模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

滋賀県長浜市観光 午後の部 黒壁スクエア探訪

 こんばんは。

 

 長浜市観光 午後の部です。

 

 今回の帰国中に訪れた長浜市。

 イベントを2つ計画していたので、午前中早めに長浜に入れるように出発しました。

 

 私が住む湖南地区から、名神高速道路を北上して彦根で下道に入り、暫く湖岸を北上していくと長浜市に入りました。

 車を停めたところから、先ずは長浜駅を目指します。

 観光客が多く訪れているからか、長浜駅はとても立派でした。

f:id:mata1:20160104174712j:plain

 JR長浜駅にあった看板なのですが、物凄く綺麗です。

 青好きにはたまらんです。

 

 そして、駅を超えて、更に5分ほど歩いて黒壁スクエアに向います。

 

 途中にあった食堂が、なんとも言えない良い雰囲気でした。

f:id:mata1:20160106171325j:plain

 少し早かったので、まだ開いていなかったのですが、ちょっと入ってみたかったです。

 

 すぐに、なんとなく城下町っぽい雰囲気の商店街が出てきました。

 

f:id:mata1:20160106171354j:plain

f:id:mata1:20160106171420j:plain

 

 そして、こちらが黒壁スクエアの中心にあり、この一角の看板的な存在の 黒壁ガラス館です。

f:id:mata1:20160106171439j:plain

 海洋堂ミュージアムを見終わってから、中に入ってみたのですが、ガラス工芸中心の商品がズラッと並べられていて、少々値が張るものから、手ごろな小さなガラス細工も売ってました。

 かなりの人で混雑していたので、迂闊に動いてガラス製品を引っ掛けて落とさないか、すごく気になってしまいました。

 

 このガラス館を通り過ぎるとすぐにアーケードが出てきて、そこに先の記事にあった海洋堂ミュージアムがあり、大興奮の午前中を終えました。

  

 海洋堂フィギュアミュージアムから出て、その後の予定もあったので、少し早めでしたがランチを取る事にしました。

 食事が出来るお店は沢山あるのですが、大分人も増えてきてボチボチどこも混み始めています。

 どこにする? と二人で話していた時に目の前にあった「96Cafe」というお店を見ると、まだ待たなくても席に座れそうだったので、そこでランチすることにしました。

 入ってから気が付いたのですが、そのカフェは黒壁スクエアの事を事前に調べたときに、これは食べたい! と思った甘味があるお店だったので、ちょうど良かったです。

 選んだのは、ランチスペシャルみたいなセットで、ハンバーグセット(豚だったと思う)です。

f:id:mata1:20160110180537j:plain

 おいしくいただきました。

 付け合わせのグリルした野菜がとてもおいしかったです。

 あと、ヨーグルトが特別なものだったのか、アメリカで食べているものと味が全然違って、酸味もきつかったのですが、すごく美味しかったです。

 量は少々私には多めでしたが、ちゃんと食べきれる量というのが良かったです。*1

 

 で、気になった甘味も続けてオーダーです。(別腹発動です)

 

 それが、こちら。

f:id:mata1:20160110180554j:plain

 黒壁にちなんで、真っ黒ソフトクリーム。

 

 黒い色は、竹の炭を練りこんでいるそうです。

 見た目に特徴があるだけじゃなく、すごく美味しかったです。

 バニラというよりチョコレート系です。(色を見たらバニラとは思わないですよね)

 クッキーにLotusの文字があるのにも、異様にテンションが上がりました。*2

 値段は観光地プライスでしたけど、、、

 

 ここのソフトクリームを楽しんでいたときに、何気なくこのカフェの看板を眺めながら、ぼやーっと名前の事を考えていました。

 96Cafeかぁ、、、ん? 96カフェ? くろかふぇ? ここは黒壁、、、

 ダジャレかい!!

  本当は一瞬で気が付かないといけなかったのに、、、

 日本を離れて、こういう感覚が鈍くなったか、、、とちょっと落ち込みます。

 

 ここのカフェにはデッキがあって、外にも席がありました。

f:id:mata1:20160110181340j:plain

 冬の長浜はかなり寒くなるので、各席の背もたれにブランケットがかかっていました。

 こういった心遣いは、なかなかアメリカでは見られないので、ちょっと感動しました。

 

 次の予定までの間、黒壁スクエアを散策です。

 

  ガラス工芸が盛んな土地柄、常夜灯のフィクスチャーに嵌められたガラスも、切子細工の様で、とても綺麗です。 

f:id:mata1:20160110181650j:plain

 形もまたいい感じです。

 

 ウロウロしていると、ちょっとした路地の奥にもお店があるようだったので、入ってみる事にしました。

f:id:mata1:20160110181702j:plain

 

 奥にあったお店は、表通りにあるお店とはちょっと雰囲気が違って、ギャラリーになっていました。。

 展示されていたガラス製品は、ガラス工芸作家が作った手作りの一点物が多く、各作家毎にスペースが設けられていて、一つ一つがとても美しいです。

 

 ここで、とてもいい具合の ぐい飲み を見つけたので、ロスでお留守番をしている相方にお土産として買って帰る事にしました。

 

f:id:mata1:20160112183020j:plain

(撮影は帰ってきてから自宅で行いました)

 

 このAMISUというお店は、物凄い緻密な細工がしてある作品があったり、綺麗な器があったり、置いてある物のクオリティが凄かったです。

 

  うーん。

 いきなり最初に海洋堂で大分満足してしまったのと、この次に控えているイベントに気持ちが行っていて、街の写真を余り撮っていなかったようです。

 観光地のレポートとしては、あまり参考にならないですねぇ。。。

 他にも興味深いお店が沢山あって、オリジナル文房具屋さんとか、ガラス以外の民芸品もあったように思います。

 午前、午後、どちらも予定を立てていたので、多くのお店を見て回るには全然時間が足りません。

 何度でも来たくなるような街でした。

 

 この後は、大きな目的第2弾になるのですが、まだまだ長くなりそうなので一端終わります。

 2回で終わらせるつもりだったのですが、午後の部 其の二 に続きます。

 

*1:こちらでは外食をすると、一人では食べきれない量が出てくるのが普通なのです。

*2:私は昔からLotus(自動車メーカー)が大好きなのです。どれくらい昔からだったか、今回の帰国で明らかに!!

それはまた後日。