読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

メーターの取り付け (トップブリッジの加工) 

 こんばんは。

 

 日曜日から冬時間に変わったので、夕方5時ごろになると暗くなってしまい、どうにも感覚が狂ってしまいます。

 

f:id:mata1:20151104174437j:plain

 

 

 この週末は、土日どちらもイベントがありました。

 一つは車関連のイベントだったので写真を整理したらアップしようと思っていますが、これでアップしていない車のイベントが3つになってしまいます。

 この時期はイベントが多過ぎて、書くのが全く追いつきません。

 が、やはりイベントに出かけたり、作業をしたりする事の方に時間を使いたいので、ボチボチ時間が出来た時にアップしていきます。

 

 そんな中、少し スズキ 1/1 GS1000SZカタナ制作の方が進みました。

 メーターの取り付けです。

 

 現在、私のカタナにはGSX-Rのフロント一式を移植しているところです。

 カタナは個性的なデザインのバイクですが、メーターも中々個性的なので、メーター周りは元々付いていた物を使うつもりです。

 

 GSX-Rのトップブリッジには、カタナ純正のメーターを取り付けるのに、とても都合の良いネジ穴が開いていました。

 そこを使えば其のままネジ止めできそうだったのですが、一箇所メーター基部のプレートに当たる所があったので、そこを削って逃げを作りました。

f:id:mata1:20151104173924j:plain

 

 メーターを仮留めして、邪魔な部分をケガいて 様子を見ながらドレメルで削っていきました。

f:id:mata1:20151104174612j:plain

f:id:mata1:20151104174622j:plain

 

 これで、無事にGSXRのトップブリッジにカタナ純正メーターが取り付けられました。

f:id:mata1:20151104174938j:plain

 

 まだカウルを付けて、何処にも干渉しないか のチェックをしていないので、それの結果によっては多少移動させるかもしれません。

 

 取り付けてから思ったのですが、このメーターの取り付け位置、わざわざトップブリッジを削って逃げを作らなくても、カラーか何かを使い 下にオフセットさせても良かったかも知れません。

 そうすれば、メーターケーブルの遊びを少しでも増やせたかな?

 1cmの余裕でも全然違うので、全てのパーツを付けた後で、もしかしたら調整するかもしれません。

 

 今日は此処までです。

 

 また続きは後日、、、