読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

ジャブローに散る 11 (バンダイ 1/144 ズゴック制作 頭部の工作)

こんばんは。

 

 バンダイ 1/144 ズゴックの制作は、モノアイの固定に入りました。

前回作ってほったらかしておいたモノアイのユニットをエポキシパテで遮光の意味も兼ねてパイプの後ろ側から囲ってしまいます。

そのパテで、一緒にモノアイ固定用のネジ穴を開けたプラ板も巻き込んで固定しました。

f:id:mata1:20130729111202j:plain

 

次に、ミサイル(魚雷?)を作ったときに使った物と同じプラパイプに一度ネジを締めこんでクセ(ねじ山)をつけてから頭部の裏側に接着して、モノアイのユニットをネジ止めできるようにします。

f:id:mata1:20130801162651j:plain

f:id:mata1:20130801162704j:plain

 

 

ここまで書いて一つ忘れていたことがあるのを思い出しました。

話がちょっと前後してしまいますが、魚雷を作る前にモノアイシールドを仮に作ってありました。

シールドは頭部の裏側から細く切った紙をあてがって、鉛筆で下書きをして切り抜いたり、角度が間違っていたら一度切ってテープで貼り付けたりして型紙を作りました。

f:id:mata1:20130801163056j:plain

f:id:mata1:20130801163100j:plain

 

その型紙を、私はアニメのセル画用のセル(薄くて透明なものなら何でも良いと思います)に写し取って切り抜いておきました。

とりあえずの実験で作ったのでもしかしたらまた後で作り直すかもしれないです。

ズゴックの頭部は結構ややこしい曲面で出来ているので、上手く合わせるのは難しかったです。

 

さて、せっかくモノアイをセットしたので一度胴体を組み立てて 点灯させて見ました。

f:id:mata1:20130804112324j:plain

 

うんうん、なかなか悪そうでいい感じ。

 

と一人で満足していたのですが、この後厄介なことに気がついてしまい、また工作が一つ増えるのでした。。。