読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模型じかけのオレンジ

模型制作記を中心に、趣味の工作関連、車、オートバイ、その他色々についてロサンゼルスの生活事情と合わせて綴っています。

彫刻的アプローチ リューターを使って怪獣の皮膚を回復 (ビリケン商会 エレキング制作 2)

ビリケン商会 エレキング 模型

 こんばんは。

 

 前回、仮組まで終わったエレキング制作の続きです。

 

 このエレキングはソフトビニール製のキットなので、仮組は接合部をドライヤー等で温めて、グリグリ押し込んでいけばすぐに形になります。

 この手のソフビキットの完成品を見ていると、大きく分けて2通り、接合部分をそのままにしておいて、多少は手足を動かせるようにして完成させるパターンと、接合部を接着した後、継ぎ目を消して完成させるパターンがあるようです。

 私は後者、継ぎ目は消して完成させようと思っています。

 という事で、接合部分は接着してポーズを固定、継ぎ目はパテ等で埋めてしまいます。

 このキットは、他のモデラーの方が途中まで制作を進めていたものなのですが、首の部分は既に接着されていて、パテ盛りまで終わった状態でした。

 そこで、この部分は既に盛り固まっているパテを彫り込んで、周りの体表となじませる方法で回復させます。

 ここで注意する事が一つ。

 ソフトビニールという材質は、軟質性なので、削ったり、ペーパーをかけたり という作業はプラスティックやレジン等の材料と比べると、非常にやりにくいです。

 私はこの素材に慣れていないので、下手に手を付けると余計に面倒なことになりそうです。

 なので、パテを追加したところ以外は、出来るだけ触らないようにして表面のガラ(?)を回復したいです。

 そこで、今回は削って表面を作る作業にリューターを使いました。

 最初に、継ぎ目の表面を回復する際にパテが盛り足りないところもあったので、ポリパテを追加盛りします。

 それが固まったら、リューターでゴリゴリ削ります。

 表面のガラ?模様?しわ?等をリューターで形を作ると同時に角も落とし丸みを付け、着ぐるみの雰囲気を壊さないように注意しながら外形を取ります。

 これは大きめのカーバイト系の先端工具(ビット)でペーパーがけが要らない程度の表面を出しながら形を作っていきます。

f:id:mata1:20170304180501j:plain

(こんなの)

 といっても、車のボディの様に鏡面仕上げにするわけでは無く、怪獣の体表なので、そこまで神経質に仕上げてはいません。

 先にも書きましたが、キットの元のソフビの部分には極力触らないように、そのソフビの表面に似せた表面処理をするように気を付けます。

 

 外形がとれたら、周りとなじませるように細かい凹凸を付けていきます。

 ここで、ちょっと裏技を紹介します。(って、みんな普通に使っている技法かな?)

 良いリューターの条件の一つとして、センターがちゃんと出ていて、ビットを回転させてもブレが無い という事があると思いますが、まったく逆の事をします。

 先端が丸いビット(今回使ったのは直径1.4mmくらいです)をエイッと曲げてしまいます。

f:id:mata1:20170302184136j:plain

 これ、超硬のカーバイトとかだと、曲がらずに折れるかもしれないので、安い工具の方が良いと思います。(使い古しで十分です)

 このビットを使い、低回転でブンブン回しながら、表面を撫ぜてやると、押しつけ具合を変えることによって、ボツボツを彫り込むことが出来ます。

 回転数と押し付け方、あと曲げ具合でもボツボツの彫り具合が変わってくるので、それは色々と試してみて下さい。

 簡単にボツボツできるので、全面を均等にボツボツにするとおかしくなってしまいますから、余りにも均等に彫れてしまったら、外形を取るときに使った大きめのビットで部分的に均したりして、出来るだけランダムに、規則正しくならないように気を付けます。

 こういう作業をする時にはフットスイッチがあると格段に作業効率が上がります。

 出来ればボリュームペダル(ミシンのペダルみたいの)付きだと、リアルタイムで回転数を微妙に調整しながら彫ることが出来るので、均一な表面じゃなく、表現の幅がかなり広がります。

 少々値段は上がるのですが、リューターを購入する時は、多少買う時期が遅れることになっても、フットスイッチ付きの物を購入した方が使い道は全然広がります。

 というよりも、出来ることが変わってくる くらいの差があります。

 

