模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

Which Wich?

f:id:mata1:20131111164321j:plain

 

こんばんは。

 

Which wich? と言うファストフードに行ってきたのですが、ちょっと個性的で面白かったです。

f:id:mata1:20131111164422j:plain

 

チェーン展開しているサンドイッチ屋さんで、オーダーの仕方がちょっと珍しい方法でした。

上の写真の左側に番号が書いてあるポケットに茶封筒の様な物が入っているテーブルが見えると思うのですが、お店の外にあって、それがオーダーリストになっていました。

f:id:mata1:20131111164617j:plain

封筒入れのてっぺんについているのがメニューになっていて、大まかに10種類のサンドイッチにカテゴライズされています。

その大まかな一つを選んで、その番号の封筒を取るとそこに細かいオーダーを記入するようになっています。(記入する為のマジックも置いてあります)

 

パンはどんな種類にするか、大きさ(長さ)は?、焼くかそのままか、ドレッシングは?野菜は?等々、かなり細かく指示を出せるようになっています。

私のオーダーはこんな感じでした。

f:id:mata1:20131111165050j:plain

 

オーダーを書いて封筒の一番下に名前を書くようになっていました。

 

その封筒をキャッシャーに渡して、あとドリンク等追加があれば一緒に会計を済ませます。

f:id:mata1:20131111165159j:plain

 

そうすると、その封筒をクリップに挟んで厨房に渡してあるワイヤーに引っ掛けて横にシャーっと滑らせます。

厨房の人はその封筒を見ながら、どんどんサンドイッチを作って、出来たら封筒に書いてある名前を呼んでくれます。

出来たサンドイッチはラップされて、その封筒に入れられてカウンターに並べられるのですが、その際に記入した名前がこちら側に見えるようになっていました。

 

キャッシャーで会計しているときに横を見ると封筒が沢山ぶら下がっているのが見えるのですが、その中に 裏に絵の描いてある封筒があるのを見つけました。

ふーん、遊び心のある人がいるもんだなぁ と思っていたのですが、会計を済ませて席について自分の名前を呼ばれるのを待っているときに、絵を描く意味が分かりました。

自分の席から見ると厨房が見えるのですが、、、

f:id:mata1:20131112121146j:plain

 

封筒の裏に絵を書いておいたら、封筒が段々右(スタート)から左(ゴール)に行くときにどれが自分の封筒かわかり、あとどれ位で自分の名前が呼ばれるのかが客席からわかるんですね。

 

はは~ と思っていたら、どうやら封筒に絵を描く人は凄く多いようで、裏口に続く狭い廊下の壁に面白い封筒が沢山張られていました。

f:id:mata1:20131111165908j:plain

 

 

f:id:mata1:20131111170241j:plain

 

 かなり手の込んだ物もありますね。

 

名前を呼ばれて取りに行ったのですが、手にとってちょっとびっくり。

ずっしりと重かったです。

f:id:mata1:20131111170347j:plain

凄いボリュームです。

 

サンドイッチなら比較的軽めで良いだろう と思ったのですが、もうお腹一杯で、大変でした。

でも凄く美味しかったです。

 

この日はイベントに出かけていて、そこでのランチだったので、このお店は近所にあるかどうか帰宅してから調べてみたら、5-10分位のところに一軒あったようです。

なかなか気に入ったので、また機会があれば行ってみると思います。