模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

Star Wars Ep.Ⅷ The Last Jedi ~少しの間、スタッフロールを見てから席を立ちましょう。

 こんばんは。

 

 公開されましたね、SW Ep.Ⅷ。

f:id:mata1:20171218124846j:plain

 もう見に行かれましたか?

 

 もうすぐ帰国するので、それの準備やら、心が落ち着かないやら で、映画館に行くのは日本から帰ってきてからにしようかな? と ちょっと思ったのです。

 しかし、公開してすぐの方が大きなスクリーンの部屋で見られるし、なによりもSWは公開してすぐ、一番混雑している時に見に行った方が、お祭り感が味わえるので、やっぱり行く事にしました。

 案の定。

 本編前の予告編が終わった時点で、既に拍手が起こり始め、ダァーン といつものホーンセクションの一発に、StarWarsの黄色い文字がスクリーン一杯になると、「Yahhhhh!!!」と言う図太い声援に、女性陣の高い声援も加わり、拍手喝さいです。

 

 最後にルークが登場して終わったEp.Ⅶから、もう2年経ったんですね。

 はぁ、早いなぁ。

 昨年のスピンオフもね、勿論良かったのですよ。

 でもね。

 やっぱりね。

 本線はね、格が違うというか、、、

 いや、多分色々と言う人は言うんでしょうけど、そういうのは もうどうでもいい って思えるくらい、良いですね。

 

 ん? って引っかかる事も無いわけじゃないし。

 うーん、って思う展開もあったりするはするけど。

 それを補って尚余りあり過ぎるほど、色んな事が響きました。

 

 ほんと、色々良かったんですけど、なんか、あのミレニアム・ファルコンという宇宙船、あれはホントに凄い役者ですね。

 セリフも無いのだけど、あの存在感。

 あれが登場するだけで、なんかもう勝った気がするあの信頼感。

 Piece of Junkなんて言われながら、もう全身にまとっているオーラが凄いというか。

 ファルコンが絡むと、それだけで涙腺が緩みます。

 うーん、やばいな。

 やっぱり避けては通れない。

 

 と言うわけで、皆さん 見に行きましょ?

 

 

 

 いつもなら、本編が終わってスタッフロールが始まると、混雑する前にすぐに席を立って出口に向かわれる方。

 出来れば、少し我慢してスタッフロールを暫く見ていてください。

 そして、想いを馳せましょう。

 

 本当に、ちょっとしたことなのですけど

 緩んだ涙腺は決壊するかもです。