 薄黄色の部分がポリパテを足して彫刻した部分です。

f:id:mata1:20170302184211j:plain

 良くわかりませんね(笑。

 その部分を拡大したら、、、

f:id:mata1:20170302184222j:plain

 やっぱりよくわかりませんね(笑。

 他の角度にしても、、、

f:id:mata1:20170302184231j:plain

 それを拡大しても、、、

f:id:mata1:20170305174713j:plain

 たいして変わりませんか。

 グレーの部分はタミヤの普通のパテなので、また削れ具合が違いますが、黄色い部分と同じ感じで仕上げていけば、塗装してしまえば「ここ、継ぎ目消したんだよ」とわざわざ言わなければ見過ごしてくれるくらいには出来ていると思います。

 と、偉そうな事を言っていますが、怪獣モデリングは初めてなので、自分の持ちネタの中から使えそうな技法で工作をしているだけですから、怪獣の達人はもっと上手くいく別の方法で回復しているのかもしれません。

 達人がコツコツと手で彫り込んだ方が、もっとわからないように出来るとは思いますが、慣れていない人が彫刻刀でコリコリ彫っていく方法だとかなり大変だと思います。

 邪道と言われるかもしれませんが、リューターを使えば、このくらいのレベルなら、パテが固まった状態から10~15分くらいあれば、ぐるっと一周を塗装前段階まで行けますから、それはそれで他の作業に時間を回せるので悪くないと思います。

 色が違うと分かり難いので、黄色で全体を下塗りした状態の写真です。

f:id:mata1:20170305175118j:plain

 多分、わざわざ言わなければ目立たない、、、んじゃないかなぁ、、、

 まぁ、知ってたらわかっちゃいますね。

 

 今回はすでにパテが盛られている状態から引き継いでの作業だったので、彫刻的アプローチで回復させましたが、やはりこういった生き物の様な、柔らかさを表見する場合は、塑造的アプローチの方が相性が良いと思います。

 

 次回はそのもう一つの方法を使って隙間埋めをします。

 

 

Cars & Coffee Feb. 2017

イベント

 こんばんは。

 

 1月は雨で、開催されていないだろう と思って行かなかったので、今回が今年になって初めてのCars & Coffeeです。

 

 チョット久しぶりだったので楽しみにしていたのですが、またもや前日は雨が降っていて、朝には上がってはいましたが、地面は濡れている状態。

 果たして、みんな集まっているのかなぁ と思いながら、会場に向かいました。

f:id:mata1:20170228183725j:plain

 居ました居ました、ちゃんと開催されています。

 ちょっと台数は少なめですが、2か月続けて集まれないのはみんな嫌だったのかも。

 

 入ってすぐのところに、こちらでは かなり珍しい車がいきなり停まってました。 

f:id:mata1:20170228183842j:plain

 アルファのジュニアZ

f:id:mata1:20170228183847j:plain

 むちゃくちゃ綺麗、新車みたいでした。

 

  今回はアメ車が多かったです。

 古いアメ車は、私には名前もわからないものが殆なので、説明は何もないですが写真 アップします。

f:id:mata1:20170228184030j:plain

 

 f:id:mata1:20170228184033j:plain

 

f:id:mata1:20170228184053j:plain

 

 

 なんていう車なのか分からないのですが、隣に集まっている人達が凄く仲良さそうで、なんかカッコよかった。

f:id:mata1:20170228184105j:plain

 

 私にわかるのは、この辺の年代からですね。f:id:mata1:20170228184058j:plain

 

f:id:mata1:20170228184145j:plain

f:id:mata1:20170228184149j:plain

 

 

f:id:mata1:20170228184122j:plain

f:id:mata1:20170228184128j:plain

f:id:mata1:20170228184207j:plain

 

 

 ボルボのP1800(たぶん)は、今でも走っているのを見かけますが、こんなに綺麗なのは滅多に見ないです。

f:id:mata1:20170228184218j:plain

f:id:mata1:20170228184232j:plain

f:id:mata1:20170228184237j:plain

 こちらに来た当時は、ちょくちょく見たのですが、最近はたまーにしか見かけなくなってしまいました。

 

