模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

オレンジ家の裏庭便り

 こんばんは。

 

 突然ですが、Baba Ghanoushってご存知?

 音はババ・ガヌッシュみたいな感じです。

 地中海料理では定番の付け合せアイテムで、ナスを皮ごと、ちょっと焦げるくらいまで焼いてから皮を剥いて、タヒーナ(ゴマペースト?)、オリーブオイル、ニンニクやらレモンなどと一緒にすり潰したペースト状の食べ物です。

 こんなの。

f:id:mata1:20210506173049j:plain

 パック詰めされたものを買ってきて写しただけなので、美味しそうに見えないかもしれないけど、実際はとっても美味しいです。

 焦げるまで焼いたナスが香ばしい。

 ディップとして使っても良いし、肉料理に合わせても良いし、色々と使えます。

 見つけたら試してみてください。

 

 

 さてさて。

 前回の裏庭だより時にはイチゴはまだ小さくて味も良くなかったのですが、毎日ポコポコ採れる様になってきました。

f:id:mata1:20210506173104j:plain

f:id:mata1:20210507155006j:plain

 ちょっとだけサイズもアップして、味も上がって来ました。

 昨年のオフシーズンに全く世話をしていなかったので、株の数が昨年よりもかなり減ってしまってます。

 いざ実が付き始めると、もっと沢山出来ないかなぁ と都合の良い事を考えてしまいます。

 今年はちゃんとランナーの処理をして、来年は大量収穫を狙うとします。

 

 藤が咲きました!!

f:id:mata1:20210506012755j:plain

 今年は花芽が沢山出てきたなぁ、こんなに沢山付いてしまって大丈夫か?と心配していましたが、どんどん咲いて来てます。

 

f:id:mata1:20210507154725j:plain

 自分の腰くらいの高さしか無いので、フワッと横に広がりながら沢山花をぶら下げているのを見下ろすことが出来ます。

 足元には株分けした枝も順調に大きくなってきているので、それをバックアップとして、そろそろ親株(?)を地植えしてみようかと思っています。

 

 また今年も名もなき花(自分が知らないだけでちゃんと名前はあると思う)が咲き始めました。

f:id:mata1:20210506173108j:plain

f:id:mata1:20210506173109j:plain

 いつもなら青い花も居るのですが、今年はまだ見かけないです。

 もともと芝生が生えているのですが、所謂世間で言うところの雑草で花を咲かせるものに少しずつ入れ替えています。

 まぁ、入れ替えるというよりも、特定の雑草が生えてきても抜かないで残しておいて増えて行くのをそのままにしてるだけなのですが。

 春になると花も咲き、世話をしなくても枯れずに緑で埋め尽くしてくれるので、私としては庭に植えるには最強の植物だと思います。

 上の2つの花は小指の爪よりも小さい、とても可愛い花です。

 これにそのうち青い小さいのも加わってきます。

 早く庭一面雑草で覆われないかな。

 

 

 先日、性懲りもなく庭に穴を掘りました。

mata1.hatenablog.com

 

 そこに植えるべくオンラインで木を買ったのですが、発送後数日で届く と書いてあったのに、いつまで経っても届きません。

 結局2週間弱経った夜に届きました。*1

 f:id:mata1:20210506012958j:plain

 えらい細長い箱で届きました。

 

 翌日。

 開けてみる。

 

 おぅ?

f:id:mata1:20210506173032j:plain

 

おぅおぅ??

f:id:mata1:20210506173036j:plain

  枝垂れ桜~~~。

 

 またえらく折りたたまれて梱包されていたものです。

f:id:mata1:20210506013010j:plain

 根っこは藁で包まれた上からラップで包まれた状態で箱詰めされて発送されて来ました。

 一体どういう状況下で2週間弱保管されていたのでしょう。

 倉庫の中で放置されていたとしたら、相当暑い中に居たのでしょうし、果たしてまだちゃんと活きているのかどうか、、、。

 とにかく早く植えたほうが良さそうです。

 

 植えました。 *2

f:id:mata1:20210506234654j:plain

 一旦掘り起こして土をよく混ぜて戻しておいたので、再び穴を掘るのは簡単ですぐに植え終わりました。

 かなり弱っているようなので、ちゃんと根付いてくれるとよいのですが、、、。

 一定の期間内に枯れてしまった場合は返金してくれるのですが、できれば枯れてほしくないですからね。

 カリフォルニアは、この種の枝垂れ桜の生長に向いているかどうか、気候的にギリギリのところにあります。

 条件はとても厳しいのですが、なんとか生き残って欲しい。

 

 来年の春、花を付けてくれることを祈る!!!

 

 

*1:コロナの影響で、郵便事情も安定していないのです

*2:この手の根っこ剥き出しで送られてくる木は、植える前に数時間、水に漬けてから植えると良いようです。ちゃんと手順が書いた小冊子が同封されていました。