模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

Islandでバーガー・ランチ

こんばんは。

 

 先の週末は、ちょっとした用事が色々と詰め込まれていたので、あっちに行ったり、こっちに行ったり。

 

 朝からずっと車で移動しながら、用事を一つずつこなしていくと、気が付けばもうお昼の時間もとっくに過ぎています。

 

 丁度その時に居たモールの中にIslandというチェーン展開しているハンバーガー屋があったので、そこでお昼にしました。

 

 此処は、ハンバーガー屋さんなのですが、レストラン形態になっていて、ちゃんと席に案内される様な所です。

 

 オーダーを取る時も、パンの種類や、パティの焼き方を聞かれたりします。(私はいつも焼いてもらうものは、肉でも卵でも何でもウェルダンです)

 

 店内はこんな感じです。

f:id:mata1:20150730172749j:plain

f:id:mata1:20150730173444j:plain

 名前がIslandというだけあって、南の島の雰囲気です。

 

 出てくるバーガーはこんな感じ。

f:id:mata1:20150731154822j:plain

 

 お値段はバーガーとしては少々高めですが(写真のもので$10をチョイ切るくらい)、量は多く、食べ切るのは結構大変です。

 

 美味しく頂きました。

 満足満足。

 

 次の日は、朝から近所で月に一度開催されているアンティーク・フリーマーケットにプラプラ出かけて、帰って来てからは家の用事とご近所に用事の手伝いを頼まれたり、常にバタバタとした週末でした。

 

 そんな状態でも、ちょっとした工作が進みました。

 

 家の玄関の、、、何と言うんだろう。

 名称が分からないのですが、玄関ドアと床の隙間を塞ぐやつ を綺麗にしました。

 

 こちらの住宅のドアは、兎に角隙間が多いです。

 玄関のドアと床の間なんて5mmとか普通に開いています。

 なので、虫も入りたい放題です。

 秋になると、夜は家の中の何処からか、コオロギの声が聞こえてきます。

 その隙間を埋めるやつを、もうちょっとドアとの間を詰めるように付け直そう と新しく買ってきて付け替えようと思ったのですが、丁度良い高さの物が無く、今度は背が高すぎてドアが閉まらなくなってしまいました。

 

 仕方ないので、その隙間を埋めるやつの下に敷いてあった、木製の土台を床から引っぺがして、カンナをかけて高さを調整。

 ついでに古い表面を全部一層カンナで剥がし、綺麗にしてから何時もの様に ステインとクリアコートで仕上げました。

f:id:mata1:20150730173659j:plain

  元の写真を撮っていないので比べられませんが、かなり綺麗になりました。

 

  果たして、土台をつけて、買ってきた名前の分からない奴を装着してみたら、ピッタリに仕上がりました。

 これでそこそこの大きさの虫なら侵入を防げるようになったと思います。

 

 此方の家は木製が多いと言う事は先日書いたと思いますが、玄関の枠も全部木製で、下の写真の矢印の白い部分は、数週間前に木のクラック等を埋めて補修してから再塗装しました。

f:id:mata1:20150731154911j:plain

 しかも、土足の文化なので、玄関を跨げば直ぐに床が始まります。

 どうしてもそこは板の表面が剥げ剥げになってしまい、小汚くなっているので いつかここも表面を一層剥がして綺麗にしたいものです。

 タイルか何かにした方が手入れもしやすいかもしれません。

 

 が、その前に。

 玄関ドア(勿論これも木製です)を綺麗にしたいと思っています。

 作業中は玄関を外したままになるので、何時やるか? のタイミングを計るのが一番難しいのかも知れませんが、このドアもかなり古い物の様な気がするので、新しく付け替えるのではなく、出来れば同じ物を使い続けたいものです。