶ勝手ですね。

 

 とはいえ、私は「Nightmare Alley」を一推し という立場は変わってないのですけど。

 

 アカデミー賞の授賞式は3月27日です。

 ノミネートされているということは、会場に濱口竜介監督や西島秀俊さんも来られるという事ですよね、多分。

 昨年はコロナの影響で人数が制限され、会場も確かユニオン・ステーションだったような気がします。

 なんかあんまり盛り上がらなかったんですよ。(私的には)

 今年はドルビー・シアターでの開催になるそうですね。

 基本テレビは観ないのですが、毎年アカデミー賞はとても楽しみで、始まるまでに用事は全部済ませてテレビの前に待機してます。

 どんな作品が選ばれるのか、今年も楽しみです!