読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

ジャブローに散る 42 (洞窟の塗装)

 こんばんは。

 

 ジャブローに散る のジオラマ制作は、ジオラマ・ベースである洞窟の塗装まで来ました。

 

 練習用のベースに塗装した感じを参考にして、そこから色合いを調整しながらジオラマベースを塗装していきます。

 

 練習用と同じ段取りで、最初に薄めたフラット・ブラックで全体を塗装して、石膏の白を消します。

 

f:id:mata1:20140922120520j:plain

  奥はより黒く、手前の方は少し明るめで塗りました。

 

 その次に、フラット・アース、レッド・ブラウン、ニュートラル・グレイ等を順番に薄めて塗り重ねていきます。

 

f:id:mata1:20140922161208j:plain

  今回は最終的には練習用よりも黒っぽい仕上がりになるように、様子を見ながら塗り重ねていきました。

 

 こんなもんでいいかなぁ と、ちょっと意見を聞こうと思い人に写真を見てもらったところ、塗り分けが荒くてスケール感が出ていない とダメ出しを貰い、更に筆を重ねました。

 基本的に同じ方法で進めたのですが、今度は使う筆をかなり細い筆に換えて塗り重ねていきました。

 筆が細くなった分、塗り分けも細かくなって精密感が出れば大きな洞窟に見えるかな と思った次第です。

 しかし、実際の洞窟の写真を見てみると、そんなに細かい色の変化と言うのは見て取れません。

 その雰囲気を出そうと思い、筆で細かく塗り分けたあとでエアブラシを使って全体に黒やグレーを薄く被せて塗り分けのメリハリを均しました。

 天井や奥は黒っぽく、手前や舞台の中心はややグレーっぽく塗り分けを潰してあり、ちょっと引いてみればそこまで細かい色の塗り分けはぼやけて見えないですが、かぶりついてみれば塗り分けが見えるようにしてみました。

 

f:id:mata1:20140922162415j:plain

f:id:mata1:20140922162420j:plain

f:id:mata1:20140922162421j:plain

 後ろがうるさく見難いですが、こんな感じになりました。

 ほんとうは、ちゃんと背景に何か置いて撮り直すつもりだったのですが、塗装が終わったらそのままの勢いで次の段取りに入ってしまって写真が撮れなくなってしまいました。

 

 ベースの塗装はこんなもんで、次はベースの枠の仕上げです。