  新旧Mustang

f:id:mata1:20170228184252j:plain

f:id:mata1:20170228184257j:plain

 一時、なんかもっさりしてかっこよく無いなぁ と思う事もありましたが、最近のMustangは厳つくてカッコいいですね。

 でも、今のは厳つすぎて私には昔のタイプの方が良いです。

 最近はMustangの古いのも、どんどん値が上がってきているので、もうおいそれとは買えない車になってきてしまいました。

 

 今回の最後の車、これまた名前もわからないのですが、とにかくでっかくてビックリしました。

f:id:mata1:20170228184308j:plain

f:id:mata1:20170228184313j:plain

 よくこんなの運転するなぁ。

 私は車両感覚をつかむのが下手なので(←日本語おかしい?)、小さい車ばかり乗っています。

 こんなの、怖くてどこにも乗っていきたくないですねぇ。

 

 ちょっと台数は少なめでしたが、今年最初のCars & Coffeeでした。

 

 

今度は主役! Frank Gambale Soulmine feat.Boca ~ Live at Catalina Jazz Club

音楽

 こんばんは。

 

 昨年、Chick Corea Elektric Bandのライブに行った時の事を書きました。

mata1.hatenablog.com

 

 このライブで、私が一番楽しみにしていたのは、ギターを担当しているFrankGambaleでした。

 彼の演奏が良かったのは勿論のこと、神様クラスのミュージシャンが集っての宴、それはもう素晴らしいライブでした。

 そしてライブの後のGambale先生の神対応にも完全にやられてしまいました。(なぜ先生なのかはChickCoreaの時の記事を参照にしてください)

 ただ。

 一つだけ欲張りな事を言わせて頂くとするならば。

 とんでもないギター・プレイを魅せてくれた、FrankGambaleの演奏時間が短かった。

 曲の間でも、ギターパートがお休みの時間も結構あり、もっともっと彼の音を聴きたいなぁ と思っていました。

 

 そんなある日、いつも一緒にライブに行くKさんからお呼びがかかりました。

 「FrankGambale、カタリナで演りますよ!!行きませんか?」

 という事で行ってきました。

 

f:id:mata1:20170224181447j:plain

 今回は、彼のバンド「Soulemine」のライブだったので、Gambale先生が主役です。

 バンドの構成は リードギター、キーボード、リズムギター、ベース、ドラム、ヴォーカルの6人編成で、ジャンルはフュージョン系になります。

 Gambale先生以外は知らないミュージシャンばかりでしたが、ここカタリナで演奏するミュージシャンは腕利きばかりなので、楽しみです。

  

 

 メンバー登場でライブが始まります。

f:id:mata1:20170224181537j:plain

 前回見た時と違い、Gambale先生は水を得た魚の様です。

f:id:mata1:20170224182251j:plain

 バンドメンバーとして参加した時の彼は、ソロの時も「俺が、俺が」と前に出て来ることも無く、主役の引き立て役に徹していたのですが、今回はもう弾きまくってます。

f:id:mata1:20170225172823j:plain

 その様子を見て、自分がメインではない時の立場にあった調和のとり方を計算して立ち振る舞いが出来る人なんだなぁ とまた彼の人柄に惹かれてしまいました。

 メインなので当たり前ですが、ギターの音量も前回よりもかなり大きめで、思う存分彼の演奏を堪能することが出来ました。

 ボーカルのBoca姐さんは、CDで聴くより声の張りも声量もあり、期待よりも更に上乗せで良かったです。

 そして、今回 おー、いいなぁ と思ったのが、リズム隊の3人。

 ステージの真ん中はGambale先生とBoca姐さんが盛り上げて、リズム隊の3人は、リズムギターはちょっと前の方にいましたがステージの左端、ベースとドラムは左端の後ろの方で全然目立たない位置で演奏していました。

f:id:mata1:20170225172928j:plain

 が、この3人がえらくまとまって、お互いにアイコンタクトを取りながら、むちゃくちゃ楽しそうに演奏しています。

 一番好印象だったのがベース。

 派手なソロは余り無く、ベースラインに拘ったファンキーなベースを、それはもう楽しそうに、すんごい良い笑顔でノリノリで繰り出して来ます。

 ベースはリズムとコード進行を引っ張っていけるので、こんな風に楽曲を下から盛り上げてくれる方が私は好きです。

 ドラムも、これまた派手な事は一切せず、淡々とビートを刻む渋いドラマーでした。

 この所、主役を張れるような派手なドラマーばかり見ていたので、こういった きっちりと仕事しまっせ という感じのドラマーは久しぶり。

 そういった職人的な演奏がまた安心で心地よかったです。

 リズムギターは、相方がなにやら「平井堅にそっくりだ」なんてことを言いながら、一人ウケていたのですが、そんなに似てるのかな?(良く知らない)

