模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

今年の走り初めはカタナから。

 こんばんは。

 

 1日ずれる為、どうも新年の挨拶というのはタイミングを計るのが難しいです。

 おまけに、アメリカでは正月を祝うという概念も日本とちょっと違いますから、祝日の1月1日のみお休みで、今日(2日)から普通に仕事です。

 

 休みの最後 1月1日。

 今年の走り初めは、カタナ散歩でした。

 初日の出を見に行く時間だと、エンジン音が響くので押して出て行かないといけない為、それはパスして。(単純に起きられなかった、、、わけではない)

 日が昇ってから散歩に出かけました。

f:id:mata1:20180102182657j:plain

 公園も、だーれもいません。

 きもちいい。

 次の日から仕事なので、年末休みでボケた頭を切り替える為、仕事場に立ち寄って段取りの確認。

 それからまた散歩の続き。

 その途中で、ちょっと面白い場所を発見しました。

 いつも少し遠くに見ていた鉄塔。

 その足元が駐車場になっていて、すぐ傍まで行けるようになっていました。

f:id:mata1:20180102182710j:plain

 普通 鉄塔というと、トラス構造バリバリで、機能美と造形美の塊みたいになっていますが、この鉄塔は、電柱の巨大版みたいな感じで、すっきりシンプル。

 カタナと鉄塔 どちらも収める為、だいぶ手前に停めて撮ったので、大きさが分かりにくいかもしれませんが、、、

 そこそこでっかいんですよ?

 近くに寄せた、カタナと比べてみてください。

f:id:mata1:20180103170721j:plain

 ね?

 しかも!

 鉄塔側面には梯子?がてっぺんまでずーーーーっと続いていました。

 登る人、すごいな。

 

 昨日はスーパームーンだったので、初月の出を見ようとお気に入りの場所で待機していたのですが、、、

 曇り空で月の出を見る事が出来ませんでした。

 ガッカリ。

 1/1にスーパームーンが重なるなんて滅多にないと思ったので、初日の出を見に行かずに初月の出に合わせたのに、、、(決して朝起きられなかったから見に行かなかったわけではない)

 その代わり?

 月を見ている背中側。

 太陽が沈む辺りは、こちらでは珍しく雲が多い夕焼けを見ることが出来ました。

f:id:mata1:20180102182754j:plain

 ぉおお と思うくらい綺麗だったので、ちゃんとカメラで撮りました。

 ちょっぴり怖い夕焼けですね。

 夕焼けは他にお気に入りの場所があるのですが、ここも かなりお気に入り。

 

 結局、その後もクッキリと月を見る事は出来ませんでした。

 日本では見事な月が出たらしいですね。

 羨ましい、、、

 

 元日も終わり、既に通常運行の生活が始まっています。

 昨年の最後に上げた模型大会の記事、まだ途中なのですが、次回は帰国時の出来事をアップするつもりです。

 こんな感じで話題がアッチコッチ飛びまくりますが、今年もよろしくお願いいたします。