読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

カタナのフロント周り 進行状況

GSX1000S 刀

 こんばんは。

 

 何も更新しないと忘れてしまいそうなので、カタナの近況です。

 フロント周りのパーツを綺麗にする為の下準備 という地味な作業を地道に進めています。

 

 ホイールはペーパーがけが大体終わってきたので、もうちょっとで塗装を始められそうです。

 そろそろタイヤも注文しないと。

 また玄関前に放り投げられるのかな(笑。

 

 それと平行して、フロントフォークも綺麗にしよう と、三つ又から外そうと思ったのですが、どうしても外れないネジがありました。

 フェンダーのステー兼スタビライザーをフォークに止めている4つのネジの内、2つがおっそろしく硬くて全く緩みそうもありません。

f:id:mata1:20150415161422j:plain

 しかも、内一個は前のオーナーがトライして諦めたっぽく、半分なめられかけています。

 ある程度トルクをかけてみると、もうこれ以上力かけるとグニュっと行く感覚が伝わってきます。

 えーい ままよ、と回してみると案の定 いやな感覚が手に伝わってきます。

 完全になめました。

 もう一方は、頭はシッカリしているものの、全く緩みそうもありません。

 真っ直ぐにレンチを挿して、ぐぐぐぐぐっと力を加えていくと、キンッ!!という金属音を出して、、、レンチが折れました。(泣

 しょうがないのでその日は作業を中断して、前周りのアッセンをひっくり返し、緩まないネジの裏側から浸透性の緩ませ剤をタップリ注ぎ込み、そのまま放置していました。

 

 数日毎に緩ませ剤(何という名称?)を注入して、ずっと放置した後、最後の手段に出ます。

f:id:mata1:20150415161429j:plain

 取り出したのはタガネとハンマー。

 これでネジの頭の一箇所に切り欠きを作り、そこにタガネをあてて叩いてみます。

 余り思いっきり叩くと、今度はアルミの鋳物の方にダメージを与えてしまうので、注意深く衝撃を与えると。。。

 なんとか緩みました。

f:id:mata1:20150415161451j:plain

 

 やっとこさフォークを取り外し、先ずは掃除。

f:id:mata1:20150415161506j:plain

 真っ黒に見えているのは、ステッカーの成れの果てのようです。

 その辺を全部はがして、綺麗にします。

f:id:mata1:20150415161513j:plain

 汚れは落ちたのですが、クリアーはもうハゲハゲなので、このままでは腐食が進行しそうです。

 やっぱりペイントしないとダメです。

 ただ、アンチ・ノーズダイブのデバイスが付いているのですが、出来ればこれは外したいと思い、この型のGSXR用のブロック・プレートを色々と探してみたのですが、取り扱っているショップが見つかりません。

 他の車種様に同じ様なパーツを販売しているショップを見つけたので、GSXR用を持っているかどうか問い合わせてみます。

 あれば良いのですが、無かったらどうしよう。

 まさかの自作?

 それとも、とりあえず表面処理と塗装の時だけ、アルミ板で蓋を作って作業をするか、、、

 ちょっと考えます。

 

 というところで停まっております。

 

 ガレージの奥に立てかけたフォーク。 

f:id:mata1:20150415161527j:plain

 暗い所だとそこそこ綺麗に見えるんだけどなぁ。。。