f:id:mata1:20170225172959j:plain

 このリズム隊3人組、ライブの雰囲気をとても楽しくしてくれて、良いバンドだなぁ と思わせてくれました。

 

 このライブハウスは、いつもPAが良くて、音のバランスや音量がとても聴きやすいです。

 ところが、何故かこの日は担当が良くなかったのか、色々トラブルがありました。

 ボーカルのモニター用スピーカーが動いていなかったようで、途中何度かGambale先生がPAにそのことをクレームしていましたが、結局その不具合は解消されなかったようです。

 その中で歌い上げたBoca姐さん、凄いです。*1

 それだけでなく、レベルの調整が上手く出来ていなかったのか、時々ハウリングも起こる始末。

 それまでものすごく楽しそうにしていたベースが、ハウリングが起こった瞬間にものすごい怖い顔をしてPAの方を睨んでいるのを見て おー、プロだ!! 仕事には厳しい と感動。

 

 多少のトラブルはあったものの、ライブ自体はもう大盛り上がりで、凄く良かったです。

 特に終盤に入ってのGambale先生のギターソロはすごかった。

 もう、ほんとに「炸裂」という言葉がぴったり。

 ギターが吠えてました。

 そして、いつも言ってますが、楽しそうに演奏しているミュージシャンを見ると、私も本当に幸せな気持ちになれます。

 前回見たときからそんなに間を開けることなく、こんな良い環境で、チケットもそれほど高額でも無く(この日のチケットは$20でした)、ライブを堪能できる という事が、ものすごく恵まれてるなぁ としみじみ思いました。*2

 

f:id:mata1:20170225173222j:plain

 大満足でライブは終わり、バーの方でGambale先生とBoca姐さんが話していたので、SoulmineのCDを持って話しかけに行きました。(最近、すっかり味をしめた)

 今回もとても気さくに、ビックリするくらい丁寧に対応して頂き、そんなに長くは無かったですがお話しする時間も取ってくれて、ほんとにナイスな人です。

f:id:mata1:20170225173036j:plain

 Gambale先生とBoca姐さんからサインを頂きました。

 

 今回のライブはSoulemineとしてボーカル曲ばかりだったのですが、元々は彼はインストの曲が多いです。

 いい曲書くなぁ~ というのが沢山ありますが、今回おススメしたいアルバムはこちら。

f:id:mata1:20170225173126j:plain

 なんか、今まで私が聞いていたFrankGambaleのアルバムの雰囲気とはちょっと違って、なんだこれ? と思ったのですが、聴くうちに なにこれ、むちゃくちゃカッコいいやん!!! と変わりました。

 ロック色の強いフュージョンですが、とにかく演奏が凄い。

 ギター、ベース、ドラムのトリオですが、3人共ものすごいことになってます。

 私はFirst Lookという曲のイントロのベードラに痺れました。

 1曲目のKatahdinはかなりの変拍子で、むちゃくちゃカッコいいですよ、志月さん。(id:black-koshka

 こんなの生で見たら、ちびるんとちゃうやろか。

 曲も良いですし、おススメですが、あんまりこういうのを聴かない人もいるでしょうから、もし視聴できる機会があったら是非試してみてください。

 ハマったらヤバいです。

 

 これからしばらくは アメリカを離れるみたいなので、帰ってきたら今度はFrankGambaleとしてのライブをしてほしいです。

 

 

*1:ステージの上は周りの楽器やアンプからの音で自分の歌声が殆ど聞こえません。その為に自分の声を聴くために自分に向けてスピーカーを置いています。そのスピーカーが使えない状態で音程を安定させるのはかなり難しいです。もちろん、プロなら喉の使い方も熟知しているでしょうから大丈夫なのかもしれませんが、慣れないと音程がとんでもない事になります。

*2:今年は日本にも行くみたいですね