読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

河合商会 箱庭シリーズ 水車小屋 其の八 完成

こんばんは。

 

河合商会 箱庭シリーズ DX水車小屋の最後の作業 種蒔きです。

 

種蒔きの下準備として、最初に種マットを切り出します。

 

マットをベースの上に敷いてマーカーで大体の外形を書いていきます。

f:id:mata1:20130531165625j:plain

 

 

外形に沿って切り取り、あぜ道で区切られている3箇所全て同じようにマットを切り出して敷いていきます。

f:id:mata1:20130531165722j:plain

 

 

マットを敷き終わったらケースに水を注いで、マットの上に種を蒔きます。

f:id:mata1:20130531165951j:plain

もうちょっと派手に蒔いた方が良かったかもしれません。

 

5日くらいで芽が出てきますが、時々霧吹きやスプレーボトルで種が乾燥しないようにしてあげましょう。

f:id:mata1:20130531170155j:plain

 

私の場合は種蒔きの後、4日後に発芽してきました。

f:id:mata1:20130531170249j:plain

芽が出てきているの、わかりますか??

どれくらい前に袋詰めされたか分からないような種だったので、正直ちゃんと発芽するか心配でしたが、無事に芽が出てきて、かなり気持ちも盛り上がって来ました。

 

そのまま水位に注意して、スプレーも欠かさず世話をしてあげると。。。

f:id:mata1:20130601170810j:plain

 

 物凄い勢いで伸びてきました。

あっという間にそれっぽい雰囲気までに生長しました。

やっぱりもうちょっと密に生えているほうが良かったかな?

 

向かって左側に窓がある場所に置いていたので、ちょっと左に傾いて伸びてしまいました。

風が右から吹いている事にしましょう。

 

スイッチを入れればちゃんとポンプからくみ上げられた水が樋を伝って水車を回します。

f:id:mata1:20130603105430j:plain

水車が回ると、ちゃんと連動して杵も上下に動いて仕事をしてくれます。

部屋にもちゃんと明かりが灯っています。

 

水車小屋はこれで完成です。

今になって改めて見ると、もうちょっと手を入れたほうが良かったかな と言う箇所も色々ありますが、このキットはなるべく説明書に沿って、あまり外れたことはしないでキットを素組で完成させた感じに仕上げました。

 

全体を見るとこんな感じです。

f:id:mata1:20130603105856j:plain

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。