読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

ジャブローに散る 43 (ベース枠の仕上げ)

ジャブローに散る 模型 木工

 こんばんは。

 

 ベースの枠を仕上げました。

 

 このジオラマ・ベースには木工で枠というか、台を作ってあるのですが、それにステインをしてクリアでコートして仕上げます。

 

 以前に木工仕上げは記事にしたことがあるので、ザザッと一気に行きます。

 

 ペーパーで表面を仕上げて、ステインを入れる前の下処理液を塗ります。

 

f:id:mata1:20140922164133j:plain

 白木の状態にオイルの様なものを入れた感じです。

 下準備が終わったらステインを入れるのですが、今回はこんな色を選びました。

f:id:mata1:20140922164234j:plain

 あまり赤に振られていない茶色でです。

 先ず一度目のステインを入れて、数時間放置して落ち着かせます。

f:id:mata1:20140922164335j:plain

 この時点で色が気に入ればこのまま一晩寝かしてからクリアコートに入りますが、もうちょっと濃くしたかったので2度目のステインを入れました。

 

f:id:mata1:20140922164441j:plain

 違いが分かるように、なるべく同じ様に写真を撮ったのですが、日光の具合が変わってしまいました。

 一度目よりもかなり茶色が強く入っています。

 これくらいの色で良いな と思ったので、ステインはこれで終わりにして一晩寝かします。

 

 次の日にクリア・コートをかけて終了です。

f:id:mata1:20140922165108j:plain

 今回はSatin Finishと言うセミ・グロスよりも少し艶が消えたくらいのクリアを選びました。

 余り光が反射しないので、ジオラマの邪魔をしないかと思います。

 

 ベースの枠はこれで仕上がりです。

 

 次はまた洞窟に戻ります。