読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

紫陽花の色変え

 こんばんは。

 

 凡そ5-6年ほど前に、いつも立ち寄るグロッサリー・ストアの店頭で紫陽花が売られていました。

凄く綺麗な青色で(私は青好きです)、小さな鉢に こじんまりと花が咲いて良いサイズだったので買って帰りました。

その年の花が終わってからも、水を絶やさずに少し大きめの鉢に植え替えたりしていたら、その翌年も花を咲かせてくれました。

毎年花を咲かせて楽しませてくれているのですが、徐々に花の色が青色に少し赤を混ぜた様な色になって来て、最初のような綺麗な「青」ではなくなってきていました。

なんとか元のような綺麗な青い花が咲いてくれたらなぁ と思っていた数年前、紫陽花は土の状態で色を変えるらしい と言う情報を仕入れてきました。

で、青色にしたいのなら灰をまいてやればよい という事だったので、丁度そろそろ始まるシーズンに向けて花を咲かせる準備を始める冬の終わりごろ、暖炉の掃除をしたついでに、紫陽花の鉢に灰を目一杯投入してやりました。

私は加減と言うものを知らないので、鉢に灰がてんこ盛り状態でした。

 

 果たしてどんな綺麗な花を咲かせてくれるのかと思ったそのシーズン、例年の様に見事な花を咲かせてくれたのですが、、、

えらいことになってしまいました。

 

f:id:mata1:20140619171354j:plain

これは今咲いている紫陽花なのですが、元が青色だったとは思えないくらい赤紫色です。(というより、むしろピンクに近い?)

 

 1年前に灰を投入したすぐのシーズンは、もっと赤色で、今年はもうちょっと青く戻るかと思ったのですが、上の写真の様な色に揚がってきました。

 

 結果から言うと、紫陽花は土が酸性だと青くなり、アルカリ性だと赤くなるそうで、灰を入れると土はアルカリ性に変わり赤い花が付く と言うことだったようです。

全く逆のことをしてしまったみたいです。

 

しかし、まぁ 物凄い効果です。

 

 とても立派に咲いてくれているので、これはこれで見ていて楽しめますが、やっぱり私は青い花の方が好きです、、、

このままほっといても青く戻ってくれなさそうなので、紫陽花の花を青くする方法をネットで検索して見たところ、日本では「紫陽花を青くする水」と言うものが売っているようで、その水を紫陽花にやっていれば青い花が付くそうです。

 

うーん、日本はほんとに何でも手に入る国です。

 

そんな凄いものはこちらでは売っているはずも無く、もっと民間療法的な方法を探していたので、こちらの情報を探さないと意味が無い と思い、英語で検索してみると、丁度良い私向けの情報を見つけることが出来ました。

 

コーヒーのガラをあげると、紫陽花の花は青色に傾くそうです。

これなら簡単に手に入りますし、一年を通じてあげることが出来ます。

 

という訳で、今シーズンが終わって剪定をしたら、コーヒーを時々あげてみることにします。

 

さぁ、来シーズンの我が家の紫陽花はどんな色の花を付けてくれるでしょうか。

 

一年後の結果が楽しみです。