読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

ジャブローに散る 45 (まさかのポーズ修正)

ジャブローに散る 模型

 こんばんは。

 

 予定では 洗って落ちる汚れ を加えて完成に向かうはずだったのですが、件のシーンを何度も見返しているうちに、どうしても気になって直したい場所が出て来てしまいました。

 少し前に気が付いていた点だったのですが、既に塗装も終わっているので、このまま行こうかな とも思ったいました、、、が、やっぱり気になるのでチョッと修正します。

 

 修正箇所はズゴックの左腕、引いている側です。

 私が作ったのは左腕を胴体に近づけたい事ばかりに目が行ってしまい、上腕が肩から前に伸びて下腕を胴体に密着させています。

 それよりも、肘をもっと後ろに引いた方が迫力が出ると思うので、上腕にプラパイプを切って直径を調整したものを接着してポーズを修正しました。

f:id:mata1:20141006045556j:plain

 肘を引くことで脇に出来る空洞を埋めて、肘の外側も延長して更に角度を付けられるようにしました。

 

 塗装して角度を変えて再接着。

f:id:mata1:20141006045719j:plain

 単体で見るとかなり強引に肘を曲げていますが、本体に取り付けるとそこに集中しないと分からないと思います、、、多分。(ジオラマに設置したら見る角度も限られるので、あまり見えない、、、、と良いな)

 

 胴体に付けてみるとこんな感じ。

f:id:mata1:20141006050007j:plain

 

 ちなみに、改修前はこんなでした。

f:id:mata1:20141006050151j:plain

 

 もしかしたら大した差では無いかもしれませんが、気になるところが一つ減ったので精神衛生上非常に有意義な作業だったと思います。

 

 さて、次こそはウエザリングを出来るかな。