模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

16年ぶりに映画の前売り券を買いました

 こんばんは。

 

 滅多な事では映画の前売りなんて買うことは無いのですが、今回ばかりは買ってしまいました。

f:id:mata1:20151119181254j:plain

 実に16年ぶりの事です。

 

 こちらの映画事情をちょっと。

 

 基本的に前売り券を買わない と書きましたが、何故あまり買わないかと言うと、前売りの方が高いからです。

 

 前売りの方が高い というのは、ちょっと語弊がありますね。

 私が映画館に行く時は、大体が日曜日の朝一の上映を見に行きます。

 これは、館内が空いている とか、その後も日曜の半日が残っているので予定を立てやすい とかいう事の他に、値段が安いから という大きな理由があります。

 

 こちらの映画館は、大体何処でも時間によって値段が違って、夜の上映が定価($13前後)で、明るい時間帯は週末でも値下げされています($8前後)。

 

 前売りは定価販売なので、私にとっては 前売りの方が高い となってしまう訳です。

 

 普通なら、当日映画館に出向いた時にチケットを買えばよいのですが、さすがにスター・ウォーズ(SW)の初日はSoldOutになっている可能性が高い上*1、夜の上映で値段も同じなので、先にチケットを買っちゃいました。

 映画館のチケット売り場で購入したのですが、その時に売り場のお姉さんが「出来れば3時間前には来てね」と言ってきました。

 「へ?3時間前に来て並ぶの?」

 「多分それくらいに来たほうがいいと思う。遅くても2時間前には来ないと良い席では見られないですよ」 

 チャイニーズ・シアター(ん?今はそう言わない?)とかならともかく、こんなローカルの映画館でそんなに並ぶって、これは相当な盛り上がりなんでしょう。

 

 何時もは、公開して時間が経って、そろそろ終わっちゃうなー と言う時に、ガラガラの映画館で映画を見るのですが、今回のSWは席の位置がどうとか、そんな事よりも、SWファンに囲まれて見る あの雰囲気を楽しみたいのです。

 

 私がこちらに移住してきて、初めて「うわー、アメリカって良いなぁ」と感動したのは、初めて映画に行った時でした。

 映画が始まる前に、予告編の時間がありますが、その時に、SW旧3部作のデジタルリマスター版を劇場公開する という予告が流れました。

 エピソーソド(Ep.).4,5,6のダイジェスト映像が流れる予告編が終わった時、なんと会場は拍手喝采で、立ち上がって拍手している人も大勢いました。

 ただの予告編なのに。

 20年前の日本だと、一部のファンを除いてSWの話題なんて全く出ない様な時代だったので、こちらのSWファンの多さに驚くやら、感動するやら。

 その時に見た映画よりも、その予告編に感動した覚えがあります。

 

 でもって、16年前に買った映画の前売りは、同じSWのEp.1でした。

 どえらい混雑の初日に見に来る人なんて、一日も早く見たい! というファンが殆どを占めます。

 最初のLucasfilm Ltdが映し出されたときには、拍手喝采、歓声は上がるわ、口笛はなるわ、もう大変な騒ぎでした。

 上映中、初めてR2-D2の名前が出たときも拍手が沸き起こったり、みんなで大盛り上がりで楽しみました。

 ゆっくり映画を見る という楽しみとはまた違う、劇場の一体感が心地よかったです。

 初日はお祭りに参加する と言う目的で、ゆっくりじっくり鑑賞は、公開して暫く経ってから再度劇場に行けばよいかな と言う感じです。

 

 さて、最近はスターウォーズの新作公開に向けて、それまでに過去の6作を見ておこう と順番に見ていってます。

 この順番なのですが、ご存知の方は多いと思いますが、SWは最初に公開された映画がEp.4と第4話からのスタートになり、それから順に5話、6話と公開され、ここで一旦終了となっていました。(これが旧3部作)

 その後かなり開いて、1話から順に現在3話まで公開されています。

 私もそうなのですが、昔からSWを見ている人は6作を通しで見る時は、公開順の4,5,6,1,2,3と言う順で見る人が多いかな と思うのですが、もうすぐ公開されるのはEp.7になるので、今回初めてEp.1から順番に見ています。

 何時もならEp.3が最後になるのですが、この話はとても暗く悲しい話なので、見終わった後 あーEp.4見たいなぁ と言う気持ちになります。

 それが今回は3の次に順番で4を見たわけですが、なんだかとても新鮮でした。

 映像の質や、特撮技術等比べると、3の方がはるかに新しい映画なのですが、3の後に見る4は全くそういった「旧さ」を感じさせなかったです。

 そして、改めてEp.4の面白さと凄さを堪能できました。

 やっぱり面白いです。

 3の後に見た4のエンディングはもう感動でウルっと来るくらいでした。

 

 只今Ep.5まで来ているので、何も特別な予定が出来なければこの週末にEp.6を見ると思うのですが、6のエンディングは本当に大団円、すばらしいエンディングなので、今から盛り上がっています。

 新作公開まで、あと一ヶ月弱、本当に楽しみです。

 

 あれ?

 ちらっと映画館の事を書くだけにしようと思ったのに、ダラダラとえらい長文になってしまいました。

 お付き合い下さってありがとうございます。

 

 それにしても、こっちの前売り券は文字が印刷されているだけで、味も素っ気も無いです。

 劇場ではグッズも売ってないし。

 その分散財しなくて済む とはいうものの、日本の映画館が懐かしいです。

 

 

 

*1:映画館の席の数しかチケットは売られないので、立ち見は無く、売り切れる事があります。今は日本も同じなのかな?