模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

Halcyon 1/1 エイリアン・クイーン・チェストバスター制作 2

 こんばんは。

 

 先日の話ですが、Alienの新作についての発表があったようですね。

 なんだかんだでシリーズ6作目になりますが、ずっとAlien好きなので それはもう嬉しいニュースでした。

 しかも!監督するのは個人的に注目している若手監督のNeill Bromkamp。

 彼が撮る映画はハリウッド・メジャーとはちょっと雰囲気が違うので、どんなAlienが上がってくるのか凄く楽しみです。

 そういえば彼の新作のChappieが公開されたばかりですね。

 そんなに長い期間上映していないかも知れないので、早めに見に行かないと。

 AlienはAliensの後の話になるようですね、今のところ。

 

 あと、私は滅多にゲームをしないのですが、最近 Alien IsolationというPS3のゲームをやっています。

 残念ながら日本語版は出ていないのですが、もしAlienシリーズ(特に1作目)が好きなのなら、これはもう絶対にお奨めです!

 ゲームをしない私にはかなり難易度が高いゲームなのですが(数日間全然前に進めないステージもありました)、それでも本当に映画の世界に入った様な感覚は十分(過ぎるくらい)味わえます。

 むちゃくちゃ怖いです。

 元々PS3はBlu-ray用なので、映画を見るシステムに繋いでいます。

 ゲームの音響効果がもの凄く、それはもう物音がする度に一々ビビリます。(音で隣の部屋にエイリアンが居るのが分かったり、遠くで悲鳴や咆哮が聞こえたり、、、)

 日本語版が夏に出るらしいのですが、私の知る限りPS4用として出るみたいです。

 なんとかPS3でも日本語化してもらえないかなぁ。

 まだ終わっていないので、果たしてどんな結末になるのかは分からないのですが、既にもう一度日本語でやってみたいと思っています。

 

 家にはチェストバスターも居るし、最近エイリアンにまみれてます。

 

 前置きが長くなってしまいましたが、チェストバスターの続きです。

 かなり昔に車のウレタンバンパー用のプライマーをスプレーした状態で止まっていたチェストバスターは本格的に制作(塗装)に入ります。

 

 バンパー・プライマーの上からプラモデル用のサーフェイサーをスプレーして、表面処理をしようとしたのですが、どういうわけかサーフェイサーが何時まで経っても乾燥(硬化)しません。

 下地のプライマーとの相性が悪かったのか、何なのか、原因は分からずじまいですが、結局いくら待っても硬化にムラが出来てしまいました。

 仕方ないので、そのままペーパーをかけて未硬化箇所を削り取り、下地まで見えているところはペーパーで面を荒らして機械的に塗料が食いつくことを期待してそのまま次の工程に入りました。

 やっぱりちゃんと模型用のプライマーを使わないと駄目みたいです。

 今ならMr.プライマーとかも手に入るので、次はちゃんとした物を使います。

 

 さて、塗装に入ります。

 最初に塗装したのは、頭部のドーム状の所です。

 このドーム部分はエイリアンの特徴の一つでもあって、透明の フードで覆われています。(例外もいます)

 製作中のキットはソフトビニール製(昔、ウルトラ怪獣とかの人形でよく使われていた柔らかい材料)で、頭部も同じ材質の一体で形成されていて透明フードは再現されていません。

 レジン等で透明に置き換えるのはかなり大変なので今回はパスしますが、普通に塗装するだけでは面白くなさそうです。

 どうせなら と思い、他の所と極端に雰囲気を変えて そこは何か別の器官なのね? と思えるように演出することにしました。

 試しに使ってみたのは、屋外で使う椅子等の金属家具や門等に使う錆止めもしてくれるテクスチャー・ペイントです。

f:id:mata1:20150309163407j:plain

 メタリック・カラーのスプレーで、金属粒子が沈殿するような感じで仕上がり、見た目の色的にもメラメラした感じに上がってきます。

 乾いてくると波打って来るので、これまたワラワラした感じになります。

 勿論こんなスプレーを模型に使うのは初めての事なので、果たしてそれが全体と上手くなじむのかどうかは全く予想できません。

 

 特殊なスプレーなので、そんなに色の種類はありません。

 その中から、まだ一番馴染みそうだな と思ったゴールドを選びました。

 

 

 

 

 

(画像はクリックで大きくなります)

 

 ご覧のとおり、今は頭だけメラメラのワラワラです。

 果たしてどういう仕上がりになるのか、本人はハラハラです。

 

 次はここから全体の塗りに入っていきます。