模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

ジャカランダを見に行ったら水鳥ヒナの大移動に遭遇。

 こんばんは。

 

 先日、近所の公園にジャカランダを見に行った話をしました。 

mata1.hatenablog.com

 

 その時、他にも面白い出来事があったのです。

 この公園には池があり、結構な数の水鳥が住んでいます。

f:id:mata1:20210628075729j:plain

 人馴れしているので、公園中至る所で危機感もなく生活しています。*1

 池の外周に植わっているこの木。

f:id:mata1:20210628075745j:plain

 根っこが凄い事になってました。

f:id:mata1:20210628075733j:plain

 これは根っこじゃないのかな。

 枝と同じくらい広がってました。

 

 外周を歩いていても、水鳥が彼方此方でのんびり生活してるようです。

 水溜りで水飲んでました

f:id:mata1:20210628075829j:plain

 近づいても飲むのをやめません。

 平和だのぅ と思ってこちらものんびり見ていたその時!

 背後に怪しい気配を感じました。

 数々の修羅場をくぐってきた私の背後を取ろうなどと、あまいわっ!

 と振り向くと、、、

 

 すでに囲まれてました(笑。

f:id:mata1:20210628075841j:plain

 実はカメラの画角が広くないので2匹しか写ってまっせんが、あと3-4匹のリスが周りからジワジワと近づいてきています。

 リスと言えども野生動物に周りを囲まれて、ジワジワと距離を詰められるのはちょっと怖い。

 

 

 リスの攻撃をかわし、そのまま歩いていくと。

 ガチョウ(?と思う)の子供が群れで歩いているところに遭遇しました。

f:id:mata1:20210628080010j:plain

 ホワホワでかわいい。

 

 そのまま歩いていくと、ちょっとした斜面で丘のようになっているところがあり、それを超えたら、、、

f:id:mata1:20210628080018j:plain

 

 その向こうは窪地になっていて、そこが水鳥達の子育て場所になっているようでした。

f:id:mata1:20210628080109j:plain

 沢山!

 うわ~~ と思って見ていたら、一羽のガチョウが先導してその後ろを子供たちがゾロゾロとついていきます。

f:id:mata1:20210628080116j:plain

 まさか、ハーメルンの笛吹???

 

 そして誰もいなくなった、、、

 

 

 しばらく散歩した後の帰り道、また鳥の一家と遭遇。

f:id:mata1:20210628080141j:plain

f:id:mata1:20210628080146j:plain

 すると、一羽がピョコピョコと近づいてきます。

f:id:mata1:20210628080149j:plain

 どうも私は鳥に興味を持たれるらしい。

 

 いや、近いって。

f:id:mata1:20210628080152j:plain

 別に鳴き声を上げるわけでもないので、威嚇してきているようにも見えず、そのまま少し(こちらから一方的に)会話していたら、子供らを促して池の方に向かうことにしたようでした。

f:id:mata1:20210628080159j:plain

 私も一緒に先導されました(笑。

f:id:mata1:20210628080202j:plain

 

 お?

 よその家族の子供?

 一羽色違いの子が混ざってました。

f:id:mata1:20210628080206j:plain

 もうちょっと大きくなったら色が変わっていくのでしょうか?

 

 

 池に戻ってきた時、丁度フレーメンの笛吹御一行とまた遭遇。

 グワァグワァとみんな喋りながらの行列だったので、なかなか賑やかで周りの人もみんな見てました。

 

 その様子、ちょっとだけ動画に撮りました。

www.youtube.com

 

 

 子育ての時期も限られた期間なので、丁度良いタイミングで楽しい光景が見られました。

 

 

*1:そのおかげ(?)で園内は兎に角水鳥のフンだらけで、ずっと下を見て足の踏み場を探しながら歩かないといけないくらいです。