読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

Spring Art and Craft Fairs

 こんばんは。

 

 地元でアート&クラフト・フェアというのが開催されたので、ちょっと覗いてきました。

f:id:mata1:20160403032240j:plain

 

 地元にはCraftsman's Guildという団体があるらしく、そこが主催して毎年開催されるイベントです。

 ギルドと聞くと、コブラを思い出して なんとなく悪者グループの様に思ってしまうのは間違った先入観ですね。(ギルド=団体や組合なので、勿論それ自体に悪い意味は全くありません)

 地元の市役所の敷地内にある公民館?文化会館?のような場所が会場です。

 たまたま駐車したのが裏手だったので、裏から入った感じになってしまい、開場したばかりだった事もあり、まだお客さんは余り来ていないようでした。(上の写真です)

  でも結果的に私が一番楽しめたブースは、この野外セクションにありました。

 ダンナが陶芸家で、奥様はガラス細工をする というご夫婦のブースで、ダンナは前でロクロを回してデモンストレーションをしていました。

f:id:mata1:20160403033752j:plain

 やっぱりこういう実演と言うのは人を集めます。

 あっという間に作品をドンドン作っていました。

 

 全体を通して多かったのが、ニット等の手芸系のブースでした。

f:id:mata1:20160403033759j:plain

f:id:mata1:20160403033803j:plain

 あるブースでは、奥で織り機、というのかな?

 あの鶴が使っていたような器具の小さい版で、縦に糸がズラッと並んでいるところに、横に糸を通して、手前にレバーをタンタンッってやるやつ。(なんのこっちゃ)

 それを使って実際に何かを織っていたのですが、それはそれはゆっくりとした手際で、ご本人も「凄くゆっくりなの~」と話していました。

 あのペースだと1作品上げるのにどれくらいかかるんだろう、、、と余計な心配をしてしまいました。(←人のことは言えない)

 裏口から室内に入ると、入り口に近い方は結構な賑わいです。

f:id:mata1:20160403033814j:plain

 

f:id:mata1:20160403033819j:plain

入り口のホールも合わせると、3部屋使っての展示で、ブースの数も思ったよりも多かったです。

f:id:mata1:20160403033826j:plain

 メッシュのゴミ箱をひっくり返して、ピアス等のアクセサリーをぶら下げて展示する方法、良いアイディアだ と思ったので撮っておきました。

 

 他には、ローソク、石鹸、ジュエリー、ネコグッズ、グリーティング・カード(意外に多くの人が売っていました)等々色々な作品が展示販売されていました。

 

 以前、ビーチ沿いでのアートフェアに行ったときも思ったのですが、こういう場所だと人が集まるブースと、素通りされるブースの差がハッキリ出ますね。

 展示方法、実際の作品の良さ、ブースの人の雰囲気、色々と要因があるのでしょうが、なんとなく背景のパネルとかもビシッとセットアップされて、綺麗なケースがズラッと並んでいる、いかにも業者っぽい感じのとこよりも、手作り感満載と言うブースの方が商品が動いていた様な気がします。

 単価も違うのでしょうが、なんとなく親しみが沸いて立ち止まりやすい というのもあるのかもしれません。

 実際、私も立ち止まったブースというのは、手作り系のところが多かったです。

 

 まぁ、尤も私は自分の工作に生かせるアイディアを探し回っているので、殆ど売り上げには貢献しないのですが、、、。

 

 地元で開催されたクラフト・フェアの紹介でした。